オペアンプ5532を使ったギターバッファ回路【エフェクタ製作#4】

オペアンプ5532を使ったギターバッファ回路【自作エフェクター】

この記事では、ギターやベースで使えるバッファ回路をオペアンプの5532で作る方法を紹介する。

バッファ回路とは、パッシブギターなどのハイインピーダンス楽器をローインピーダンス出力へと変換し、さまざまな音響機材へ入力できるようにする回路である。つまりこれは、アンバランス出力のダイレクトボックスとも言える。

また、オペアンプ5532は今でもさまざまな音響機材に使われており、高音質なのに低価格で手に入りやすいオペアンプである。

【本来の歪のトーンを蘇らせる】tc electronic アナログバッファー 【長いケーブルでの損失も抑える】BONAFIDE BUFFER
【本来の歪のトーンを蘇らせる】tc electronic アナログバッファー 【長いケーブルでの損失も抑える】BONAFIDE BUFFER
Amazon

オペアンプ5532を使ったギターバッファ回路図の解説

オペアンプ5532を使ったギターバッファ回路図
オペアンプ5532を使ったギターバッファ回路図

ここではオペアンプ5532を使ったギターバッファ回路図を紹介し、解説していく。

FET入力回路

5532は4558などのオペアンプとは違い、入力インピーダンスが数百キロΩ程度とかなり低い。そのため、ハイインピーダンス出力の楽器を5532で直接受けることができない。だから、前段にFETを入れインピーダンスを下げる必要がある。FETの入力前には1MΩの抵抗が2本入っているので並列合成となり、回路の入力インピーダンスは500kΩとなる。

オペアンプバッファ回路

FETの右側にあるオペアンプ回路は、増幅率1倍のボルテージフォロワとなっておりこれがいわゆるバッファ回路である。FETを挟んだ後はインピーダンスが十分下がっているため、5532でも問題なく信号を受けとる事ができる。

また、OUTへつなぐ機材の入力インピーダンスが1.8kΩと想定し、22μのカップリングコンデンサを設定した。カットオフ周波数の計算は4Hzである。

通常、オペアンプの出力インピーダンスは50〜100Ω程度まで下がる。

バイアス回路

最後に、図の下側にあるもう1つのオペアンプの役割を説明する。これは、安定したバイアス電圧を作り出すためのもの。抵抗のみで分圧するバイアス電源よりも多くの電流を取り出せるため、大きな信号が入力された時でもバイアス電位を安定させられる。

基板の制作


画像の拡大

今回はレジストペンを使ってエッチング作業で基板を作ってみた。

不思議なもので何度か書き直しているうちに、自然と合理的な配線になっていく。パズル感覚でやると結構楽しい。もちろんCADが使える人は自動配線で済ませても良い。

設計した回路は上からみた図なので、トレーシングペーパーに写して反転させる必要がある。電子部品を入れる穴の位置は、少しぐらいズレていても問題ない。

カット基板にレジストペンでベタ塗りしていく。エッチング液の節約のため銅を溶かす部分を最小限にしたいので、隙間をできるだけ狭くした。また、これによりシールド効果も期待できる。

サンハヤト カット基板 No.34
サンハヤト カット基板 No.34
Amazon
耐酸性レジストペン[細字]
耐酸性レジストペン[細字]
Amazon

エッチング液に銅基板を浸す
エッチング液に銅基板を浸す

エッチング液に浸す。少し温めたり、こまめに揺らしてあげると銅が早く溶けやすい。

サンハヤト エッチング液 200ml H-200A
サンハヤト エッチング液 200ml H-200A
Amazon


画像の拡大

銅が溶けたらレジストペンをアルコールで拭き取って、ピンバイスで穴あけ作業する。

基板に電子部品を半田付けして完成。


画像の拡大

プリント基板を自作することは、配線の設計や穴あけ作業の面ですこし手間かもしれない。しかし、電子部品の半田付けがとてもラクになるし、見た目もすっきりして気持ちが良いものだ。また、メンテナンスもしやすく、強度的にも安心して使えるメリットがある。

自作ギターバッファ回路で録音してみた

最後に、今回作った5532のギターバッファ回路を通してベース演奏を録音してみたのでよかったらご覧いただきたい。

録音方法は以下の通り。

BASS(STEINBERGER)
  ↓
5532 Unbalance DI
  ↓
ZOOM H5
  ↓
GarageBand(Big Stack)

以前に作った自作パッシブDIを通すよりも、5532のバッファ回路のみを通した方が音がパワフルな感じ。

パッシブDIの製作はこちらの記事を参考に

エフェクター製作にオススメの書籍

エフェクターの電子工作でオススメな書籍を紹介します。どちらの書籍も大塚明先生が書いたもので大変良書だと思います。残念ながら現在廃盤になってしまい品切れまたは高価格になっている可能性が高いですが、もし安く手に入るようなら買っておいて損はないです!

  • 専門的知識がない方でも、文章が読みやすくおもしろい
  • エレキギターとエフェクターの歴史に詳しくなれる
  • 疑問だった電子部品の役割がわかってスッキリする
サウンド・クリエーターのためのエフェクタ製作講座
サウンド・クリエーターのためのエフェクタ製作講座
Amazon
サウンド・クリエイターのための電気実用講座
サウンド・クリエイターのための電気実用講座
Amazon

こちらは別の方が書いた本ですが、写真や図が多く初心者の方でも安心して自作エフェクターが作れる内容となってます。実際に製作する時の、ちょっとした工夫もたくさん詰まっているので大変参考になりました。

ド素人のためのオリジナル・エフェクター製作【増補改訂版】 (シンコー・ミュージックMOOK)
ド素人のためのオリジナル・エフェクター製作【増補改訂版】 (シンコー・ミュージックMOOK)
Amazon
真空管ギターアンプの工作・原理・設計
真空管ギターアンプの工作・原理・設計
KindleAmazon

エフェクター製作にオススメな商品

エフェクター製作にオススメな商品をご紹介します。

まずはハンダゴテ。電子部品のハンダ付けは20Wくらいのものがやりやすいです。ワット数が高すぎると熱くなりすぎて電子部品を壊してしまう恐れがあるからです。ただし、フォーン端子などの金属にハンダする場合は30W以上ないとなかなか温まりませんので注意が必要です。▼こちらのハンダゴテは温度調節できるようになってますので、どちらの場合でも対応できそうですね。

Quimat はんだごてセット 精密 デジタル温度調節(90-480℃単位1℃)LED表示 スイッチ付 60W100V 電子工作DIY
Quimat はんだごてセット 精密 デジタル温度調節(90-480℃単位1℃)LED表示 スイッチ付 60W100V 電子工作DIY
Amazon

▼自作エフェクタには定番のアルミダイキャストのケースです。加工しやすく頑丈で安心です。色々なサイズが選べます。

エフェクターケース HAMMOND (ハモンド) 1590A タイプ エフェクター自作用 アルミケース 筐体 エンクロージャー 1個 90Ax1
エフェクターケース HAMMOND (ハモンド) 1590A タイプ エフェクター自作用 アルミケース 筐体 エンクロージャー 1個 90Ax1
Amazon

▼穴の数が決まっていれば、すでに穴あけされているものもオススメです。素人ではなかなか上手にできない塗装もされていて、完成した時の見栄えが良いです。カラーバリエーションも豊富にそろってます。

Bサイズ 3ノブ穴あけ加工済み 焼付塗装ケース各種
Bサイズ 3ノブ穴あけ加工済み 焼付塗装ケース各種
Amazon

▼ジャック端子はある程度しっかりしたものを買いましょう。安ものはすぐヘタります。

【Switchcraft】スイッチクラフト純正品 モノラルフォンジャック ギター/エフェクター用定番品
【Switchcraft】スイッチクラフト純正品 モノラルフォンジャック ギター/エフェクター用定番品
Amazon

▼フットスイッチは一番負荷がかかる部品です。少し高いですが、長く使いたいならしっかりしと頑丈なものを選びましょう。

CLIFF 3PDTフットスイッチ FC71077タイプ 3回路2接点9ピン 1個売り エフェクターパーツ VGS-FSW9BLx1p ブルー
CLIFF 3PDTフットスイッチ FC71077タイプ 3回路2接点9ピン 1個売り エフェクターパーツ VGS-FSW9BLx1p ブルー
Amazon

▼私は秋葉原のトモカ電気かオヤイデ電気でケーブルを買うことが多いですが、CANAREのケーブルを一番オススメします。耐久性も良く長持ちしますし値段的にもリーズナブルです。

CANARE シールドケーブル PROFESSIONAL CABLE
CANARE シールドケーブル PROFESSIONAL CABLE
Amazon
記事に関するご質問などがあれば、ぜひTwitterへお返事ください。