ラズパイをモニタ・キーボードなしで動かそう!初期設定の方法を解説

ラズパイをモニタ・キーボードなしで動かそう!初期設定の方法を解説

この記事では、Raspberry Piをモニタなし、マウスなし、キーボードなし、LANケーブルなしで動かすための初期設定のやり方を解説していく。

ここで行う作業の流れは次の3つ。

  1. Raspberry Pi OSのインストール
  2. SSHの設定
  3. WiFiパスワードの設定

なお、SDカードの書き込みおよびSSHでのリモート操作はMacからで行った。また、本記事ではRaspberry Pi zero WHを使用したが、他のラズパイでも同様のやり方で初期設定できるので参考に。

Raspberry Pi Zero W - ヘッダー ハンダ付け済み - ラズベリー・パイ ゼロ W ワイヤレス
Raspberry Pi Zero W - ヘッダー ハンダ付け済み - ラズベリー・パイ ゼロ W ワイヤレス

AmazonRakuten

❶ Raspberry Pi OSのインストール

Raspberry Pi OSイメージのダウンロード

まずはラズパイに入れるRaspberry Pi OSイメージを、こちらからダウンロードしておこう。以前はRaspbianと言う名前だったが、Raspberry Pi OSに名前が変わった。

今回はモニターを使わないので、CUIのみの軽量な Raspberry Pi OS Lite を選択する。

raspberry pi os lite download
raspberry pi os lite download

ダウンロードしたzipファイルを解凍すると2019-07-10-raspbian-buster-lite.imgのイメージファイルが展開されるので、これを適当な作業ディレクトリへ移動しておこう。

SDカードのパスを確認

OSを書き込むためのMicro SDカードを用意する。 ちなみに私は32GBのSDカードを選んだ。

Samsung EVO Plus 32GB microSDHC UHS-I U1 95MB/s Full HD Nintendo Switch動作確認済 MB-MC32GA/ECO 国内正規保証品
Samsung EVO Plus 32GB microSDHC UHS-I U1 95MB/s Full HD Nintendo Switch動作確認済 MB-MC32GA/ECO 国内正規保証品

Amazon

MacにSDカードをセットしたらターミナルを開き、$ diskutil listでSDカードの場所を確認する。$ diskutil listを実行すると、次のようにSSDやSDカードなどの情報が表示される。

/dev/disk0 (internal):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                         251.0 GB   disk0
   1:                        EFI EFI                     314.6 MB   disk0s1
   2:                 Apple_APFS Container disk1         250.7 GB   disk0s2

/dev/disk1 (synthesized):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      APFS Container Scheme -                      +250.7 GB   disk1
                                 Physical Store disk0s2
   1:                APFS Volume Macintosh HD            176.5 GB   disk1s1
   2:                APFS Volume Preboot                 46.4 MB    disk1s2
   3:                APFS Volume Recovery                509.7 MB   disk1s3
   4:                APFS Volume VM                      2.1 GB     disk1s4

/dev/disk2 (external, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:     FDisk_partition_scheme                        *31.0 GB    disk2
   1:             Windows_FAT_32 NO NAME                 31.0 GB    disk2s1

SIZEから判定すると、私の環境では /dev/disk2 がSDカードになっている。この/dev/disk2をメモしておく。

  • SDカードの場所は、人それぞれで異なるのでよく確認しよう。
  • 間違ったパスで進めてしまうと、最悪Macのディスクも消去しかねない!

SDカードにOSイメージを書き込む

SDカードにOSイメージを書き込む前に、SDカードをMacに挿した状態でいったんアンマウントしておく。

次のコマンドを実行してアンマウントしよう。ただし、/dev/disk2のパスは各自SDカードのパスに変える。また、アンマウントしてもSDカードは抜かないように。

$ diskutil unmountDisk /dev/disk2

次に、OSイメージを書き込むため次のコマンドを実行する。

$ sudo dd if=2019-07-10-raspbian-buster-lite.img of=/dev/rdisk2 bs=1m

bs=1mをつけると、100速く書き込む事ができる。書き込みには時間がかかるため、進捗状況を確認したい場合は Ctrl + T を押してみよう。ちなみに私の環境では、2分程度で書き込みが完了。

❷ SSHの設定

Raspberry Piの起動時にSSHデーモンも起動させる

OSイメージが書き込めたところで、今度はラズパイ起動時にSSHデーモンを起動できるように設定をしよう。

MacのターミナルでSDカードのディレクトリへ移動。ただし、さきほどのパス /dev/disk2 ではなく、/Volumes/boot/ がSDカードのディレクトリとなっているので注意しよう。

$ cd /Volumes/boot/

次に $ touch ssh を実行して空のSSHファイルを作成しておく。これでラズパイ起動時にSSHデーモンが起動してくれるようになる。

❸ WiFiパスワードの設定

最後に、ラズパイ起動時に自動でWiFiに接続できるよう、WiFiパスワードの設定を行う。

SDカードのディレクトリ/Volumes/boot/で、$ vi wpa_supplicant.confを実行し、次の内容で新規ファイルを作成する。

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
country=JP
 
network={
 ssid="WiFiのSSID"
 psk="WiFiのパスワード"
 key_mgmt=WPA-PSK
}

WiFiのSSIDWiFiのパスワード は自分のWiFi環境のものに書き換える。今後、WiFi環境が変わった場合もこの wpa_supplicant.conf を書き換えればよい。

以上でSDカードの設定は終わり。Macのターミナルを終了させて、SDカードを安全に取りだそう。次からはいよいよラズパイを起動していく。

Raspberry Piを起動してSSHでアクセスしてみよう!

ラズパイにさきほどのSDカードを差し込み、ラズパイの PWR IN の端子にUSBなどで5V電源を供給しよう。設定がうまくできていれば、自動でWiFi接続されるはずだ。

WiFi接続できているかどうかを確認するには、ルーターの管理画面にログインする必要がある。また、SSHでアクセスするためにはIPアドレスが必要となるので、ルーターの管理画面で確認しておく。ルーターの管理画面は人それぞれ違うので、詳しい説明は省略する。

ラズパイの初期のIPアドレスとホスト名は次のようになっていた。

IPアドレス ホスト名
192.168.100.145 raspberrypi

またSSHなどのログイン情報は、次のように決められている。

ユーザー名 パスワード
pi raspberry

以上の情報を元に、SSHでラズパイへアクセスしてみよう。Macのターミナルを開き、次のコマンドを実行する。聞かれるパスワードには、raspberry と入力する。

$ ssh pi@192.168.100.145

するとラズパイへSSHでアクセスできるはず。

pi@raspberrypi:~ $ pwd
/home/pi

SSHのリモート操作を終了したいときは $ exit コマンドを実行すればログアウトできる。ラズパイの電源はそのまま抜いて良い。また、今後のためにパスワードを変えることをオススメする。次のようにしてパスワードを変えることができる。

$ sudo passwd pi

以上で「ラズパイの初期設定/SSHでリモートアクセス」の説明は終わりだが、このままだと不便なことがいくつかあるので、余裕のある人はさらに続きを読み進めてもらいたい。

この記事で使った関連製品はこちら

Raspberry Pi Zero W - ヘッダー ハンダ付け済み - ラズベリー・パイ ゼロ W ワイヤレス
Raspberry Pi Zero W - ヘッダー ハンダ付け済み - ラズベリー・パイ ゼロ W ワイヤレス

AmazonRakuten
正規代理店商品 Raspberry Pi 4 Model B (8GB) made in UK element14製 技適マーク入
正規代理店商品 Raspberry Pi 4 Model B (8GB) made in UK element14製 技適マーク入

AmazonRakuten
Samsung EVO Plus 32GB microSDHC UHS-I U1 95MB/s Full HD Nintendo Switch動作確認済 MB-MC32GA/ECO 国内正規保証品
Samsung EVO Plus 32GB microSDHC UHS-I U1 95MB/s Full HD Nintendo Switch動作確認済 MB-MC32GA/ECO 国内正規保証品

Amazon

【その他の設定1】Vimで矢印キーが使えない

ラズパイに最初から入っているVimは、最小構成版のvim-tinyで、矢印キーが効かなくなっている。

Vimを再インストールすると矢印キーが使えるようになるので、現在のVimをいったんアンインストールし再インストールしておこう。

$ sudo apt-get --purge remove vim-common vim-tiny
$ sudo apt-get install vim

【その他の設定2】ホスト名の変更

SSHでログインする時に、毎回IPアドレスでログインするのは面倒だろう。そこでここではホスト名でログインできるようにしていく。

まずはラズパイへSSHでログインし、 $ sudo vi /etc/hosts を実行して次のように設定ファイルを編集する。

127.0.0.1       localhost
::1             localhost ip6-localhost ip6-loopback
ff02::1         ip6-allnodes
ff02::2         ip6-allrouters

127.0.1.1       0 #←ここを書き換えた

0がラズパイのホスト名。一文字だが、これでも立派なホスト名になる。好きな名前をホスト名にすれば良い。次に $ sudo vi /etc/hostname を実行し、記載されているホスト名を上記と同じものに合わせておく。そして$ sudo reboot でラズパイを再起動すれば完了だ。

先ほど設定したホスト名を入力して、SSHでログインしてみよう。ただし、ホスト名のあとに付ける.localをお忘れなく。

$ ssh pi@0.local

こんな商品も人気です!

10 インチRaspberry Pi用タッチモニター EleDuino HDMI モバイルディスプレイ 2021最新版 ゲームモニターIPS液晶パネル 1366x768薄い 軽量、自立,USB Type-C標準 HDMI/スピーカー搭載
10 インチRaspberry Pi用タッチモニター EleDuino HDMI モバイルディスプレイ 2021最新版 ゲームモニターIPS液晶パネル 1366x768薄い 軽量、自立,USB Type-C標準 HDMI/スピーカー搭載

Amazon
Raspberry Pi4 Model B DIYメタルケース/ラズベリーパイ4 モデルB ケース/アルミニウム金属ケース/ファンレス/放熱シート付き/ブラック
Raspberry Pi4 Model B DIYメタルケース/ラズベリーパイ4 モデルB ケース/アルミニウム金属ケース/ファンレス/放熱シート付き/ブラック

ラズベリーパイ4用メタルケース スタイリッシュで堅牢なメタルボディ ケーズ全体がヒートシンクの高い放熱性能 アルミ製のファンレスケーズボディー シンプルでコンパクトなモノクローム

AmazonRakuten
Miuzei 最新Raspberry Pi 4 ケース ラスベリー パイ 4 ケース+ 5V 3A 電源Micro USB-C アダプター 冷却ファン+ヒートシンク Raspberry Pi 4 Model B対応
Miuzei 最新Raspberry Pi 4 ケース ラスベリー パイ 4 ケース+ 5V 3A 電源Micro USB-C アダプター 冷却ファン+ヒートシンク Raspberry Pi 4 Model B対応

AmazonRakuten
Freenove Raspberry Pi 4 B 3 B+ 400用の究極のスターターキット、434ページの詳細なチュートリアル、Python C Javaコード、223アイテム、57プロジェクト、無はんだブレッドボード
Freenove Raspberry Pi 4 B 3 B+ 400用の究極のスターターキット、434ページの詳細なチュートリアル、Python C Javaコード、223アイテム、57プロジェクト、無はんだブレッドボード

Amazon

Raspberry Piの参考書

Raspberry Piクックブック 第3版 (Make:PROJECTS)
Raspberry Piクックブック 第3版 (Make:PROJECTS)

本書は、登場以来多くのユーザーの支持を集め続けているマイコンボード「Raspberry Pi」を使いこなすための267本のレシピ集です。 ハードウェアの基本、オペレーティングシステムの使い方、ネットワーク接続、Pythonプログラミングの基本から、高度なPythonプログラミング、GPIO(汎用入出力)、モーター、センサー、ディスプレイ、コンピュータービジョン、Arduinoとの連携まで、幅広いニーズに応えます。

AmazonRakuten
写真や図解でよくわかる ラズパイZeroを使い倒す本 Raspberry Pi Zero/Zero W対応
写真や図解でよくわかる ラズパイZeroを使い倒す本 Raspberry Pi Zero/Zero W対応

本書ではRaspberry Pi Zero / Zero Wの概要から必要な周辺機器の説明、OSの導入やセットアップなどといった準備、そしてLinuxに初めて触れる人に向けてLinuxの基礎やシェルの操作などを解説しています。また、準備が整ったら実際に電子部品をRaspberry Pi Zero / Zero Wで制御する方法も解説しました。

KindleAmazonRakuten
Raspberry Pi ZeroによるIoT入門- Zero W 対応
Raspberry Pi ZeroによるIoT入門- Zero W 対応

本書は、大人から子供まで、初心者の方でも、ラズパイZeroとラズパイZero WをIoTのデバイスとして使いこなせるようになることを目的とした入門書です。また、ラズパイZeroとラズパイZero WをUSBケーブル1本でパソコンに接続できる便利な「Zero over USB」について、日本で初めて詳しく解説しました。

AmazonRakuten

Amazonでお得に購入するなら、Amazonギフト券がオススメ!

\Amazonギフトがお得/

コンビニ・ATM・ネットバンキングで¥5,000以上チャージすると、プライム会員は最大2.5%ポイント、通常会員は最大2%ポイントがもらえます!
Amazonギフト券

\この記事をシェアする/