キーボードなしのラズパイをMacで初期設定、SSH環境構築

 

キーボードなしのラズパイをMacで初期設定、SSH環境構築
キーボードなしのラズパイをMacで初期設定、SSH環境構築

この記事では「キーボードなし」「モニターなし」「マウスなし」「LANケーブルなし」でRaspberry Pi(ラズパイ)の初期設定する方法をくわしく解説します。SSHでラズパイをリモート操作できるように、Mac上でラズパイの環境構築を行なっていきます。

はじめに

この記事では Raspberry Pi zero WH を使用しましたが、他のラズパイでも基本設定は同じになりますので、ご参考になさってみてください。

ラズパイ本体以外に、この記事で必要な製品、技術は次のとおりです。

  • 8GB以上のマイクロSDカード
  • ターミナルの操作(Vimなどの基本操作)
  • パソコン(Macを使用しました)

以上です。

▼ マイクロSDカードは余裕をみて、32GBのものを選びました。

▼ Vimの操作方法はこの記事で説明いたしませんので、ネットや書籍を読んで学んでみてください。Vimの世界はとても深いです!

初期設定の手順

この記事で行うラズパイの初期設定の手順は、次の3つです。これらの作業はmacOSで行いました。

  1. Raspberry Pi OS のインストール
  2. SSHデーモンの自動起動
  3. WiFiへ自動接続

Raspberry Pi OSのインストール

それではまず、Raspberry Pi OS のインストールを行っていきます。

Raspberry Pi OS イメージのダウンロード

ラズパイの公式ページ へアクセスし、Raspberry Pi OS イメージをダウンロードします。モニターを使わないので、CUIのみの軽量な Raspberry Pi OS Lite をダウンロードしました。

raspberry pi os lite download
raspberry pi os lite download

以前はRaspbianというOS名でしたが、現在はRaspberry Pi OSに名前が変わっています。

ダウンロードしたzipファイルを解凍すると2019-07-10-raspbian-buster-lite.imgのイメージファイルが展開されますので、これを適当な作業ディレクトリへ移動しておきます。

SDカードのパスを確認

次に、マイクロSDカードへ先ほどのOSイメージファイルを書き込むために、パソコンへSDカードを差し込みます。

SDカードをセットしたらMacのターミナルを開き、$ diskutil listのコマンドを打ってSDカードの場所を確認します。次のようにSSDやSDカードなどのディスク情報が表示されるはずです。

/dev/disk0 (internal):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                         251.0 GB   disk0
   1:                        EFI EFI                     314.6 MB   disk0s1
   2:                 Apple_APFS Container disk1         250.7 GB   disk0s2

/dev/disk1 (synthesized):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      APFS Container Scheme -                      +250.7 GB   disk1
                                 Physical Store disk0s2
   1:                APFS Volume Macintosh HD            176.5 GB   disk1s1
   2:                APFS Volume Preboot                 46.4 MB    disk1s2
   3:                APFS Volume Recovery                509.7 MB   disk1s3
   4:                APFS Volume VM                      2.1 GB     disk1s4

/dev/disk2 (external, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:     FDisk_partition_scheme                        *31.0 GB    disk2
   1:             Windows_FAT_32 NO NAME                 31.0 GB    disk2s1

SIZEから判定して/dev/disk2がSDカードの場所のようです。この/dev/disk2をメモしておきます。

環境によって人それぞれ場所が違いますので、各自でよくご確認なさってください。間違ったパスで進めてしまうと、最悪、パソコンのハードディスクも消去しかねません。

SDカードにOSイメージを書き込む

ここでSDカードをパソコンにさしたままの状態で、いったんSDカードをアンマウントしておく必要があります。

次のコマンドを実行してアンマウントします。各自、メモしたSDカードのパスに書き換えてください。また、アンマウントしてもSDカードは抜かないでください。

$ diskutil unmountDisk /dev/disk2

次に、OSイメージを書き込むためのコマンドを実行します。

$ sudo dd if=2019-07-10-raspbian-buster-lite.img of=/dev/rdisk2 bs=1m

bs=1mをつけると、通常の100倍速く書き込むことができるそうです。OSの書き込みには時間がかかります。進捗状況を見たい方は、キーボードのctrl + tを押すと確認できます。ちなみに私の環境では、2分ほどで書き込みが完了しています。

SSHデーモンの自動起動

マイクロSDカードに、Raspberry Pi OS を書き込むことができましたら、次はSSHの設定を行っていきます。

ラズパイ起動時にSSHデーモンを起動させる

SSHでラズパイへリモートアクセスするために、ラズパイ起動時にSSHデーモンも起動させておく必要があります。次の設定を行いましょう。

Macのターミナルで、SDカードのディレクトリへ移動します。この場合、先ほどのパス /dev/disk2ではなく、/Volumes/boot/がSDカードのディレクトリになりますので注意してください。

$ cd /Volumes/boot/

次に $ touch ssh を実行します。これだけでラズパイ起動時にSSHデーモンも起動されます。

WiFiへ自動接続

最後に、ラズパイ起動時に自動でWiFi接続されるように設定しましょう。

先ほどと同様、ターミナルからSDカードのディレクトリ/Volumes/boot/で作業します。$ vi wpa_supplicant.conf コマンドを実行し、次の内容を書き込んでください。

ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
country=JP
 
network={
 ssid="WiFiのSSID"
 psk="WiFiのパスワード"
 key_mgmt=WPA-PSK
}

ただし、WiFiのSSIDWiFiのパスワード はご自身のものに書きかえてください。

今後、WiFi環境が変わった場合も、wpa_supplicant.conf を書きかえればOKです。

これでラズパイの初期設定は完了です。お疲れさまでした。

SDカードをパソコンから安全に取り出しましょう。次からは、いよいよSSHでラズパイへアクセスしていきます。

ラズパイへSSH接続

ラズパイへSSHで接続するまでの流れを説明していきます。

SSHへログイン

OSを書き込んだSDカードを、ラズパイに差し込みます。ラズパイの PWR IN の端子にマイクロUSBを差し込み、ラズパイへ5V電源を供給します。先ほどの設定がうまくできていれば、ラズパイ起動後に自動でWiFi接続されているはずです。

ラズパイがWiFiに繋がっているかどうかを確認するために、ルーターの管理画面へログインしました。ルーターの管理画面は各社製品によって違うので、マニュアルをご確認ください。

初期設定のホスト名とIPアドレスは次のようになってました。

IPアドレス ホスト名
192.168.100.145 raspberrypi

また、ラズパイ初期状態のユーザー設定は、次のように決められています。

ユーザー名 パスワード
pi raspberry

以上の情報を元に、SSHでラズパイへアクセスしてみましょう。問われるパスワードには raspberry と入力すれば大丈夫です。

$ ssh pi@raspberrypi.local

もしホスト名でアクセスできない場合は、調べたIPアドレスを使ってアクセスしてください。

$ ssh pi@192.168.100.145

次のようにシェルが切り替わり、ラズパイへリモートログインできました。

pi@raspberrypi:~ $ pwd
/home/pi

ちなみに、SSH接続を終了したいときは $ exit コマンドを実行してください。

ラズパイの電源を切るときは、$ sudo shutdown -h nowを実行してください。ラズパイもパソコンと同様ですので、電源ケーブルそのまま抜くと故障の原因となります。

パスワードの変更

今後のために、ラズパイのユーザーパスワードを変えておくことをオススメします。次のコマンドを実行してパスワードを変えます。

$ sudo passwd pi

以上でキーボードなしでのラズパイ初期設定の説明はおわりになります。ただし、このままですと不便なことがありましたので、余裕のある方は引き続き、読みすすめてみてください。

▼ また、ラズパイのステップアップとして、これらの記事もご参考になさってみてください。

Vimで矢印キーが使えない場合

Raspberry Pi OS に入っているデフォルトVimは、最小構成版のvim-tinyのため矢印キーが効きません。

Vimを再インストールすることで、矢印キーが有効になります、次のコマンドを実行して、Vimを再インストールしておきましょう。

$ sudo apt-get --purge remove vim-common vim-tiny
$ sudo apt-get install vim

ホスト名の変更

SSHでログインする時のホスト名を変更したい場合に、ご参考になさってみてください。とくに、複数台のラズパイをお使いの場合は必要な作業となります。

ラズパイへSSHでログインし、 $ sudo vi /etc/hosts を実行して設定ファイルを編集します。

127.0.0.1       localhost
::1             localhost ip6-localhost ip6-loopback
ff02::1         ip6-allnodes
ff02::2         ip6-allrouters

127.0.1.1       0 #←ここを書き換えた

ここでは 0 がラズパイのホスト名です。たったの一文字ですが、これでも立派なホスト名として使うことができます。みなさんも、お好きな名前をホスト名になさってください。

次に $ sudo vi /etc/hostname を実行して、同様にホスト名を変えておきます。その後、$ sudo reboot でラズパイを再起動すれば新しいホスト名に切り替わります。

$ ssh pi@0.local
ローカルネットワーク内で、ホスト名をつかってアクセスするには、.local の記述が必要となりますのでご注意ください。
記事に関するご質問などがあればTwitterへお返事ください。
この記事で紹介した商品
人気のラズパイ
人気のラズパイ周辺機器
Raspberry Piのオススメ入門書
関連記事