ラズパイにSamba入れて共有フォルダつくるよ〜Macからカンタンにファイル共有

こんなこと、やります。

  • ラズパイにSambaのインストール
  • Macから共有フォルダへアクセス

ラズパイにSamba入れて共有フォルダつくるよ〜Macからカンタンにファイル共有
ラズパイにSamba入れて共有フォルダつくるよ〜Macからカンタンにファイル共有

スムーズにいけば、わずか10分程度でラズパイのディレクトリを共有フォルダ化できます。ぜひご参考になさってみてください。

つかうもの

はじめに、この記事でつかうものをご紹介します。

ラズパイ

お好きなラズパイをお使いください。

ラズパイにSambaをインストール

次のコマンドを実行して、ラズパイにSambaをインストールしましょう。

$ sudo apt-get install samba

インストール中、次のようなダイアログが表示されますが、ここでは「No」を選択します。

Samba server and utilities
Samba server and utilities

Sambaの設定

Sambaの設定を行います。設定ファイルをVimなどで開いてください。

$ sudo vi /etc/samba/smb.conf

パーミッションの変更

Share Definitionsの項目で、次のようにパーミッションを変更します。

read only no
creat mask = 0644
directory mask = 775

パーミッションの変更
パーミッションの変更

Sambaへpiユーザーを追加

Sambaへpiユーザーを追加するため、パスワードを設定します。

$ sudo smbpasswd -a pi

これで、piユーザからファイルサーバーへアクセスできるようになりました。

サービスを再起動

以上でSambaの設定は終わりです。Sambaサービスを再起動しましょう。

$ sudo service smbd restart

Macから共有フォルダへアクセス

それではMacから、ラズパイの共有フォルダへアクセスしてみましょう。

FinderのメニューでGoConnect to Server...を開きます。command + Kのショートカットでも開けます。

そこでsmb://ラズパイIPアドレスまたはsmb://ラズパイホスト名.localを入力します。

Samba URLを入力
Samba URLを入力

設定したユーザー名とパスワードを入力します。

Sambaのログイン情報を入力
Sambaのログイン情報を入力

ユーザー名を選択して完了します。

ユーザ名の選択
ユーザ名の選択

設定がうまくできていれば、Finderからラズパイの共有フォルダへアクセスできているはずです。ファイルなども書き換えられますので、scpなどでアップロードする手間もなくなりました。

最高です!♫Samba!

君もサンバをはじめよう!
君もサンバをはじめよう!

rsyncもオススメ

ちなみに、Sambaの開発者アンドリュー・トリジェルは、超便利なコマンドrsyncも開発してます。まだお使いでなければ、rsyncもぜひ試してみてください。

記事に関するご質問などがあれば、
@tosisico または お問い合わせ までご連絡ください。
関連記事