iOS Distribution Certificate 証明書の更新のやり方【Apple Developer/Xcode】



iOS Distribution Certificate 証明書の更新手順、やり方


Apple Developerから突然、次のような件名でメールが届いた。

「Action Needed: iOS Distribution Certificate Expires in 30 Days」




証明書の期限が30日以内に切れるから更新が必要とのこと。
このメールはリリース済みアプリに証明書が使われている場合に送られてくるようだ。

この機会に作業手順を覚えようと思うので、証明書の更新手順、やり方を記事にしてまとめておくことにした。
設定手順は、こちらの記事を参考にさせてもらった。





CertificateSigningRequest.certSigningRequest を生成する (Keychain Access)


MacでKeychain Accessを起動する。
メニューの Keychain Access から、Certificate AssistantRequest a Certificate From a Certificate Authority... へ進む。


普段、Mac表示を英語に切り替えているので、表示メニューが英語となっているがあしからず。


次の画面で、各項目を入力する。


Certificate Infomation
User Email Address Apple Developerに登録したApple IDと同じも
Common Name Keychain Accessで表示される名前(なんでも良い)
CA Email Address空白
Request is`Saved to disk`を選択、`Let me specify key pair infomation`にチェック


CertificateSigningRequest.certSigningRequest を保存する場所を聞かれるので、適当な場所を指定する。

次の Key Pair Infomation は、2048bits / RSA のままで良い。
これで、先ほど指定した場所に CertificateSigningRequest.certSigningRequest が保存できた。





Certificate を生成する (Apple Developer)


Apple Developer にログインし、Certificates へ移動する。



「+」ボタンを押して、証明書を新規作成する。
iOS Distribution (App Store and Ad Hoc) を選択し、Continue をクリック。



先ほど作った CertificateSigningRequest.certSigningRequest ファイルを選択し Continue をクリック。

Download を押し、ios_distribution.cer をダウンロードする。

ちなみにこの証明書の有効期限は1年後なので、また同じ作業を1年後にやることになる。




ios_distribution.cer を Keycahin Accessに登録する (Keychain Accessss)


再びKeycahin Accessに戻り、FileImport Items... で先ほどダウンロードした ios_distribution.cer を読み込む。

ios_distribution.cer をダブルクリックでもいけるようだ。



Provisioning Profile に Certificate を設定する (Apple Developer)


Apple Developer にログインし、Profiles へ移動する。


この中から、期限切れが1カ月以内に迫っているProfileを選択する。


Edit へ進み、期限切れ間近の証明書から、新しく作った証明書へ切り替え Save する。

最後に Profileを Download し、mobileprovisionファイルをダブルクリックしてXcodeにインポートしておく。


複数のProfileで古い証明書を使っている場合は、その分だけ同じ作業を繰り返す。

Swift実践入門 ── 直感的な文法と安全性を兼ね備えた言語 WEB+DB PRESS plus

本書は、Swiftの言語仕様と実践的な利用方法を解説した入門書です。Swiftは簡潔な言語ですが、その言語仕様を理解し、正しく使うことはけっして容易ではありません。Appleの公式ドキュメントをはじめとして、どんな言語仕様があり、それらをどのように使うかに関しては豊富な情報源があります。しかし、それらがなぜ存在し、いつ使うべきかについてまとまった情報があるとは言えません。本書は、読者のみなさんの「なぜ」や「いつ」を解消することにも主眼を置いています。今回の改訂で、新バージョンのSwift 5に対応しました。

KindleAmazon

あなたにおすすめ