iOS Distribution Certificate証明書の更新のやり方【Apple Developer・Xcode】

 

iOS Distribution Certificate 証明書の更新のやり方
iOS Distribution Certificate 証明書の更新のやり方

この記事では、「iOS Distribution Certificate」証明書の更新のやり方を解説していく。Apple Developerから突然、次の件名でメールが届いた。

「Action Needed: iOS Distribution Certificate Expires in 30 Days」

iOS Distribution Certificate期限切れのメール
iOS Distribution Certificate期限切れのメール

「証明書の期限が30日以内に切れるから更新が必要です」という内容。このメールはリリース済みアプリに証明書が使われている場合に送られてくるようだ。この機会に更新手順をしっかり覚えようと思い、やり方を記事にしてまとめておくことにした。

iOS Distribution Certificate証明書の更新手順、やり方

iOS Distribution Certificate証明書の更新は、次の4つの手順で行っていく。

  1. CertificateSigningRequest.certSigningRequestを生成する(Keychain Access)
  2. Certificateを生成する(Apple Developer)
  3. ios_distribution.cerをKeycahin Accessに登録する(Keychain Accessss)
  4. Provisioning ProfileにCertificateを設定する(Apple Developer)

CertificateSigningRequest.certSigningRequestを生成する(Keychain Access)

MacでKeychain Accessを起動する。メニューの Keychain Access から、Certificate AssistantRequest a Certificate From a Certificate Authority... へ進む。

Request a Certificate From a Certificate Authorityを選択
Request a Certificate From a Certificate Authorityを選択

次の画面で、各項目を入力する。

Certificate Informationの記述
Certificate Informationの記述

項目意味
User Email Address Apple Developerに登録したApple IDと同じも
Common Name Keychain Accessで表示される名前(なんでも良い)
CA Email Address空白
Request is「Saved to disk」を選択し「Let me specify key pair infomation」にチェックする

CertificateSigningRequest.certSigningRequest を保存する場所を聞かれるので、適当な場所を指定する。次のKey Pair Infomationは、2048bits / RSAのままで良い。これで、先ほど指定した場所に CertificateSigningRequest.certSigningRequest が保存できた。

Certificateを生成する(Apple Developer)

Apple Developerにログインし、Certificatesへ移動する。

Apple DeveloperのCertificates画面
Apple DeveloperのCertificates画面

「+」ボタンを押して、証明書を新規作成する。iOS Distribution (App Store and Ad Hoc) を選択し、Continue をクリック。

iOS Distribution (App Store and Ad Hoc)を選択
iOS Distribution (App Store and Ad Hoc)を選択

先ほど作った CertificateSigningRequest.certSigningRequest ファイルを選択し Continue をクリック。Download を押し、ios_distribution.cer をダウンロードする。

ちなみに、証明書の有効期限は1年間となっている。

ios_distribution.cerをKeycahin Accessに登録する(Keychain Accessss)

再びKeycahin Accessに戻り、FileImport Items... で先ほどダウンロードした ios_distribution.cer を読み込む。またはios_distribution.cer をダブルクリックでも良い。

Provisioning ProfileにCertificateを設定する(Apple Developer)

Apple Developerにログインし、Profilesへ移動する。

Apple DeveloperのProfiles画面
Apple DeveloperのProfiles画面

この中から、期限切れが1カ月以内に迫っているProfileを選択する。

期限切れ間近のProfileを選択
期限切れ間近のProfileを選択

Edit へ進み、期限切れ間近の証明書から、新しく作った証明書へ切り替え Save する。

Provisioning Profileを作成する
Provisioning Profileを作成する

最後にProfileを Download し、mobileprovisionファイルをダブルクリックしてXcodeにインポートしておく。複数のProfileで古い証明書を使っている場合は、その分だけ同じ作業を繰り返す。

参考サイト

▼ こんな記事も書いてます。

記事に関するご質問などがあれば、
@tosisico または お問い合わせ までご連絡ください。
関連記事