100均のスマホレンズをiPhoneに接着したらメチャ便利になった



写真を撮影したい時、コンデジやフイルムカメラは絞りやズームなどレンズに対して色々調整ができて便利で楽しい。しかしデータをスマホへ移動したりするのが面倒だったりする。だからなんだかんだスマホで写真を撮ってすませることが多くなっていく。

スマホでもレンズ調整したいと思った時に、100均のスマホレンズはありがたい。
特にキャンドゥで売ってる広角&マクロレンズと偏光レンズはよく使う。

ところが、撮影のたびに毎回レンズのクリップを装着する作業がめんどうだったりする。
まずレンズの中心をカメラの中心に合わせなければならない。また、クリップでは何かの拍子にかんたんに動いてしまうので頼りない。これでは撮影に集中するどころではなくなってしまう。

そこで、レンズの土台をスマホの本体に直接くっつけることは出来ないだろうかと考えた。レンズの土台というのは、レンズをはめるネジ穴の部分。クリップを取り去ってスマホの本体に土台を接着するのだ。

ありがたいことに、キャンドゥのスマホレンズは装着部分が同じサイズに作られている。つまりレンズを交換することができる。

成功すれば便利になること間違いなさそうなのでさっそく挑戦してみた。

今回紹介する方法は、iPhoneの前面のカメラ付近にあるマイクの穴を塞ぐことになります。このマイクはノイズキャンセルなどで利用されるようです。真似する場合は、あくまでも自己責任でお願いします。





改造、製作


最初に説明した通りキャンドゥのスマホレンズのクリップ部分を取り除いて、土台のみをスマホに接着することを目的とする。


なのでさっそくクリップをノコギリでカット。ざっくり切りおとす。プラスチックなので加工はかんたん。


金属ヤスリで丸型になるように、地道に削っていく。


だいたい丸くなったら、細かい目のサンドペーパーでキレイに仕上げていく。


いよいよ本体との接着を考えていく。


土台を装着するスマホはiPhone 7である。背面にはガラスコーティングがされている。だからホットボンドのような軟弱な接着ではすぐにはずれてしまう。

そこでガラス用のエポキシボンドを使ってみることにした。


iPhone 7はだいぶ古い。失敗しても痛くないとは言わないが、接着剤を使うことに対してはそれほど抵抗はなかった。
ここまできたら思い切ってやってしまおう。


iPhone本体のレンズに接着剤がつかないよう慎重に取りつける。
円の中心がズレてしまっては元も子もないので固定するまでよく慎重に慎重に。
このエポキシボンドは15分もすれば硬化する。

しっかり固まったようなのでレンズをつけて撮影してみる。




マクロレンズで撮影


まずはマクロレンズだけで撮影した写真。


数ミリの小さい対象をはっきりと撮ることができる。(この虫はホテイアオイの上で休んでいるハムシかな)



次はiPhoneのズームを最大にして撮った写真。


こちらはキャンドゥのマクロレンズで撮った写真。


そしてマクロレンズとiPhoneのズームを掛け合わせれば、なんともっと小さいものまで撮影できる!




こちらはミニトマトの葉っぱ。一見なにも問題ないように見えるが、サビダニ(体長約0.18mm)という害虫にかかっている。


通常、肉眼では見えない害虫もこのように拡大することで、観察することができるようになった。




1000円札だともっとわかりやすい。
まずはデジタルズームなし、マクロレンズなし。


デジタルズームあり、マクロレンズなし。


デジタルズームあり、マクロレンズあり。


「NIPPON GINKO」の細かい文字を、はっきりと見ることができる。


ところで、自分のiPhone7のデジタルズームは5倍まで拡大できる。またマクロレンズの拡大率は5倍以上ありそうなので、少なくとも25倍以上のズームができているだろう。


ちなみに、キャンドゥの広角&マクロレンズは下のように分解できるのをご存知だろうか。(私はこのレンズが分解できることに気づくのにずいぶん時間がかかってしまった😓)


左が広角レンズで、右がマクロレンズになっている。



広角レンズで撮影


広角レンズは写真だと4隅が黒っぽくなり歪みが目立ち、そのままではイマイチな写真になってしまう。
しかしこれも動画モードにするとなかなか良い。

そもそもiPhoneの写真と動画では画角が違うのだ。動画の方が写真より画角が狭くなっている。そこで広角レンズをはめて撮影すると写真ほどのワイドにはならないが、動画だと歪みを目立たせずに少しだけ画角を広げることができる。



偏向レンズで撮影


偏向レンズをひとことで説明すると、ある方向からの光だけを通してそれ以外の光を遮るものである。

偏向レンズなし


偏向レンズあり


お分かりだろうか?
偏向レンズを通すと水面の反射光がおさえられ、葉もプランターも色に青色が強くなって自然な感じに写っている。
偏向レンズなしでは反射光がチラつき写真に落ち着きがない。色も黄色っぽい感じになってしまっている。

どんな写真を撮りたいかにもよるが、外で撮影することが多い場合は偏向レンズは重宝する。




最後に




スマホにレンズを接着してみて非常に便利になった。
iPhoneのカメラだけで純粋に写真を撮りたければ、レンズを取り外して撮影できる。レンズもとても小さいので持ち運びには困らない。普段はレンズを取り外しておいて状況によってレンズをはめ込む使い方が良いだろう。
これを真似してやってみようという方は、あくまでも自己責任で。


あなたにおすすめ