【2022年最新】1万円台で買えるAndroidのスペックを徹底比較してみた

【2022年最新】1万円台で買えるAndroidのスペックを徹底比較してみた
【2022年最新】1万円台で買えるAndroidのスペックを徹底比較してみた

昨今、1万円台で買えてしまうAndroidが登場しました。毎年、当サイトでリサーチしている世界29カ国のiPhoneとAndroidのシェア率を比較【2021年版】からわかる通り、これからますますAndroidのシェア率は高くなっていくと予想されます。

この記事では、「そろそろAndroidに乗り換えようかな」と思っている方のために、1万円台で買えるAndroidのスペックを徹底比較してみました。いわゆるローエンドモデルの比較になります。格安のスマホがいろいろある中で、機能や特徴を分かりやすくまとめました。この記事をご覧になれば、自然とオススメのAndroidがどれなのかハッキリわかると思います。iPhoneからAndroidへ乗り換える方も、サブ機としてもう一台Androidが欲しいという方も、ご参考になさってみてください。

▼ Androidのメーカー別にシェア率を調査した記事もご覧ください。

1万円台で買えるAndroidを徹底比較!

1万円台で買えるAndroidを7つ選び、徹底比較してみました。対象となるのはこれらのAndroidです。

Amazonですと、どれも1万円台で購入できる格安なスマホになります。しかし安くてもそれぞれに特徴がありますので、ていねいに見ていきましょう。

「きれいな画面」で選ぶ

OPPO A73公式ページより
OPPO A73公式ページより

「きれいな画面」で選ぶなら、「OPPO A73」と「Xiaomi Redmi 9T」に軍配があがります。「OPPO A73」には有機ELが使われており、画素密度が408ppiあります。また、「Xiaomi Redmi 9T」では395ppiの画素密度になります。

画素密度(ピクセル密度)

「きれいな画面」の指標として、スマホには画素密度(ピクセル密度)という項目があります。画素密度とは、1インチあたりのピクセル数のことで、ppi(pixels per inch)という単位で表されます。画素密度の値が大きければ、1インチあたりに詰められているピクセル数が多くなるので、画面がキレイに見えるわけですね。逆に、画素密度が小さければ、画面が荒く見えてしまいます。

参考として、iPhone13/12 miniでは476ppi、iPhone SE(2020)/8/7では326ppiになります。

「カメラ機能」で選ぶ

Xiaomi Redmi 9T公式ページより
Xiaomi Redmi 9T公式ページより

写真をキレイに取りたい方なら、「カメラ機能」で選ぶと良いでしょう。「Xiaomi Redmi 9T」では、4眼カメラが搭載されており、次のようなスペックになっています。

  • 800万画素の超広角カメラ
  • 4800万画素のメインカメラ
  • 200万画素の深度センサー
  • 200万画素のマクロカメラ

iPhoneが1200万画素ですから、「Xiaomi Redmi 9T」の4800万画素は圧倒的です。

他にも、「OPPO A73」と「Blackview A80Plus」に4眼カメラが備わっています。ちなみに、「OPPO A73」のメインメインカメラは1600万画素、「Blackview A80Plus」では1300万画素になっています。

「CPUスペック」で選ぶ

「CPUスペック」で選ぶ
「CPUスペック」で選ぶ

1万円台スマホの中には、CPUにオクタコア(8個のCPU)とクアッドコア(4個のCPU)が使われているものがあります。CPUは動作の快適さにもつながるものですから、できるだけオクタコアのものを選びたいですね。オクタコアを搭載しているAndroidは、「OPPO A73」「Xiaomi Redmi 9T」「OUKITEL C21 Pro」「Blackview A80Plus」「OSCAL C20Pro」になります。

「バッテリー、耐久性」で選ぶ

Blackview BV4900のAmazonページより
Blackview BV4900のAmazonページより

「耐久性」で選ぶのであれば、こちらの「Blackview BV4900」が圧勝になります。Gショックのようなゴツい見た目のスマホから想像できるとおり、IP68防水、防塵、耐衝撃を謳っています。

また、バッテリーも5580mAhと大容量です。

防水機能はありませんが、バッテリー容量が圧勝なのは「Xiaomi Redmi 9T」です。なんと、6000mAhもあります。

以前、iPhone 7のバッテリー交換を自分でやったの容量が2200mAでしたから、6000mAhというと圧倒的な大容量ですね。充電しなくても2、3日は持つんじゃないでしょうか。

「とにかく安さ」で選ぶ

「スペックは気にしないから、とにかく安いのが良い!」という方は、「UMIDIGI A7S」または「OSCAL C20Pro」は如何でしょうか?どちらも1万円台前半で買えてしまうAndroidです。

ただし、スペックをみると、あと2千円上乗せして「OPPO A73」を選んだほうが良い気もします。あっ、スペックは気にしないんでしたっけ?^^;

1万円台で買えるAndroidスペック一覧

ここからは、1万円台で買えるAndroidのスペックの詳細になります。表にしてまとめてみましたので、Android選びにご活用いただければと思います。

OPPO A73

項目OPPO A73
モデル名A73
ブランドOPPO
値段13,700円(1/26Amazon調べ)
サイズ159.8mm x 72.9mm x 7.45mm
重さ162g
RAM4GB
ROM64GB
外部メモリmicroSDXC 最大256GB
ディスプレイサイズ6.44インチ
解像度2400x1080
リフレッシュレート最大60Hz
タッチサンプリングレート(通常)134Hz/(ゲーム)180Hz
ピクセル密度408PPI
表示方式有機EL
カメラ超広角レンズ搭載4眼カメラ
手ブレ補正電子式手ブレ補正
CPUオクタコア4×2.0GHz+4×1.8GHz
バッテリー容量4000mAh
生体認証ディスプレイ指紋、顔
センサー 磁気センサー、近接センサー、光センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、ステップカウント機能対応
SIMnanoSIM、eSIM
5G非対応
おサイフケータイ/NFC非対応
防水非対応
OS※1 ColorOS 7.2(based on Android™ 10)
発売日2020年11月20日

※1 発売日に搭載されているOSを表示しています。(以下同様)

Xiaomi Redmi 9T

項目Xiaomi Redmi 9T
モデル名Redmi 9T
ブランドXiaomi
値段17,190円(1/26Amazon調べ)
サイズ162.3mm x 77.3mm x 9.6mm
重さ198g
RAM4GB
ROM64GB
外部メモリmicroSDカード(最大512GB)
ディスプレイサイズ6.53インチ
解像度2340x1080
リフレッシュレート60Hz
タッチサンプリングレート175~180Hz
ピクセル密度395ppi
表示方式TFT液晶
カメラ4800万画素 AI 4眼カメラ
手ブレ補正無し
CPU最大2.0GHz駆動オクタコアCPU
バッテリー容量6000mAh
生体認証指紋、顔
センサー 磁気センサー、近接センサー、光センサー、加速度センサー、振動モーター
SIMNano SIM×2
5G非対応
おサイフケータイ/NFC非対応
防水非対応
OSMIUI12(Android10準拠)
発売日2021年8月26日

OUKITEL C21 Pro

項目OUKITEL C21 Pro
モデル名OUKITEL C21 Pro
ブランドOUKITEL
値段17,999円(1/26Amazon調べ)
サイズ162mm x 75mm x 9mm
重さ192g
RAM4GB
ROM64GB
外部メモリMicroSDカード(片方のSIMスロットと共用)
ディスプレイサイズ6.39インチ
解像度1560x720
リフレッシュレート60Hz
タッチサンプリングレート不明
ピクセル密度269ppi
表示方式液晶
カメラ3眼
手ブレ補正無し
CPUMT6762D Cortex A53 8コア 1.8GHz
バッテリー容量4000mAh
生体認証指紋(側面)/顔
センサー赤外線センサー:非公表、加速度センサー:対応、近接センサー:対応、電子コンパス:非公表、光センサー:対応
SIMnano SIM x 2
5G非対応
おサイフケータイ/NFC非対応
防水非公表
OSAndroid 11
発売日2021年6月

Blackview A80Plus

項目Blackview A80Plus
モデル名A80Plus
ブランドBlackview
値段17,999円(1/26Amazon調べ)
サイズ162.75mm x 77mm x 8.8mm
重さ180g
ROM64 GB
RAM4GB
外部メモリmicroSDカード(片方のSIMスロットと共用)
ディスプレイサイズ6.49インチ
解像度1560x720
リフレッシュレート不明
タッチサンプリングレート不明
ピクセル密度265ppi
表示方式液晶
カメラ4眼カメラ
手ブレ補正光学式手ぶれ補正
CPUオクタコア、4x Cortex A53 1.8 GHz•4x Cortex A53 1.5 GHz
バッテリー容量4680mAh
生体認証指紋
センサー加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
SIMデュアルスロット(Nano SIM x 2)
5G非対応
おサイフケータイ/NFC非対応
防水非対応
OSMIUI12(Android 10.0)
発売日2020年12月

Blackview BV4900

項目Blackview BV4900
モデル名BV4900
ブランドBlackview
値段15,999円(1/26Amazon調べ)
サイズ157.5mm x 78.1mm x 13.7mm
重さ261g
RAM3GB
ROM32GB
外部メモリMicroSD(最大128GB、片方のSIMスロットと共用)
ディスプレイサイズ5.7インチ
解像度1440x720
リフレッシュレート不明
タッチサンプリングレート不明
ピクセル密度282ppi
表示方式液晶
カメラトリプルカメラ
手ブレ補正無し
CPUQuad-core 2.0 GHz Cortex-A53
バッテリー容量5580mAh
生体認証
センサー顔認証、加速度センサ、光センサー、磁気センサー、近接センサ、ジャイロ、コンパス
SIMデュアルスロット(nanoSIM x 2)
5G非対応
おサイフケータイ/NFCNFCに対応(ただしFeliCa/おサイフケータイ非対応)
防水IP68防水/防塵/耐衝撃
OSAndroid 10.0
発売日2020年8月

UMIDIGI A7S

項目UMIDIGI A7S
モデル名A7S
ブランドUMIDIGI
値段11,969円(1/26Amazon調べ)
サイズ164mm x 77.14mm x 9.45mm
重さ195g
RAM2GB
ROM32GB
外部メモリ専用Micro-SD(最大128GB)
ディスプレイサイズ6.53インチ
解像度1600x720
リフレッシュレート60Hz
タッチサンプリングレート不明
ピクセル密度269ppi
表示方式液晶
カメラ13MP+8MP+2MP 3眼カメラ
手ブレ補正非対応
CPUクアッドコア、1.25GHz
バッテリー容量4150mAh
生体認証
センサー加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス、非接触デジタル赤外線温度計
SIMデュアルSIM
5G非対応
おサイフケータイ/NFC非対応
防水非対応
OSAndroid 10 Go Edition
発売日2020年9月

OSCAL C20Pro

項目OSCAL C20 Pro
モデル名C20 Pro
ブランドOSCAL
値段11,999円(1/26Amazon調べ)
サイズ155.4mm x 73.5mm x 9.5mm
重さ156g
RAM2GB
ROM32GB
外部メモリmicroSDカード(最大128GB)
ディスプレイサイズ6.09インチ
解像度1520x720
リフレッシュレート不明
タッチサンプリングレート不明
ピクセル密度不明
表示方式不明
カメラ3眼8MP ƒ/2.0
手ブレ補正非対応
CPUオクタコア、Quad-core 1.6 GHz Cortex-A55, Quad-core 1.2 GHz Cortex-A55
バッテリー容量3380mAh
生体認証
センサー加速度センサ、ジャイロセンサ、光センサ、近接センサ
SIMnano SIM
5G非対応
おサイフケータイ/NFC非対応
防水非対応
インターフェースMicro USB、3.5mmイヤホンジャック
FMラジオ対応
OSAndroid 11 (Go edition)
発売日2021年

まとめ

さいごに、まとめです。

ここまでのデータを比較した中で、コスパが良く、オススメできるAndroidは「Xiaomi Redmi 9T」と「OPPO A73」ですね。

この2つの機種は、Amazonでの高評価がとても多かったです。スペックと価格を見て納得しました。

これからもAndroidの価格競争は激しくなると思いますが、その都度調べてブログでご報告したいと思います。

こちらのスマホのシェア率調査もよろしければご覧ください。

記事に関するご質問などがあれば、
@tosisico または お問い合わせ までご連絡ください。
人気のワイヤレスイヤホン
1万円台で買えるスマホ
やっぱりほしい!iPhone
文字入力に役立つアクセサリー
関連記事