オオカナダモ(アナカリス)でビオトープ

オオカナダモ(アナカリス)
オオカナダモ(アナカリス)

オオカナダモは別名「アナカリス」とも呼ばれ、メダカのビオトープや金魚の飼育などで使用される有名な水草です。丈夫な水草ですので初心者でもカンタンに育てることができます。また、メダカの場合は産卵床になったり稚魚の隠れ家になります。大抵はどこのショップでも販売されており、安く手に入れることができます。

オオカナダモの特徴

項目内容
学名Egeria densa Planch.
別名アナカリス
分類トチカガミ科オオカナダモ属
生息地域本州、四国、九州、沖縄、北米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアで野生化。日本で野生化しているのは雄株のみ。
原産南米
来歴日本へは植物生理学の実験植物として導入された。
生息地湖沼やため池、河川や水路などに生息。
生体茎は盛んに分岐し、長さ1mを超えることもある。
花期5〜10月、1日1花ずつ水面上に出て白い花を咲かせる。
その他常緑の多年生沈水植物。光量不足や二酸化炭素不足で困ることはなく、丈夫で初心者でも育てやすい。

オオカナダモをビオトープへ投入

ショップでアナカリスを購入後、バケツにきれいな水を入れてアナカリスを2日置きました。スネイルなどの害虫が混じってないことを確認して、立ち上げ中のビオトープへ投入しました。

立ち上げ中のビオトープ、オオカナダモを投入
立ち上げ中のビオトープ、オオカナダモを投入

▲上のビオトープはこちらの記事で様子をレポートしていきますので、ご興味のある方はご覧になさってみてください。

 

記事に関するご質問などがあればTwitterへお返事ください。
この記事で紹介した商品
ビオトープで参考になった書籍
関連記事