PC・モバイルで多く使われている画面サイズ・解像度のシェア率調査

この記事では、PC・モバイルで多く使われている画面サイズ・解像度のシェア率の調査結果をお伝えする。解像度のシェア率を調査にあたって、StatCounterのデータを利用した。データの期間は、2020年9月から過去1年分で、サイトへのアクセスを元に集計した解像度となっている。

日本で一番多い解像度は「1920x1080」

パソコンとモバイル合わせて、日本で一番多い解像度は「1920x1080」サイズの画面である。 全体の13.4%が、インターネットへのアクセスで「1920x1080」の画面を使っている事になる。次に多いのが「375x667」の解像度で、これはiPhoneが主となる。

モバイルを含めたモニター画面の解像度のシェア率
モバイルを含めたモニター画面の解像度のシェア率

解像度シェア率(2019/9-2020/9)
1920x108013.38%
375x66710.71%
360x6407.31%
1366x7687.18%
375x8125.74%
414x8965.38%
1536x8643.88%
768x10243.56%
414x7362.98%
1440x9002.59%
1280x7202.07%
2560x14401.85%
1280x8001.76%
360x7201.76%
320x5681.73%
1280x10241.44%
360x7601.2%
360x7801.17%
1600x9001.09%
1680x10500.98%
その他22.23%

自分のサイトでも調べてみた結果、「1920x1080」と「375x667」のシェア率が同じようになったので、StatCounterのデータは信頼できると言えるだろう。

モバイルの中では「375x667」が圧倒的

今度は、モバイル限定で画面解像度を絞ってみた。 すると、「375x667」の画面サイズが全体の1/4を占める結果となった。

モバイルにおける解像度のシェア率
モバイルにおける解像度のシェア率

さきほど説明した通り「375x667」は主にiPhoneである。日本はとくにiPhone大国と言ってよいから、このような結果もうなずける。ちなみに「375x667」の解像度は下記の端末で使われている。

iPhone 6/iPhone 6s/iPhone 7/iPhone 8/iPhone SE(2世代)/iPhone 6 Plus/iPhone 6s Plus/iPhone 7 Plus/iPhone 8 Plus/iPhone X/iPhone XS/iPhone 11 Pro

iOSとAndroidの比較調査はこちら

世界における解像度のシェア率

次に、世界全体における画面の解像度のシェア率を紹介する。 パソコン・モバイルの解像度のシェア率がこちら。

世界全体におけるパソコン・モバイルの解像度のシェア率
世界全体におけるパソコン・モバイルの解像度のシェア率

見てわかることは 「世界全体ではまだまだ解像度の小さい画面が使われている」 ということ。さらに調べてみると「360x640」の解像度は、ほとんどがAndroid端末である。また、「1366x768」の解像度はノートパソコンに使われている。

「16:9」のアスペクト比が全体の1/3以上

モナリザの絵

最後に、先ほどのデータからあることに気づいたので紹介する。

解像度の上位4位はアスペクト比が「16:9」または「9:16」の比率である。しかも、全体の1/3以上も占めるシェア率となる。

順位解像度シェア率アスペクト比
1位360x64011.93%9:16
2位1366x7688.95%16:9
3位1920x10808.28%16:9
4位375x6674.28%9:16

そして、16を9で割ってみると「1.7778」であり黄金比の「1.618」とかなり近い。はたして、これは単なる偶然だろうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「この記事が参考になったよ」という方は、ぜひ記事をシェアをしていただけるととても嬉しいです。

今後も有益な記事を書くモチベーションにつながりますので、どうかよろしくお願いいたします。↓↓↓↓↓↓↓

あなたにおすすめ