ブラウザシェア率の調査(国内、世界、モバイル、パソコン別)(2020年8月〜2021年8月)

ブラウザシェア率の調査

この記事では、国内と世界におけるモバイルとパソコンでのブラウザのシェア率ををご紹介します。Statcounterのオープンデータを元に、2020年8月〜2021年8月の間でブラウザのシェア率を調べてみました。

ブラウザシェア率(モバイル、日本国内)

ブラウザシェア率(2021年8月)

2021年8月時点における、日本国内のモバイルにおけるブラウザシェア率では、Safariが61.95%で一番大きく、続いてChromeが32.67%となりこれらふたつのブラウザだけで90%以上のモバイルブラウザ市場を占めています。

ブラウザシェア率 モバイル 日本国内(2021年8月)の棒グラフ
ブラウザシェア率 モバイル 日本国内(2021年8月)の棒グラフ

ブラウザシェア率 モバイル 日本国内(2021年8月)の円グラフ
ブラウザシェア率 モバイル 日本国内(2021年8月)の円グラフ

SafariとChromeがここまで使われているのは、考えてみれば当然で、モバイル端末はiOSまたはAndroidがほとんどだからです。Safariのシェア率が大きいのも、日本のモバイルOS市場を調べれば自明なことでしょう。

モバイルOSのシェア率

モバイルOSのシェア率を知りたい方は、世界29カ国のiPhoneとAndroidのシェア率を比較【2021年版】に書きましたので、ご参考になさってみてください。

ブラウザシェア率ランキング(2021年8月)

2021年8月時点の日本国内でモバイルOSシェア率を順位別に並べてみました。

順位 ブラウザ シェア率(%)
1 Safari 61.95
2 Chrome 32.67
3 Samsung Internet 2.4
4 UC Browser 0.82
5 Android 0.66
6 Firefox 0.67
7 Opera 0.27
8 QQ Browser 0.14
9 Edge Legacy 0.19
10 Sony PSP Vita 0.05
11 Whale Browser 0.06
12 Unknown 0.04
13 Puffin 0.04
14 Yandex Browser 0.02
15 Coc Coc 0.01
16 Other 0.02

モバイルOSのシェア率では「iOS 68.6%、Android 31.2%」となってますから、モバイルブラウザシェア率の「Safari 61.95%、Chrome 32.67%」の関係とよく似ていることが分かります。

ブラウザシェア率年間推移(2020年8月〜2021年8月)

2020年8月〜2021年8月の年間を通して、日本国内モバイルのブラウザシェア率は次のような推移となっています。

ブラウザシェア率 モバイル 日本国内(2020年8月〜2021年8月)
ブラウザシェア率 モバイル 日本国内(2020年8月〜2021年8月)

ブラウザシェア率(日本国内、パソコン)

ブラウザシェア率(2021年8月)

2021年8月時点における、日本国内のパソコンにおけるブラウザシェア率は、Chromeが62.51%と圧倒的で、続いてEdgeが15.86%、Safari 7.71%、Firefox 6.6%、IE 4.95%となっています。

日本国内 パソコン ブラウザシェア率(2021年8月)の棒グラフ
日本国内 パソコン ブラウザシェア率(2021年8月)の棒グラフ

日本国内 パソコン ブラウザシェア率(2021年8月)の円グラフ
日本国内 パソコン ブラウザシェア率(2021年8月)の円グラフ

ブラウザシェア率ランキング(2021年8月)

順位 ブラウザ シェア率(%)
1 Chrome 62.51
2 Edge 15.86
3 Safari 7.71
4 Firefox 6.6
5 IE 4.95
6 360 Safe Browser 0.75
7 Opera 0.65
8 Edge Legacy 0.27
9 Mozilla 0.14
10 QQ Browser 0.12
11 Sleipnir 0.12
12 Sogou Explorer 0.12
13 Maxthon 0.05
14 Waterfox 0.04
15 Coc Coc 0.04
16 Yandex Browser 0.02
17 Whale Browser 0.02
18 Pale Moon 0.02
19 Chromium 0.02
20 Vivaldi 0.01
21 UC Browser 0.01

パソコンOSのシェア率

ちなみに、パソコンOSにおける国内のシェア率は2021年8月時点で「Windows 70.53%、OS X 14.18%」でした。

順位 パソコンOS シェア率(%)
1 Windows 70.53
2 OS X 14.18
3 Unknown 14.06
4 Linux 0.75
5 Chrome OS 0.47

ブラウザシェア率年間推移(2020年8月〜2021年8月)

日本国内 パソコン ブラウザシェア率(2020年8月〜2021年8月)
日本国内 パソコン ブラウザシェア率(2020年8月〜2021年8月)

ブラウザシェア率(モバイル、世界全体)

ブラウザシェア率(2021年8月)

世界全体 パソコン ブラウザシェア率(2021年8月)の棒グラフ
世界全体 パソコン ブラウザシェア率(2021年8月)の棒グラフ

世界全体 パソコン ブラウザシェア率(2021年8月)の円グラフ
世界全体 パソコン ブラウザシェア率(2021年8月)の円グラフ

2021年8月時点における、世界全体でのモバイルにおけるブラウザシェア率は、Chromeが64.58%で一番大きく、続いてSafariが23.92%となりました。

ちなみに、2021年8月時点における世界全体でのモバイルOSのシェア率は「Android 72.74%、iOS 26.42%」となっています。日本ではiOSが人気でありますが、世界でみればAndroidの利用者数の方が多いです。

ブラウザシェア率ランキング(2021年8月)

順位 ブラウザ シェア率(%)
1 Chrome 64.58
2 Safari 23.92
3 Samsung Internet 5.38
4 Opera 2.04
5 UC Browser 1.87
6 Android 0.58
7 Firefox 0.51
8 QQ Browser 0.3
9 KaiOS 0.19
10 Whale Browser 0.15
11 Yandex Browser 0.14
12 Puffin 0.13
13 Edge Legacy 0.13
14 Unknown 0.04
15 Coc Coc 0.01

ブラウザシェア率年間推移(2020年8月〜2021年8月)

世界全体 モバイル ブラウザシェア率(2020年8月〜2021年8月)
世界全体 モバイル ブラウザシェア率(2020年8月〜2021年8月)

ブラウザシェア率 パソコン 世界全体

ブラウザシェア率(2021年8月)

世界全体 パソコン ブラウザシェア率(2021年8月)の棒グラフ
世界全体 パソコン ブラウザシェア率(2021年8月)の棒グラフ

世界全体 パソコン ブラウザシェア率(2021年8月)の円グラフ
世界全体 パソコン ブラウザシェア率(2021年8月)の円グラフ

2021年8月時点における、世界全体でのパソコン市場におけるブラウザシェア率は、Chromeが66.97%で一番大きく、続いてSafari 9.97%、Edge 8.84%、Firefox 8.07%となりました。

ブラウザシェア率ランキング(2021年8月)

順位 ブラウザ シェア率(%)
1 Chrome 66.97
2 Safari 9.97
3 Edge 8.84
4 Firefox 8.07
5 Opera 2.45
6 IE 1.43
7 360 Safe Browser 0.67
8 Yandex Browser 0.36
9 Edge Legacy 0.24
10 QQ Browser 0.21
11 Mozilla 0.19
12 Sogou Explorer 0.13
13 Coc Coc 0.12
14 Whale Browser 0.1
15 UC Browser 0.08
16 Maxthon 0.06
17 Chromium 0.03
18 Pale Moon 0.01
19 Waterfox 0.01

ブラウザシェア率年間推移(2020年8月〜2021年8月)

世界全体 パソコン ブラウザシェア率(2020年8月〜2021年8月)
世界全体 パソコン ブラウザシェア率(2020年8月〜2021年8月)

さいごに

以上、「国内 世界 モバイル パソコン」においてブラウザシェア率を比較してみました。

これらのデータをWebサイト運営などで活用する場合には、市場がどのようなユーザーで成り立っているのかよく調べる必要があるでしょう。世界全体のひとくくりにまとめましたが、各国によってブラウザシェア率はさまざまです。

たとえば中国のパソコンブラウザを見ますと、Chromeが40%近く、続いて360 Safe Browserが20%以上を占めています。ヨーロッパ全体では、Chromeの61%につづいて、Firefoxが12.43%と第2位にランクインしています。

さらにご自身で Statcounter で調べてみてください。

また、たとえ数パーセントのブラウザ利用者数であっても、ネット人口を1億人とすればその1%は100万人です。まったく無視して良い数かどうかもよく考えなければなりません。年齢によっても、モバイルとパソコンの利用率は変わってくるでしょう。

他にもモバイルOSのシェア率や画面サイズのシェア率などを調べてますので、あわせてご参考になさってみてください。

YouTubeで モノ作りチャンネル料理チャンネルベースチャンネル 始めました!
記事に関するご質問などがあれば、
Twitter または お問い合わせ までご連絡ください。
人気のワイヤレスイヤホン
1万円台で買えるスマホ
やっぱりほしい!iPhone
文字入力に役立つアクセサリー
関連記事