絶対値回路でオクターバー【エフェクタ製作#10】

絶対値回路でオクターバー【エフェクタ製作#13】

この記事では、絶対値回路を使った2倍音発生器(オクターバー)の紹介をする。

絶対値回路とは、オペアンプで実現する全波整流回路である。この回路に信号を通すと、1オクターブ上がったような音が作れる。ただし、キレイなサイン波を信号とした場合であり、ギターなどの音を入力した場合は、1オクターブ上がった音に聞こえない場合もある。だから、エフェクターのオクターバーとは少し違うが、2倍音を発生させる回路であることには間違いない。

この回路は、エフェクター内での音色の味付けとして大いに利用できる。

絶対値回路の案1
絶対値回路の案1

最初は、こちらの記事で紹介した絶対値回路をもとに入力バッファ付け加えてモジュール化しようと考えた。オペアンプの入力インピーダンスが低いため、ギターなどのハイインピーダンスの楽器を直接受けることができずどうしてもバッファが必要だったのだ。

するとこのような大袈裟な回路になってしまう。

そこで、もっとシンプルに全波整流できないだろうかと回路図を探していたところ、こちらのTEXAS INSTRUMENTSの資料を発見した。

絶対値回路がもっとシンプルに作れるようなので試さない手はない。さっそく、この中からいくつか回路を組んで実験した。そうして、次の回路でモジュール化することにした。

Minify絶対値回路
Minify絶対値回路

この回路は、非反転入力を使っているためインピーダンスを高くすることができる。よって、オペアンプ1つだけでハイインピーダンス楽器の信号を全波整流できるのだ。

絶対値回路モジュール
絶対値回路モジュール

銅基板をレジストペンで配線し、エンチングして作った絶対値回路モジュールだ。モジュールにしておくと、ブレッドボードですごく使いやすくて実験が捗る。

サイン波の全波整流
サイン波の全波整流

さて、オシレータで1kHほどの正弦波を入力した時の出力をオシロスコープで観察した。写真のようにマイナス側の波形が反転して、全波整流になっている。ただし、山の大きさが均一でないので正確な意味での絶対値回路としては改良が必要だが、エフェクターなんかで使う分にはこれで十分。

エフェクター製作にオススメの書籍

最後にエフェクターの電子工作でオススメな書籍を紹介しておく。どちらの書籍も大塚明先生が書いたもので大変良書だ。しかし、残念ながら現在廃盤になっている。品切れまたは高価格になっているので、もし安く手に入るようなら買って損はないだろう。

  • 専門的知識がない方でも、文章が読みやすくおもしろい
  • エレキギターとエフェクターの歴史に詳しくなれる
  • 疑問だった電子部品の役割がわかってスッキリする
サウンド・クリエーターのためのエフェクタ製作講座
サウンド・クリエーターのためのエフェクタ製作講座

パーツとハンダゴテとやる気があれば、あなたは必ずエフェクタ、音響機材を自作できる。全26機種の製作記事を一挙掲載。

AmazonRakuten
サウンド・クリエイターのための電気実用講座
サウンド・クリエイターのための電気実用講座

面白くないものはつまらない。 音や音楽に興味があるけど、電気の公式は見たくもない人、電気を「理科系」だと思っている人、勉強が嫌いな人、あなたのための本です。電気って、本当はすごく面白い。夢とロマンの世界なんです。それを知ってもらうために純粋文科系の私が書きました。読んでくれた人、ありがとう!これから読む人、よろしく!

AmazonRakuten

また、こちらは別の方が書いた本だが写真や図が多く、初心者の方でも安心して自作エフェクターが作れると思う。実際に製作する時の、ちょっとした工夫もたくさん詰まっているので大変参考になった。

ド素人のためのオリジナル・エフェクター製作【増補改訂版】 (シンコー・ミュージックMOOK)
ド素人のためのオリジナル・エフェクター製作【増補改訂版】 (シンコー・ミュージックMOOK)

大好評だった「ド素人のためのオリジナル・エフェクター製作」が、増補改訂版としてパワー・アップ!本書は、電気の知識が少ない人でも簡単にエフェクターを作れるようになるという超初心者向けの指南書で、今まで自作を諦めていた人でも必ず作れるよう分かりやすく解説しています!

AmazonRakuten

Amazonでお得に購入するなら、Amazonギフト券がオススメ!

\Amazonギフトがお得/

コンビニ・ATM・ネットバンキングで¥5,000以上チャージすると、プライム会員は最大2.5%ポイント、通常会員は最大2%ポイントがもらえます!
Amazonギフト券

\この記事をシェアする/