canonicalタグの意味と使い方を詳しく解説-SEO対策


画像の拡大

この記事では、canonicalタグの意味と使い方を詳しく解説していく。具体的には次の3つのトピックで解説していく。

  1. canonicalタグとは
  2. canonicalタグを入れた方が良い理由
  3. canonicalタグの使い方

SEO対策としても有効なのでぜひ参考に。

canonicalタグとは

canonicalタグとは、URLの正規化を意味する。似た内容のページがいくつもある場合、Google検索エンジンからの評価が下がってしまう。そこで、canonicalタグを使って1つのページへ向けて評価を集めることを行うのだ。これをURLの正規化と読んでいる。

英語のcanonicalには「規準的な・標準的な」という意味からも、なんとなくイメージできると思う。

canonicalタグを入れた方が良い理由

canonicalタグを入れた方が良い理由は、言ってしまえばGoogleがアナウンスしているからである。Googleが発表した、検索エンジン最適化スターターガイドには次の通り書かれている。

「サイト内で重複するコンテンツや、重複に近いバージョンを作ってはいけない」

しかし、似たようなページがすでに存在しており、それらの評価を下げたくない場合はどうすればよいか。解決方法として、似たようなページを1つのページへ向けて、Googleからの評価をまとめる方法がある。このような働きをしてくれるのがcanonicalタグなのだ。

具体的にみていこう。たとえば、次のようなURLでアクセスできたとしよう。これらはhttphttpswwwの違いだけでページの内容はどれもまったく同じだ。

  • https://101010.fun/something.html
  • http://101010.fun/something.html
  • https://www.101010.fun/something.html

しかし、URLが違うために検索エンジンは「似た記事が3つある」と判断してしまう恐れがある。そうなれば記事ページの評価が下がり、検索順位を上げることができなくなってしまう。

そこでcanonicalタグの出番だ。これらのURLを1つのページとしてcanonicalタグで正規化してあげる。次ではcanonicalタグの具体的な使い方を説明していく。

canonicalタグの使い方

先ほどの重複した3つのページを例に、canonicalタグで正規化してみよう。

  • https://101010.fun/something.html
  • http://101010.fun/something.html
  • https://www.101010.fun/something.html

たとえば、https://101010.fun/something.htmlへ正規化したい場合、<head></head>内に次のcanonicalタグを記述すればよい。

<link rel="canonical" href="https://101010.fun/something.html">

こうすることで、Google検索エンジンはhttps://101010.fun/something.htmlが本命のページであると理解させられる。

また、実際にHTMLファイルが違くても似たような内容となってしまうケースもあるだろう。そのような場合でも、canonicalタグを使ってURLの正規化が可能だ。たとえば、次の3つのURLをsomething1.htmlへ正規化したい場合を考える。

  • https://101010.fun/something1.html
  • https://101010.fun/something2.html
  • https://101010.fun/something3.html

この場合は、something1.htmlsomething2.htmlsomething2.htmlの3つのHTMLファイルの<head></head>内に次の記述をする。

<link rel="canonical" href="https://101010.fun/something1.html">

canonicalタグのURLを同じにすることで、検索エンジンがそのURLへ向けて評価してくれるようになるのだ。以上でcanonicalタグの説明を終わる。

SEO対策するならGoogleが発表した資料をゼッタイ読んでおこう

SEO対策まとめ〜厳選!ブログで使える施策〜の記事で、自分なりにSEO施策をまとめてみたのでよかったらご参考に。

SEO対策に使えるChrome拡張機能「META SEO inspector」

Chromeの拡張機能のMETA SEO inspectorを入れておくとSEO対策にとても便利。

META SEO inspectorは、閲覧しているページがGoogle検索エンジンに最適されているソースコードかどうか一目でわかる。descriptionタグが書かれていなかったり、画像のaltタグに記述がなかったりすれば注意されるのだ。

今回のcanonicalタグの存在を知ることができたのも、実はこのMETA SEO inspectorのおかげだった。無料ツールなので入れておいて損はないだろう。

META SEO inspector
META SEO inspector

META SEO inspector

記事に関するご質問などがあれば、
@tosisico または お問い合わせ までご連絡ください。
関連記事