Kotlinでオブジェクト(object)の動作確認



objectを使っていくつか遊びがてら実験してみた。オブジェクトに関してもやもやしていたが少しだけつかめてきた気がする。





companion object でシングルトンの動作確認


Kotlinでcompanion objectを使ってJavaのStatic変数のような動作を行ってみた。次のHogeクラスはシングルトンパターンの基本的な形である。



実行結果は次の通りとなる。確かにcompanion objectで囲まれた変数counterはインスタンスが一つだけとなっているようだ。

hoge1 : 0
hoge1 : 1
hoge1 : 2
hoge1 : 3
hoge2 : 4
hoge2 : 5
hoge2 : 6
hoge1 : 7






メソッドの関数オブジェクト


次のプログラム内のように、関数自体をオブジェクトとして扱う使うことが出来る。ただし、Hogeクラスのインスタンスを生成する必要がある。



実行結果は次の通り。
countUp1 : 0
countUp1 : 1
countUp1 : 2
countUp1 : 3






インタフェースとオブジェクトの組み合わせ


次のプログラムはOkHttpのCallbackで使うようなパターンだ。



実行結果は次の通りとなる。

counter セット (0)
counter ゲット (0)
counter セット (1)
counter ゲット (1)
counter ゲット (1)
counter セット (2)
counter ゲット (2)
counter ゲット (2)
counter セット (3)
counter ゲット (3)
counter ゲット (3)
counter セット (4)
counter ゲット (4)
counter ゲット (4)
counter セット (5)
counter ゲット (5)


Kotlinプログラミング

Kotlinは、Javaとの相互運用を可能にし、Android OSでGoogleがフルサポートする静的型プログラミング言語です。この言語は、Javaだけでは十全ではない(Javaだけでは実装に手間がかかりすぎる)、軽量かつ豊かな表現形式や、他言語ではすでに実装されている最新の機能を盛り込んでいます。

KindleAmazon

基本からしっかり身につくAndroidアプリ開発入門

圧倒的な多数のユーザーが使っているヤフーのアプリ。その制作の最前線にいる黒帯エンジニアが、ユーザーが使いやすいアプリの大切な基本をしっかりと解説します。

KindleAmazon


あなたにおすすめ