startActivityForResultを使ってみる【Android/Kotlin】



今までActivity間の画面遷移におけるデータの受け渡しは、シングルトンやPreferenceなどでパターンでやっていたが、簡単なものならstartActivityForResultを使えば便利そうだ。
ここでは単純なモデルで、startActivityForResultを使ったデータの受け渡しの動作確認をしていこう。






仕様


MainActivityとSubActivityを作って、このように遷移させる。



SubActivityからメッセージを受け取って、MainActivityのTextViewへ反映させるといったシンプルなものだ。また、端末の戻るボタンで戻った場合には、違うメッセージを表示させる。





MainActivity


それでは、MainActivityから見ていこう。



startActivityForResult(intent, 9) では、AcrequestCodeに値をセットすることで、Activityごとに処理を分けることができる。

onActivityResult(requestCode: Int, resultCode: Int, data: Intent?) は、戻ったときにコールバックされるメソッドだ。ここでは、resultCodeでActivityを識別して、Intentからデータを取り出している。また、Activity.RESULT_CANCELEDの場合は、端末の戻るボタンが押されたものと判断させている。






SubActivity


次に、遷移先であるSubActivityを見ていこう。


setResult(Activity.RESULT_CANCELED)で予めキャンセル指定している。最初にキャンセルされた結果をセットしておくことで、端末の戻るボタンでRESULT_CANCELEDが認識されるようにしている。しかし、デフォルトでRESULT_CANCELEDが設定されているようなので、この記述はなくても良いのかもしれない。
setResult(Activity.RESULT_OK, Intent)では、渡したいデータをIntentを使ってセットしている。この場合、キーを"message"とし、値に "Hello! I'm from SubActivity!⛄️" をセットしている。

以上のようにプログラムすることで、最初の図のような画面結果が得られる。





Intentの役割




コンポーネントは、他のコンポーネントを呼び出すことができる。そのときに、情報をメッセージとしてAndroidシステムに渡す仕組みをIntentと呼ぶ。ここでのコンポーネントとは、アクティビティやサービスのことである。
つまり、ActivityからActivityへ直接値を渡しているのではないということ。AndroidシステムへIntentを投げて、それに適合したActivityが呼び出されるといったイメージだ。

基本からしっかり身につくAndroidアプリ開発入門

圧倒的な多数のユーザーが使っているヤフーのアプリ。その制作の最前線にいる黒帯エンジニアが、ユーザーが使いやすいアプリの大切な基本をしっかりと解説します。

KindleAmazon

Kotlinプログラミング

Kotlinは、Javaとの相互運用を可能にし、Android OSでGoogleがフルサポートする静的型プログラミング言語です。この言語は、Javaだけでは十全ではない(Javaだけでは実装に手間がかかりすぎる)、軽量かつ豊かな表現形式や、他言語ではすでに実装されている最新の機能を盛り込んでいます。

KindleAmazon


あなたにおすすめ