角丸表現 (Android Kotlin)



角丸表現


レイアウトを角丸で表現するにはdrawableにソースファイルを作って行うことになる。

まずresdrawableディレクトリにshape_rounded_corners_10dp.xmlという名前でdrawable resource fileを新規作成する。そして内容は次のように書き込んだ。



LinearLayoutButtonTextViewなどのbackground属性に先程のリソースファイルを指定する。このようにandroid:background="@drawable/shape_rounded_corners_10dp"を指定してあげれば、はじめの図のような角丸表現ができる。


タイトルバーを非表示にする


余談だがタイトルバーの非表示設定はマニフェストのthemeを次のように修正すると可能となる。

android:theme="@style/Theme.AppCompat.Light.NoActionBar"





参考


Shape drawable (Android Developers/Docs/Guides)
Android タイトルバーを隠す AppCompatActivity編


関連記事


非同期 & ネットワーク処理
はじめてRetrofitを使ってみる (Android Kotlin)
非同期処理でCoroutine(コルーチン)を使ってみる (Android Kotlin)
OkHttpでHTTP通信 (Android Kotlin)
スレッド処理 (Android Kotlin)

View & レイアウト
リサイクラービューを使ってリスト表示 (Android Kotlin)
角丸表現 (Android Kotlin)
onSaveInstanceStateで画面回転時の状態の保存と復元 (Android Kotlin)
ListViewを簡単なモデルで理解しよう (Android Kotlin)
バネアニメーション (Android Kotlin)
startActivityForResultを使ってみる (Android Kotlin)
ActivityとFragmentの連携を理解する (Android Kotlin)
DataBinding機能を使ってみる (Android Kotlin)
タッチイベントのフック (Android Kotlin)
DialogFragmentを使ったダイアログの表示 (Android Kotlin)

サウンド
これってSoundPoolのバグ?(Android Kotlin)
SoundPoolを使ってゲームの効果音を再生する (Android Kotlin)

データ & オブジェクト
Kotlinでオブジェクト(object)の動作確認
データクラスとタプル (Android Kotlin)
Null安全、ぬるぽバイバイ (Android Kotlin)




あなたにおすすめ