Androidアプリ開発で使える小技メモ

Android/Kotlinで使える小技メモ【Androidアプリ開発】
Android/Kotlinで使える小技メモ【Androidアプリ開発】

ここでは、Kotlinで使える便利な技をご紹介。実際にアプリ開発で役立つ小技を忘備録的にまとめました。

縦画面と横画面のときのレイアウトを変えたい

res ディレクトリに layout-land を作る。 サイドメニューを Project 表示にして、layout-land の中に横画面用レイアウトファイルを入れる。ファイル名は縦画面の時と同じにすると、自動で読み込むファイルが振り分けられるようになる。

削除してしまったファイルを戻したい

削除したファイルがあったディレクトリを右クリック、Local History → Show History へ進む。

削除したファイルを見つけて、Revert Selectionを実行する。

Debugとrelease時で動作を分けたい

次のようにして条件分岐することでDebug時のみ実行したいプログラムを書くことができる。

kotlin
if (BuildConfig.DEBUG) {
  /* ここにデバッグ時のみ実行したい処理を書く */
}

DebugとreleaseのBuild切り替えは、サイドメニューのBuild Variantsで設定できる。

AdMob広告が表示されない

アプリにバナー広告を埋め込んでテストしようとしたところ、広告が表示されなくてハマった。

kotlin
adView.adListener = object: AdListener() {
    override fun onAdFailedToLoad(errorCode : Int) {
        // Code to be executed when an ad request fails.
        Log.d("Mopi","onAdFailedToLoad(errorCode : Int)" + errorCode)
    }
    ...
}
adListeneronAdFailedToLoaderrorCode3と返ってくる。リクエスト自体は成功しているが、配信される広告がない場合に発生するようだ。

Test Deviceの登録をしたら解決した。最新のAdMobモジュールではTest Deviceの登録方法が変わったようで次のようにして設定する。Test Device IdはLogcatに表示されていると思うのでそこから拾ってくる。

kotlin
val configuration = RequestConfiguration.Builder().setTestDeviceIds(Arrays.asList("Test Device Id")).build()
MobileAds.setRequestConfiguration(configuration)

以上で記事の説明を終わる。

▼ こんな記事も書いてます。

▶︎ 類似した記事を探す #Androidアプリ開発 #Android Studio

最後までご覧いただきありがとうございます!

▼ 記事に関するご質問やお仕事のご相談は以下よりお願いいたします。
お問い合わせフォーム

関連記事