リュック・ショルダーにマウントできるUlanziカメラホルダーのご紹介

 

リュック・ショルダーにマウントできるUlanziカメラホルダーのご紹介
リュック・ショルダーにマウントできるUlanziカメラホルダーのご紹介

散歩のときや自転車に乗っているときに、今まではデジタル一眼レフカメラをバッグに入れて持ち運んでいました。カメラの出し入れが結構めんどうでして、肝心のシャッターチャンスを逃してしまったり、そもそも写真を撮ること自体がおっくうになってしました。

そこで、なんとかカメラの出し入れ作業を無くせないかと考えていたところ、こちらのUlanzi CLAWバックパッククリップカメラホルスターがとても便利でしたのでご紹介いたします。

リュック・ショルダーにマウントできるUlanzi CLAWバックパッククリップカメラホルスター

こちらが、リュック・ショルダーにマウントできるUlanziカメラホルダーです。

Ulanzi CLAWバックパッククリップカメラホルスター
Ulanzi CLAWバックパッククリップカメラホルスター

さすがUlanziといった感じで、高級感があり、頑丈な作りになっています。重さは113gでした。

他にも、Ulanzi製品はカメラ用クランプでも使っています。

クイックリリースで脱着がめちゃラク

Ulanzi CLAWバックパッククリップカメラホルスターの最大の特徴である、クイックリリースによって、カメラマウント時の脱着がとってもラクです。

こちらの映像のように、両端のボタンを押しながらカンタンに脱着できます。いちいちリュックにカメラを戻す時間や手間が、大幅に節約できます。

クイックリリースの動作
クイックリリースの動作

また、下の写真のように、ロックをスライドすることでリリースできなくなりますので、事故防止になります。

Ulanzi CLAWカメラホルダーのロック機能
Ulanzi CLAWカメラホルダーのロック機能

1/4ネジプレート

Ulanzi CLAWバックパッククリップカメラホルスターには、1/4ネジプレートが付属します。一般的なカメラのネジ穴は1/4インチネジです。カメラのネジに、このネジプレートを固定しておく必要があります。

1/4ネジプレートをカメラに装着
1/4ネジプレートをカメラに装着

ショルダーバッグにカメラをマウント

Ulanzi CLAWバックパッククリップカメラホルスターをリュックやショルダーに固定する場合、厚さは1cm、横幅は7cm程度までになります。

実際に、ショルダーバッグにカメラをマウントしてみました。

ショルダーにカメラを付けていても、散歩中で邪魔になることはありませんでした。むしろ、あまりにもカメラを取り出しやすいため、頻繁に写真撮影するようになりました。また、ストラップでカメラを肩にぶら下げる方法よりも歩きやすいです。

自転車に乗りながらショルダーマウント

カメラをショルダーマウントして、自転車に乗ってみました。

カメラをショルダーマウントして自転車に乗っている様子
カメラをショルダーマウントして自転車に乗っている様子

自転車に乗りながらですと、リュックの都合で少しカメラが揺れてしまいました。ここらへんは、取り付け方の工夫や、リュックの種類によって改善できるかと思います。

ちなみに写真で使っているショルダーバッグは、こちらのノースフェイスのウエストバッグを使っています。ヒップバックのように腰に装着することもできますので、長時間のサイクリングの際に肩が痛くならずに済みます。

注意点

Ulanzi CLAWバックパッククリップカメラホルスターでは、ひとつだけ注意点があります。

移動するときは、クイックリリースをしっかりはめ込めたかどうか確認してください。クイックリリースの装着があまいと、カメラ本体を落としかねません。不安でしたら、カメラストラップを首などにかけて、保険をかけておくことをオススメします。

記事に関するご質問などがあれば、
Twitter または お問い合わせ までご連絡ください。
関連記事