【自転車パーツ交換】ERGON GP2グリップに交換してみた

【自転車パーツ交換】ERGON GP2グリップに交換してみた

クロスバイクのハンドルグリップを、ERGON GP2に変えてみたのでそのレビューをしてみたいと思います。ERGON GP2はバーエンドバーが一体になっているグリップです。ERGONグリップはサイズにSとL、ロングとショートがあるため、その注意点も解説いたします。

はじめに

以前クロスバイクでバーエンドバーを内側に取り付けてみたでグリップ周りを改造した記事を書きました。内側バーエンドバーのおかげで体の負荷は軽減されたものの、あまり使わなくなってしまったのが正直なところです。というのも、荒川サイクリングロードなどの単調な道だとどうしてもハンドルの端(バーエンド)を握りたくなってしまいます。

そこで今回、内側バーエンドバーをやめてサイクリストに好評のあるバーエンド付きのERGONグリップGP2に交換してみることにしました。

ERGON(エルゴン)とは

ERGON
ERGON

ERGON(エルゴン)は公式サイトによると、ERGONはドイツのコブレンツから発祥した企業です。主に自転車のサドルやグリップを作っている会社です。

ERGONという名前はErgonomicsから由来されているようで、エルゴノミクスとは「人間工学」の意味を持ちます。ですから製品開発も人間工学に基づいて、サイクリストを思いやった設計思想であると謳っています。

ERGON GPシリーズのバージョン

さて、今回私が購入したグリップはERGONのGP2になります。GPシリーズでは全部で5段階のバージョンが用意されています。バージョンが上がるほどバーエンドバーの長さが長くなっていきます。

ERGON GP1

ERGON GP2

ERGON GP3

ERGON GP4

ERGON GP5

まるでフリーザの変身形態さながら、どんどんいかつくなっていきますよね(笑)

GP5にいたってはやりすぎなのでは?と思いますが、Amazonでは大人気なようですよ。

ERGONグリップのSとLの違い

ERGON GPシリーズのグリップを購入する際、S/Lやロング/ショートの表記があります。ここではそれらの違いを説明していきます。

まず、SとLの違いですが、これは手で握る部分の大きさの違いになります。つまりスモールとラージの違いになります。

女性の方ならSが良いかと思います。男性の方ならLで良いのではと思いますが、グローブを毎回する方であればSでちょうど良いかもしれません。

私は身長180cmありますが、Sを選びました。

ERGONグリップのロングとショートの違い

次に、ロングとショートの違いです。

ERGONのGP2を選ぶときにいくつかロングとショートのパターンがあります。それは次のとおりです

用途
ロング ロング トリガーシフト用
ロング ショート グリップシフト用
ショート ショート グリップシフト用

シフトチェンジが親指で押すトリガーシフトでしたらロング/ロングでOKということになります。また、ハンドル周りの備品スペースを確保したい方は、あえてショート/ショートでも良いと思います。

私の場合はショート/ショートが良かったのですが、少し割高だったため仕方なくロング・ロングを選びました。ロング・ロングでもクロスバイクでバーエンドバーを内側に取り付けてみたのようにグリップの長さをカットして後から短くすることは可能です。

グリップをご購入する際は、SとL、ロングとショートにお間違えないように!

グリップ交換

Amazonで注文した商品がさっそく翌日に届きました!ERGONのGP2-S ロング・ロングです!

ERGON GP2
ERGON GP2

▼ こちらからご購入されれば私と同じものが届くはずです(ただしSサイズなので少し細いです、ご注意ください)

さきほどの写真では片側しか梱包されてないように思われますが、パッケージの裏側にもう片方のグリップが収納されています。

▼ 取扱説明書も充実しています。自転車でよく使うアーレンキー(六角レンチ)でカンタンに交換可能ですので、交換方法の詳細は取扱説明書にまかせることにします。

取り扱い説明書
取り扱い説明書

取り扱い説明書
取り扱い説明書

22mmのハンドル径でないと入りませんのでご注意ください。ハンドル径が不明な方はノギスで確認しておきましょう。

さて、こんな感じでサクッとグリップを交換してみました。

ELGON GP2のグリップ
ELGON GP2のグリップ

ERGON GP2、クロスバイクによく似合っていてかっこいいですね!

ELGON GP2のグリップ
ELGON GP2のグリップ

バーエンドバーの角度調整

バーエンドバーの角度はグリップと独立して変えられます。ご自身の姿勢に合わせて調整なさってみてください。

ERGON GP2のバーエンドバー
ERGON GP2のバーエンドバー

1年間お世話になった内側バーエンドバーともこれでお別れと思うとちょっとさみしいですね😢 とはいえERGONのバーエンドバーが気に入らなければ、またもとに戻しますが!(笑)

走ってみた感想

ERGON GP2に交換してから荒川サイクリングロードを走ってみました。

あのぉ..「ERGON GP2」さいこーですね!!!

グリップでこんなに走りが楽になるの!?ってくらい走りやすいです。

荒川サイクリングロードのような単調な道ですと、フラットバーは疲れます。ですが、ご覧の通りバーエンドバーを握ることで腕の形が自然になり、疲れにくくなりました。

ERGON GP2で試走してみた映像
ERGON GP2で試走してみた映像

また、フラットバーですと体の横揺れがしやすかったのですが、バーエンドバーですとほとんど横揺れせずに真っ直ぐ走れるようになりました。正直、内側バーエンドバーよりもこちらのほうが優れていると思います。

ただ、以前のグリップがERGON GP1のLサイズだったため、Sは少し細く感じます。Lよりも振動が伝わりやすいです。ここは慣れの問題かもしれません。また、グローブをすればそれほど気にはなりません。男性の方ならLサイズで良いかもしれませんね。

▼ ちなみにグローブはこちらのモノを使ってます。

ERGON GP2、かなりオススメなグリップでした!

「キッチンノート.fun」という料理サイトを立ち上げました!このサイトで紹介していた料理記事は、そちらへ移動しました。
記事に関するご質問などがあれば、
Twitter または お問い合わせ までご連絡ください。
クロスバイクにオススメパーツ
クロスバイクメンテ必需品
サイクリング夏の必需品
サイクリング冬の必需品
関連記事