Visual Studio CodeでArduino開発をはじめよう

 

Visual Studio CodeでArduino開発をはじめよう
Visual Studio CodeでArduino開発をはじめよう

この記事では、Visual Studio Code(VS Code)を使った、Arduino開発のやり方をご紹介します。VS Codeの拡張機能を使えば、Arduinoスケッチのアップロードや、シリアルモニタの表示などがVS Codeからおこなえます。

VS Codeとは、Microsoftが開発しているWindows、Linux、macOS用のソースコードエディタです。とても軽量でサクサク動き、拡張機能も充実しています。今回紹介する拡張機能も、じつはMicrosoftが開発したものです。

もし、Arduino IDEが使いづらい人は、この機会に、VS Codeに乗り換えてみてはいかがでしょうか?

VS CodeでArduino開発環境の準備

ここでは、VS CodeでArduino開発するために必要な準備をおこなっていきます。

開発環境

この記事の作業は、こちらの環境下で行いました。

項目バージョン
パソコンmacOS Big Sur 11.0.1
VS CodeVersion: 1.52.1
Arduino IDEVersion: 1.8.10

VS CodeでArduino開発するためには、既存のArduino IDEも必要ですので予めインストールしておいてください。

VS CodeにArduino拡張機能をインストール

VS CodeのExtensionsから「arduino」で検索し、Microsoftが開発したArduino拡張機能をインストールします。

VS CodeにArduino拡張機能をインストール
VS CodeにArduino拡張機能をインストール

VS CodeでArduino開発

ArduinoのためのVS Codeコマンドパレット

VS CodeでArduino開発を行うためには、基本的にコマンドパレットを利用します。

shift + command⌘ + Pでコマンドパレットを開き、「arduino」で検索します。すると、Arduino関連のメニューがたくさん表示されます。この中から必要な作業を選んでいく形になります。

使い方コマンドパレットでarduino検索
使い方コマンドパレットでarduino検索

サンプルプログラムの表示

Arduino IDEに存在していたサンプルプログラムは、VS Codeからも表示が可能です。コマンドパレットから、「Arduino: Examples」を選択してみましょう。

Arduino IDEのサンプルを開く
Arduino IDEのサンプルを開く

▼ 写真のように、VS Codeの右サイドにサンプルプログラムのエクスプローラーが表示されます。

サンプル開く
サンプル開く

Arduinoボードの選択

つぎに、Arduinoボードを選択してみましょう。コマンドパレットから「Arduino: Board Config」を選択します。ここでお使いのボードを探し、選択します。

Arduinoボードの選択
Arduinoボードの選択

シリアルポートの選択

シリアルポートの選択は、VS Codeの下部ナビゲーションから行えます。画面右下のあたりに「Select Serial Port」の表示がありますので、それをクリックします。

右下のシリアルポートをクリック
右下のシリアルポートをクリック

▼ すると、シリアルポートの一覧が表示されますので、接続されているArduinoのポートを選択します。

シリアルポートの選択
シリアルポートの選択

スケッチのアップロード

スケッチをArduinoへアップロードするには、コマンドパレットの中から「Arduino: Upload」を実行します。また、macOSではoption + command⌘ + Uのショートカットキーを使って、スケッチの書き込み可能です。

スケッチをArduinoへアップロード
スケッチをArduinoへアップロード

ただし、スケッチのアップロード中にArduino IDEが一瞬起動します。とくにそのまま何もせず待ちましょう。アップロードが完了すると、Arduino IDEは自然と閉じます。

シリアルモニターの表示

VS Codeからシリアルモニターの表示がおこなえます。コマンドパレットで「Arduino: Open Serial Monitor」を選びます。

シリアルモニターの選択
シリアルモニターの選択

▼ ウインドウの下半分を使って、シリアルモニターが表示されます。

シリアルモニターの表示
シリアルモニターの表示

シリアル通信速度の変更

シリアル通信速度を変更するには、「Arduino: Change Baud Rate」を選びます。

シリアル通信速度を変更
シリアル通信速度を変更

▼ すると、通信速度の一覧が表示されますので適切なものを選んでください。

シリアル通信速度メニュー
シリアル通信速度メニュー

以上で、VS CodeでArduino開発するやり方の説明をおわります。

その他にも、ボードモジュールの追加や、ライブラリマネージャーを開くこともできますので、いろいろ試してみてください。

ちなみに、VS Codeのショートカットキーを、Visual Studio Codeでよく使うショートカットキー【Mac】でまとめてありますので、ご参考になさってみてください。

【おまけ】ターミナルでシリアルモニタ表示

Macのターミナルでシリアルモニタの表示を行うことができます。シリアルモニタの表示は、screenコマンドを使用します。screen ポート 通信速度のようにして、Arduinoから送られてくるシリアルデータを表示させてみましょう。

$ screen /dev/tty.usbserial-0152F324F3 115200

終了するときは、ctrl + aを押してから、kを押し、さらにyを実行すれば終了できます。ぜひ、試してみてください。

記事に関するご質問などがあればTwitterへお返事ください。
この記事で紹介した商品
人気のArduino互換機
Arduinoで人気の周辺パーツ
Arduinoのオススメ参考書

▼ Arduino初心者向きの内容となっています。ほかのArduino書籍と比べて図や説明がとてもていねいで、読みやすかったです。Arduinoで一通りのセンサーが扱えるようになります。

▼ 外国人が書いた本を翻訳したものです。この手の書籍は、目からうろこな発見をすることが多いです。

▼ Arduinoの入門書を既に読んでいる方で、次のステップを目指したい人向きの本です。C言語のプログラミングの内容が中心です。ESP32だけでなく、ふつうのArduinoにも役立つ内容でした。

関連記事