Visual Studio Codeでよく使うショートカットキー【Mac】

 

Visual Studio Codeでよく使うショートカットキー【Mac】
Visual Studio Codeでよく使うショートカットキー【Mac】

この記事では、macOSで個人的によく使うVisual Studio Code(VS Code)のショートカットキーをまとめてみました。ショートカットキーを活用すると、作業がはかどり、長く作業していても疲れにくくなります。すべてのシュートカットキーを覚えるのは不可能ですので、よく使う操作を中心に、ひとつひとつ覚えていきましょう。

この記事では、基本操作、ワークスペース操作、タブ操作、スプリットエディタ操作の4つに分けてショートカットキーを紹介しています。お探しのショートカットキーがおありでしたら、目次をご活用ください。

基本操作のショートカットキー

ここでは、基本操作のショートカットキーを紹介します。

ワークスペース内のファイルを検索

command⌘ + P

ワークスペース内のファイルが検索できる
ワークスペース内のファイルが検索できる

基本、パレットを閉じるときはESCを押します。

コマンドパレットの表示

command⌘ + shift + P

コマンドパレットが表示された
コマンドパレットが表示された

Settings表示

command⌘ + ,

Settings画面が表示された
Settings画面が表示された

ショートカットキーの割り当て変更

VS Codeでデフォルトのショートカットキーが気に入らない場合は、ショートカットキーの割り当てを変更することができます。

コマンドパレットから「key」で検索し、「Open Kerboard Shortcuts」を選択して、ショートカットキーの割り当てを変更してみてください。

ショートカットキーの割り当てを変更できる画面
ショートカットキーの割り当てを変更できる画面

ワークスペース操作のショートカットキー

ここでは、ワークスペース操作のショートカットキーを紹介します。

サイドメニューの表示・非表示

command⌘ + B

サイドメニューが表示された
サイドメニューが表示された

サイドメニューのExploreを直接表示

shift + command⌘ + E

サイドメニューのSearchを直接表示

shift + command⌘ + F

マークダウンプレビューを右サイドに開く

shift + command⌘ + V

ただし、拡張機能の「Markdwon Preview Enhanced」が必要です。

タブ操作のショートカットキー

ここでは、タブ操作のショートカットキーを紹介します。

タブの移動

shift + command⌘ + [ or ]

タブを移動できる
タブを移動できる

現在のタブを閉じる

command⌘ + W

現在のタブ以外すべて閉じる

option + command⌘ + T

↓ optionが使いづらいのでshiftへ割り当て変更しました。

shift + command⌘ + T

スプリットエディタ操作のショートカットキー

スプリットエディタを使えば、VS Codeの画面分割が可能になります。MacBookなど、画面サイズが限られている場合に、スプリットエディタは大活躍するでしょう。

スプリットエディタの表示

command⌘ + \

エディタが2分割された
エディタが2分割された

スプリットエディタの移動

option + command⌘ + or

エディタとターミナルを行き来する

shift + command⌘ + return

ターミナルが開いていなければ、ターミナルを表示しつつフォーカスします。ターミナルにいる時に、もう一度ショートカットキーを押すと、エディタへ移動します。

ターミナル表示とともにフォーカスも移動する
ターミナル表示とともにフォーカスも移動する

記事に関するご質問などがあればTwitterへお返事ください。
この記事で紹介した商品