トランジスタのhfe測定方法

トランジスタのhfe測定方法

トランジスタでよく出てくる\(h_{FE}\)とは、トランジスタが持つ電流増幅率のことである。つまり、わずかなベース電流を流した時に流れるコレクタ電流の比である。同じ型番のトランジスタでも\(h_{FE}\)にバラつきがあるという。今回はテスターを使って\(h_{FE}\)を測定する方法を紹介する。

\(h_{FE}\)は、ベース電流\(I_B\)を流した時のコレクタ電流\(I_C\)の比であるから、それぞれの値が分かれば次式で求めることができる。

$$h_{FE}=\frac{I_B}{I_C}$$

hfe測定回路
hfe測定回路

そこで、図のような回路を組んで電流を測定していく。測定器は一般のテスタで構わない。

1MΩの抵抗には数μA程度の電流しか流れず、手持ちのテスタで測定できなかったため電圧を計ってベース電流を算出した。

例えば、2SC1815のGRランクを測定してみると次の通り。

項目
\(I_B\)6.82μA
\(I_C\)2.1mA

よって、\(h_{FE}\)を計算すると308となった。GRランクの\(h_{FE}\)は200〜400なのでその範囲に収まっている。

同様にして、他の2SC1815のGRランクも測定してみたところ\(h_{FE}\)は260〜310の範囲に収まった。ちなみに1MΩにかかる電圧は他のトランジスタでもほぼ変わらないので、コレクタ電流だけ測れば良いだろう。

ついでに、2SC1815のBLランク\(h_{FE}\)も測定してみた。BLランクになると\(h_{FE}\)は350〜700と電流増幅率が大きくなる。

シリコントランジスター 2SC1815-BL
シリコントランジスター 2SC1815-BL

正規品、NPNシリコントランジスター、パッケージ:TO-92、IC:150mA、VCEO:50V、PC:400mW、hFE:350-700

Amazon

20個ほど測定したところ、600〜650の範囲に収まった。GRランクもBLランクも50程度の差に収まるようだ。ベース電流が変われば、つまり1MΩの抵抗を変えれば\(h_{FE}\)の値も変わってくるため、これらのデータはあくまでも目安としよう。

ちなみに、\(h_{FE}\)が分かるとトランジスタの入力インピーダンス\(h_{IE}\)を求めることができる。その計算はまた後の記事で紹介したいと思う。

最初からテスターに\(h_{fe}\)を測れる機能が付いているともっと便利。

AstroAI テスター デジタル テスター マルチメーター オートレンジ 6000カウント 電圧 電流 真の実効値 抵抗 連続性 静電容量 周波数 ダイオード トランジスタ 温度測定テスター 手動 自動モード 三年保証 日本語説明書付き DM6000AR
AstroAI テスター デジタル テスター マルチメーター オートレンジ 6000カウント 電圧 電流 真の実効値 抵抗 連続性 静電容量 周波数 ダイオード トランジスタ 温度測定テスター 手動 自動モード 三年保証 日本語説明書付き DM6000AR

Amazon

こちらの商品はトランジスタ専用のテスター。ファミコンのようなデザインで可愛い。

Longruner トランジスタテスター 日本語マニュアル マルチメーターテスター 1.8inch カラフルディスプレイ LCR-TC1テスター 多機能 TFTバックライト
Longruner トランジスタテスター 日本語マニュアル マルチメーターテスター 1.8inch カラフルディスプレイ LCR-TC1テスター 多機能 TFTバックライト

NPNとPNPトランジスタ、コンデンサ、抵抗、ダイオード、三極管、NチャネルとPチャネルMOSFET、IGBT、JFET、トライアックとバッテリなどの検出に広く使用できます。 対応する領域にコンポーネントのピンを置き、小さなハンドルをダイヤルすると、検出器が自動的にテストし、最終的にバックライトのTFT画面に結果が表示されます。 検出後、赤外線リモコンを「IR」ランプに合わせ、リモコンのボタンを押します。検出器が正常にデコードされれば、データコードと赤外線波形が表示されます。

Amazon

オススメの書籍

サウンド・クリエイターのための電気実用講座
サウンド・クリエイターのための電気実用講座

面白くないものはつまらない。 音や音楽に興味があるけど、電気の公式は見たくもない人、電気を「理科系」だと思っている人、勉強が嫌いな人、あなたのための本です。電気って、本当はすごく面白い。夢とロマンの世界なんです。それを知ってもらうために純粋文科系の私が書きました。読んでくれた人、ありがとう!これから読む人、よろしく!

Amazon
定本 トランジスタ回路の設計―増幅回路技術を実験を通してやさしく解析 (定本シリーズ)
定本 トランジスタ回路の設計―増幅回路技術を実験を通してやさしく解析 (定本シリーズ)

電子回路のブラックボックス化が進む中、現代のエレクトロニクス技術の原点といえるトランジスタ回路の設計技術を、基礎の基礎からやさしく解説しました。

Amazon
定本 OPアンプ回路の設計―再現性を重視した設計の基礎から応用まで (定本シリーズ)
定本 OPアンプ回路の設計―再現性を重視した設計の基礎から応用まで (定本シリーズ)

Amazon

Amazonでお得に購入するなら、Amazonギフト券がオススメ!

コンビニ・ATM・ネットバンキングで¥5,000以上チャージすると、プライム会員は最大2.5%ポイント、通常会員は最大2%ポイントがもらえます!
Amazonギフト券

あなたにおすすめ