トランジスタのhfe測定方法

トランジスタでよく出てくる\(h_{FE}\)とは、トランジスタが持つ電流増幅率のことである。つまり、わずかなベース電流を流した時に流れるコレクタ電流の比である。同じ型番のトランジスタでも\(h_{FE}\)にバラつきがあるという。今回はテスターを使って\(h_{FE}\)を測定する方法を紹介する。

Longruner トランジスタテスター 日本語マニュアル マルチメーターテスター
Longruner トランジスタテスター 日本語マニュアル マルチメーターテスター
Amazon

トランジスタのhfe測定方法
トランジスタのhfe測定方法

\(h_{FE}\)は、ベース電流\(I_B\)を流した時のコレクタ電流\(I_C\)の比であるから、それぞれの値が分かれば次式で求めることができる。

$$h_{FE}=\frac{I_B}{I_C}$$

hfe測定回路
hfe測定回路

そこで、図のような回路を組んで電流を測定していく。測定器は一般のテスタで構わない。

1MΩの抵抗には数μA程度の電流しか流れず、手持ちのテスタで測定できなかったため電圧を計ってベース電流を算出した。

例えば、2SC1815のGRランクを測定してみると次の通り。

項目
\(I_B\)6.82μA
\(I_C\)2.1mA

よって、\(h_{FE}\)を計算すると308となった。GRランクの\(h_{FE}\)は200〜400なのでその範囲に収まっている。

同様にして、他の2SC1815のGRランクも測定してみたところ\(h_{FE}\)は260〜310の範囲に収まった。ちなみに1MΩにかかる電圧は他のトランジスタでもほぼ変わらないので、コレクタ電流だけ測れば良いだろう。

ついでに、2SC1815のBLランク\(h_{FE}\)も測定してみた。BLランクになると\(h_{FE}\)は350〜700と電流増幅率が大きくなる。

シリコントランジスター 2SC1815-BL
シリコントランジスター 2SC1815-BL
Amazon

20個ほど測定したところ、600〜650の範囲に収まった。GRランクもBLランクも50程度の差に収まるようだ。ベース電流が変われば、つまり1MΩの抵抗を変えれば\(h_{FE}\)の値も変わってくるため、これらのデータはあくまでも目安としよう。

ちなみに、\(h_{FE}\)が分かるとトランジスタの入力インピーダンス\(h_{IE}\)を求めることができる。その計算はまた後の記事で紹介したいと思う。

最初からテスターに\(h_{fe}\)を測れる機能が付いているともっと便利。

AstroAI テスター デジタル テスター 電静電容量 周波数 ダイオード トランジスタ 温度測定テスター 手動 自動モード DM6000AR
AstroAI テスター デジタル テスター 電静電容量 周波数 ダイオード トランジスタ 温度測定テスター 手動 自動モード DM6000AR
Amazon

こちらの商品はトランジスタ専用のテスター。ゲームボーイのようなデザインで可愛らしい。

Longruner トランジスタテスター 日本語マニュアル マルチメーターテスター
Longruner トランジスタテスター 日本語マニュアル マルチメーターテスター
Amazon

オススメの書籍

サウンド・クリエイターのための電気実用講座
サウンド・クリエイターのための電気実用講座
Amazon
定本 トランジスタ回路の設計―増幅回路技術を実験を通してやさしく解析 (定本シリーズ)
定本 トランジスタ回路の設計―増幅回路技術を実験を通してやさしく解析 (定本シリーズ)
Amazon
定本 OPアンプ回路の設計―再現性を重視した設計の基礎から応用まで (定本シリーズ)
定本 OPアンプ回路の設計―再現性を重視した設計の基礎から応用まで (定本シリーズ)
Amazon
記事に関するご質問などがあれば、ぜひTwitterへお返事ください。