Bass Booster ベースブースターの製作、Hog's Foot【エフェクタ製作】


画像の拡大

今回は、エレハモの「Hog's Foot」の回路を改造して、オリジナルの自作エフェクターを製作してみた。Hog's Footはベース音を底上げしてくれるベースブースターだ。音色変化は地味だがとても簡単な回路になっているので、エフェクター製作手始めとしてはちょうど良い感じだ。

回路図


画像の拡大

巷に流れている回路図を参考に、抵抗などの定数を少し変えてある。

2つの0.1μF(104)のコンデンサーがポイントで、ベースブースターの音色を特徴付ける要素となっている。これを外しても動作するが、ただ単に音量が上がるだけの増幅回路となってしまう。このブースターを通した後は、ギターやベース内臓のトーンが効かないほどハイがカットされているので、好みでコンデンサーの値を小さくしても良いかもしれない。

今回の回路ではボリュームを省略した。必要であれば入力段にVR10kB、または出力段にVR100kBの可変抵抗を付ければ良いだろう。

また、本来のHog's Footでは入力直後に33kΩの抵抗が直列で入っているようだ。インピーダンスを稼ぐためだと思うが、これを入れると音量がだいぶ下がってしまう。せっかくのブースターなのに、音量がさがってしまったらブースターらしくないので取ってみることにした。


画像の拡大

エフェクターの音

前半はエフェクターなしの演奏、後半は今回作ったBass Boosterを通した演奏となっている。

バスブースターと言うか、強烈なローパスフィルターって感じ。Hog's Footを使ったことはないが、ほとんど回路は同じだから、そもそもこういう音として納得するしかない。原音とBass Boosterをミックスさせればもう少し使い勝手がよくなりそう。ちなみに大塚明先生の書籍では、Hog's Footの後にファズ回路を通して、原音とミックスしたベースのディストーションエフェクターが紹介されている。

記事に関するご質問などがあればTwitterへお返事ください。
この記事で紹介した商品
エフェクタ製作オススメ商品

エフェクタ製作に必要なオススメの工具をご紹介します。

▼ こちらのはんだごては、温度調節ができるので幅広い用途で使えます。はんだごての台や、ハンダ吸い取り器もセットでお買い得です。

▼ 自作エフェクタ定番のアルミダイキャストケースです。加工しやすく、頑丈で安心。サイズもいろいろ選べます。

▼ 穴あけされてるエフェクタケースです。焼付塗装で完成度を高くできます。

▼ ジャック端子はある程度しっかりしたものを買いましょう。安ものはすぐヘタります。

▼ フットスイッチは一番負荷がかかる部品です。少し高くても、長く使いたいなら頑丈なものを選びましょう。

▼ ギターシールドなどに使うケーブルは、CANAREがオススメです。耐久性が良く、長持ちします。値段もお手頃価格です。

オススメの自作エフェクタ本

エフェクターの電子工作でオススメな書籍を紹介します。どちらの書籍も大塚明先生が書いたもので大変良書だと思います。残念ながら現在廃盤になってしまい品切れまたは高価格になっている可能性が高いですが、もし安く手に入るようなら買っておいて損はないです!

  • 専門的知識がない方でも、文章が読みやすくおもしろい
  • エレキギターとエフェクターの歴史に詳しくなれる
  • 疑問だった電子部品の役割がわかってスッキリする

こちらは別の方が書いた本ですが、写真や図が多く初心者の方でも安心して自作エフェクターが作れる内容となってます。実際に製作する時の、ちょっとした工夫もたくさん詰まっているので大変参考になりました。

関連記事