Stickiesをショートカットキーで現在のデスクトップに開く

Stickiesをショートカットキーで現在のデスクトップに開く

macOSで標準インストールされているStickies。ちょっとしたメモに使えて便利だ。しかし、複数の仮想デスクトップを使っている場合にStickiesを使おうとすると、Stickiesを開いたデスクトップに切り替わってしまう。

Stickiesをショートカットキーで現在のデスクトップに開く
Stickiesをショートカットキーで現在のデスクトップに開く

そこで今回、Automator(AppleScript)とショートカットキー登録の組み合わせで、現在開いているデスクトップに一発でStickiesを表示させてみた。この記事ではその方法をお伝えする。

Automatorの作成

Automatorの作成
Automatorの作成

Automatorの作成手順は次の通り。

  1. 「Automator」アプリを開く
  2. 「QuickAction」を選択する
  3. 「apple」で検索する
  4. 「Run AppleScript」を選択する
  5. プログラムを記述する(後述)
  6. 「OpenStickies」の名前をつけて保存する

AppleScript

こちらのAppleScriptをAutomatorへ貼り付ける。やっていることは、Stickiesを一度終了させ再度起動させている。これだけでStickiesを使うたびにわざわざデスクトップの移動をしなくて済む。

on run {input, parameters}
	
	tell application "Stickies" to quit
	
	tell application "Stickies"
		run
		delay 0.1
		activate
	end tell
	
	return input
end run

ショートカットキーへ登録

ショートカットキーへ登録
ショートカットキーへ登録

次に、先ほど作ったスクリプトをショートカットキーで実行できるようにしよう。今回はcontrol + SでStickiesが起動できるようにした。ショートカットキーの登録手順は次のとおり。

  1. 「System Preferences」アプリを開く
  2. 「Keyboard」を選択
  3. 「Shortcuts」タブを選択
  4. 左の一覧から「Services」を選択
  5. 先ほど作った「OpenStickies」にショートカットキーを登録

以上で、ショートカットキーを使ってStickiesが現在のデスクトップに開くようになる。

その他の便利な機能

Stickiesで常に最前面に表示したい場合は次のショートカットキーで可能。

option + shift + F

また、ブラウザで表示しているテキストを貼り付けるときに、スタイルまで貼り付けられるのが煩わしい人は、常にプレーンテキストで貼り付けるように設定変更しておくと便利だ。詳しいやり方はこちらのサイトが参考になる。

AppleScript: The Definitive Guide: Scripting and Automating Your Mac (Definitive Guides)
AppleScript: The Definitive Guide: Scripting and Automating Your Mac (Definitive Guides)

KindleAmazon

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「この記事が参考になったよ」という方は、ぜひ記事をシェアをしていただけるととても嬉しいです。

今後も有益な記事を書くモチベーションにつながりますので、どうかよろしくお願いいたします。↓↓↓↓↓↓↓

あなたにおすすめ