フィルムカメラの記録【Nicon FM】

数年前にNiconのフィルムカメラで撮影したものだ。

シャッターを切ったときのイメージと同じようには焼き上がらないから難しのだが、それゆえ、できあがったときは楽しいものだ。

スマホで撮った写真は捨てられるのに、フィルムの画像はどうしても捨てられない。また、フィルムの写真をみるとその時の天候や、地面に膝をついたときの土の感じまで思い出す。一枚一枚の気合がスマホとは明らかに違うのだ。

デジタルと違って「撮らない意思決定をする」ところがおもしろいとも思う。


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大


画像の拡大

フィルムカメラでのはじめての撮影。

単純なフィルム巻きのミスだが、現像してみて「空が燃えている」ので驚いた。


画像の拡大

現在のデジタル機器では起こりえないような面白さが、アナログの世界にはたくさんあった気がする。

記事に関するご質問などがあればTwitterへお返事ください。