偶発性とフィルムカメラ

/


数年前にNiconのフィルムカメラで撮影したものだ。
シャッターを切ったときのイメージと同じようには焼き上がらないから難しのだが、それゆえに出来上がったときは楽しいものだ。
スマホで撮った写真は捨てられるのに、フィルムの画像はどうしても捨てられない。また、フィルムの写真をみるとその時の天候や、地面に膝をついたときの土の感じまで思い出す。一枚一枚の気合がスマホとは明らかに違うのだ。
デジタルと違って撮らないという意思決定をするところが面白いとも思う。人生の大半はデジタルで育っているので、特段アナログに思い入れがあるわけではないのだが。偶発性の話を聞いていてフィルム写真を見返してみたら、またフィルムカメラをやってみたくなった。