2x4で棚を作ろう!SPF木材のツッパリ棚製作記録【DIY/ツーバイフォー】

2x4(ツーバイフォー)のSPF木材を使って、ツッパリ棚を作ってみたのでご紹介。

最近は、天井などに2x4材を簡単に固定できるアジャスターが売られていて大変便利。

突っ張って固定するので、壁を傷つけることなく縦のスペースを有効利用した棚が簡単に作れる。

平安伸銅工業 LABRICO DIY収納パーツ 2×4アジャスター オフホワイト DXO-1
平安伸銅工業 LABRICO DIY収納パーツ 2×4アジャスター オフホワイト DXO-1

Amazon

本棚や収納、部屋の装飾などいろいろな用途に使えると思うので、ぜひご参考に。

2x4で支柱を立てよう

ツーバイフォーとは?

ツーバイフォーとは、2インチ×4インチの角材サイズで、約38mmx約89mmのサイズとなる。

ホームセンターへ行けば、数百円程度の安い値段で手に入る木材。

SPFとは?

SPFとは木の材質で、Spruce(えそ松)・Pine(松)・Fir(もみ)の意味。

値段も安く、加工しやすい材質なのでDIYでとても重宝する木材だ。


画像の拡大

突っ張りアジャスター

今回はこちらのアジャスターを使ったが、2x4材を突っ張るためのアジャスターは他にもいろいろあるので好きなものを選ぶと良い。


画像の拡大

個人的にはネジを回して締め付けていくタイプが、安定感があって好きだ。

平安伸銅工業 LABRICO DIY収納パーツ 2×4アジャスター オフホワイト DXO-1
平安伸銅工業 LABRICO DIY収納パーツ 2×4アジャスター オフホワイト DXO-1

Amazon

2x4材を購入

ホームセンターで2x4材を必要な長さにカットしてもらった。


画像の拡大

木材が長すぎて持ち帰えるのが大変な場合は、さらに半分に切ってもらいジョイントで接続する方法もある。

平安伸銅工業 LABRICO DIY収納パーツ 2×4ジョイント オフホワイト DXO-4
平安伸銅工業 LABRICO DIY収納パーツ 2×4ジョイント オフホワイト DXO-4

Amazon

または余り木などを使ってジョイントする方法もある。

以前製作した棚だが、こんな感じでジョイントしていてすでに2年ほど経っているが、強度的にはまったく問題ない。しかも棚受けにもなっている。


画像の拡大

つなぎ目の見た目が気になる人は、素直にジョイントを買った方が良いかもしれない。

木を切りすぎた><

さっそく2x4材をアジャスターで固定しようと思ったが、なんと木を切りすぎて天井に突っ張れなかった。


画像の拡大

木材を立てると、天井まで13cmほどスペースがあった。


画像の拡大

このアジャスターの説明をよく読むと、天井から11cm短く木を切るように書かれている。数センチ程度大丈夫だろうと思っていたが、この2cm程度でも突っ張れない。

よく説明を読まなかった自分が完全に悪いのだが、皆さんは失敗ないよう、アジャスターの説明をしっかり読んでから木の長さを決めよう。

そういう訳で、余り木を土台にして支柱の長さを補正した。


画像の拡大

土台は絶対に滑らないように、スポンジゴムを貼っておく。


画像の拡大

支柱が真っ直ぐ立つように調整

支柱が真っ直ぐ立つように、壁との距離を計って微調整しながら固定していく。

見た目で判断するとかなりズレるので必ず計った方が良い。


画像の拡大


画像の拡大

壁と支柱の距離が上下ともに等しくなったところで、アジャスターのネジを回し天井に突っ張って固定する。


画像の拡大

ようやく支柱の固定が完了した。ちなみに棚の幅をあらかじめ決めて支柱を立てよう。

棚の幅ギリギリだと難しいので、5mmほどの余白は残しておいた方が良いと思う。


画像の拡大

棚の設置

棚の購入

棚は、1x10材の木材を使用した。

SPF材なのでこちらも安い値段で買うことができた。


画像の拡大

棚受けの購入

棚を支柱に固定するため、この棚受けを購入。

今回は4段の棚になるので、棚受けペアを4つ使う。


画像の拡大

平安伸銅工業 LABRICO DIY収納パーツ  シェルフサポート 棚受 DXO-52 オフホワイト 2個入
平安伸銅工業 LABRICO DIY収納パーツ シェルフサポート 棚受 DXO-52 オフホワイト 2個入

Amazon

棚の位置を決める

棚の位置を大体決めたら、地面から計って支柱に鉛筆で印をつけておく。


画像の拡大

水平器で水平を計る

まずは片側の棚受けをネジで一本だけ固定し、棚受けに水平器を乗せ、棚受けが水平になるように微調整する。


画像の拡大

水平になったところで、もう一本のネジを差し込んで完全に固定する。


画像の拡大

もう片側の棚受けも同様にして固定した。

棚の固定

棚受けが固定できたら、棚の台材を乗せ、下からネジを打って固定する。


画像の拡大

こんな感じで1段棚を作ることができた。


画像の拡大

完成

他の台も同様に固定していく。


画像の拡大

最後にもう一度、アジャスターのネジを突っ張ってしっかり固定する。


画像の拡大

こんな感じでようやく完成!

今回は塗装をしなかったが、2x4材は数年経つとだんだん茶色くなってくるので、気になる方は最初に塗装をしておくと良いかも。

製作費

計¥8,806(税込)

材料単価個数費用
2x4材 8F¥5982個¥1,196
1x10材 6F¥1,4802個¥2,960
木材カット料¥502回¥100
2x4ブラケット¥9402個¥1,880
2x4ブラケット¥3984個¥1,592
粘着付き防振パット¥1392枚¥278

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「この記事が参考になったよ」という方は、ぜひ記事をシェアをしていただけるととても嬉しいです。

今後も有益な記事を書くモチベーションにつながりますので、どうかよろしくお願いいたします。↓↓↓↓↓↓↓

あなたにおすすめ