DIYで棚をつくってみた!2x4のSPF材で突っ張り棚

 

こんなこと、やります。

  • 突っ張り棚(2x4のSPF材)の製作のようすをご紹介
  • 支柱の長さ間違えたとき(泣)の対処法

2x4のSPF材で突っ張り棚をつくってみた!
2x4のSPF材で突っ張り棚をつくってみた!

はじめに

2x4のSPF木材を、天井に突っ張って固定できるアジャスターが人気です。これを使えば、突っ張って固定するので、壁を傷つけることなく、賃貸のお部屋でも縦のスペースを有効利用した棚がカンタンに作れます。

この記事では、SPFの突っ張りアジャスターを使った、DIYの棚製作のようすをご紹介します。

つかうもの

はじめに、この記事の棚制作で使ったものをご紹介します。

2x4のSPF材

ホームセンターで2x4のSPF材材を選んで、必要な長さにカットしてもらいました。1カット50円程度です。

2x4材
2x4材

ツーバイフォーとは?

ツーバイフォーとは、2インチ×4インチの角材サイズで、約38mmx約89mmのサイズの木材のことです。

SPFとは?

SPFとは、それぞれ、Spruce(えそ松)・Pine(松)・Fir(もみ)の意味になります。この中のいずれかの木が使われています。

成長の早い木ですので値段も安く、加工しやすい材質なので、DIYでは定番の木材となってます。

木材が長すぎて持ち帰れない

木材が長すぎて持ってかえるのが大変なようでしたら、カットして後からジョイントで接続する方法もあります。

余り木でジョイント

余り木などを使ってジョイントする方法もありますよ!

余り木でジョイント
余り木でジョイント

こちらは以前に製作した棚ですが、ジョイントしてから2年ほど経ってます。強度的にはまったく問題なしです。しかも棚受けにもなって経済的です!

つなぎ目の見た目が気になるという方は、ジョイントをご検討ください。

棚の購入

棚は、1x10材を使いました。SPF材なのでこちらも安い値段で買うことができます。

棚の木材
棚の木材

棚受けの購入

棚を支柱へ固定するために、棚受けが必要です。今回は4段の棚になるので、棚受けペアを4つ使います。

突っ張りアジャスター

SPFの突っ張りアジャスターは、LABRICOのアジャスターが断然オススメです!

この記事では、ホームセンターで購入した突っ張りを使いました。しかし、ネジ締めなどがやりづらく不安があったので、結局LABRICOの2×4アジャスターへ変えることとなります。

製作費

今回のSPF棚の制作費は計¥8,806(税込)でした。こう見ると、SPF材は安くてもブラケットが意外と高いんですねぇ。

材料単価個数費用
2x4材 8F¥5982個¥1,196
1x10材 6F¥1,4802個¥2,960
木材カット料¥502回¥100
2x4ブラケット¥9402個¥1,880
2x4ブラケット¥3984個¥1,592
粘着付き防振パット¥1392枚¥278

※ この他にも、木ネジや水平器、電動ドリルなどが必要です。

2x4のSPF材で突っ張り棚の製作

ここからは、2x4のSPF材で突っ張り棚の製作のようすをご紹介します。

支柱の固定

支柱が真っ直ぐ立つように、壁との距離を計って微調整しながら固定します。見た目で判断するとかなりズレるので必ず計った方がいいです。

横との距離を測る
横との距離を測る

壁と支柱の距離が上下ともに等しくなったところで、アジャスターのネジを回して天井に突っ張って固定します。

アジャスターを固定
アジャスターを固定

棚の幅を考慮して支柱を立てます。棚の幅ギリギリだと厳しいので、5mmほどの余白を残して設置します。

2つの支柱を真っ直ぐに固定
2つの支柱を真っ直ぐに固定

棚の位置を決める

棚の位置を大体決めたら、地面からの高さを測り、支柱に鉛筆で印をつけておきます。

棚の位置を仮決め
棚の位置を仮決め

棚の水平を測る

棚の水平を水平器で測る測るため、片側の棚受けをネジで1本だけ固定し、棚受けに水平器を乗せて、棚受けが水平になるように微調整します。

水平器で測る
水平器で測る

水平になったところで、もう1本のネジを差し込んで完全に固定します。

棚受けを固定
棚受けを固定

もう片側の棚受けも同様にして固定します。

棚の固定

棚受けを固定したら、棚木材をのせ、ネジで固定します。

棚を固定
棚を固定

こんな感じで1段棚を作ることができました。

棚の1段完成
棚の1段完成

他の棚も同様に固定します。

他の棚も固定
他の棚も固定

棚の完成

最後にもう一度、アジャスターのネジを回して、しっかり突っ張り固定すればSPF棚の完成です。

SPF棚の完成
SPF棚の完成

2x4材は数年経つとだんだん茶色くなるので、気になる方は最初に塗装をしておくと良いかもです。

支柱の長さ間違えたとき(泣)の対処法

支柱の長さ間違えたときの対処法をお伝えします。

長い場合は短くければ済む話ですが、短かったときはちょっと大変です。ですが、なんとかなります。

実体験

2x4材をアジャスターで固定しようと思ったら、なんと、木を切りすぎて天井に突っ張れませんでした><

天井との隙間
天井との隙間

木材を立てると、天井まで13cmほどスペースがあります。

13cmでは短すぎた
13cmでは短すぎた

アジャスターの説明をよく読むと、天井から11cm短く木を切るように書かれています。わずか2cmでもダメでした。

支柱長さが短かった場合の補正

支柱長さが短かった場合の補正として、余り木を土台にして支柱の長さを補正することにしました。

台を敷いて補正
台を敷いて補正

土台は絶対に滑らないように、スポンジゴムを貼っておきます。

土台にスポンジゴム
土台にスポンジゴム

このようにして、なんとかなりましたが。。。

皆さんはこのような失敗のないよう、説明をしっかり読んでから木材をカットしてくださいね!

記事に関するご質問などがあればTwitterへお返事ください。
この記事で紹介した商品