Seeeduino XIAOでArduino開発をはじめよう

 

Seeeduino XIAOでArduino開発をはじめよう
Seeeduino XIAOでArduino開発をはじめよう

この記事では、Seeeduino XIAOをはじめてお使いになる方向けに、Arduino IDEの設定方法や、Seeeduino XIAOでLチカするまでをご紹介します。

Seeeduino XIAOとは

Seeeduino XIAOとは、中国の深圳にあるSeeed Studio社が開発したArduino互換機であるSeeeduinoシリーズの1つです。Arduino IDEを使って、スケッチを書いてArduinoと同じように開発することができます。

Seeeduino XIAOには、ESP32のような無線機能は内蔵されていません。その代わり省エネで超小型のため、ウェアラブルデバイスなどの用途にお使いいただけます。

Seeeduino XIAOは、Pro Microよりもさらに小型で、500円玉におさまるサイズ(20x17.5mm)となっています。

Amazonから購入したSeeeduino XIAO
Amazonから購入したSeeeduino XIAO

▼ こちらのアマゾンから「Seeeduino XIAO」ご購入できます。

▼ ちなみに、Seeed Studio社は、Grove規格のコネクタを作っている会社でもあります。Groveケーブルを使うと、センサーモジュールとの接続がカンタンになって便利です。

特徴

Seeeduino XIAOは、「ARM Cortex-M0+ 32bit 48MHz」と256KBのFlash、2KBのSRAMを搭載した「SAMD21G18」というSoCが使用されています。Seeeduino XIAOには、14個のGPIOピンが装備されており、USBインターフェースには、使いやすいタイプCが採用されています。

Seeeduino XIAOのGPIO役割図
Seeeduino XIAOのGPIO役割図

D0ピンでは、DACによるアナログ電圧を出力できます。I/Oピンは、3.3V電圧となっています。

こちらにSeeeduino XIAOの仕様をまとめましたので、ご参考になさってみてください。

項目スペック
CPUARM Cortex-M0+ CPU(SAMD21G18) 48MHz
フラッシュメモリ256KB
SRAM32KB
Digital I/Oピン11個
Analog I/Oピン11個
I2Cインタフェース1個
SPIインタフェース1個
UARTインタフェース1個
USBインタフェースType-C
電源DC3.3Vまたは5V
サイズ20×17.5×3.5mm

▼ さらに詳しく知りたい方は、Seeeduino XIAOの公式ページをご確認ください。

Arduino IDEでSeeeduino XIAOの開発設定

ここでは、Arduino IDEでSeeeduino XIAOの開発ができるように設定していきます。

開発環境

今回、作業を行った開発環境はこちらです。

項目バージョン
SeeeduinoXIAO
Arduino IDE1.8.10
PCmacOS Big Sur 11.0.1

Arduino IDEの設定

Seeeduino XIAOを開発できるように、Arduino IDEの設定をおこなっていきます。Arduino IDEの設定でやることは、次のたったの2つのだけです。

  1. Seeeduinoボードの追加
  2. ボードとポートの選択をする

❶ Seeeduinoボードの追加

まずは、SeeeduinoボードをArduino IDEへ追加します。

Arduino IDEPreferencesAdditional Boards Manager URLsへすすみ、下記のSeeeduinoボードURLを追加します。

https://files.seeedstudio.com/arduino/package_seeeduino_boards_index.json

SeeeduinoボードURLの追加
SeeeduinoボードURLの追加

次に、ToolsBoard:Boards ManagerSeeeduino XIAOで検索し「Seeeduino XIAO」ボードをインストールします。

「Seeeduino XIAO」ボードをインストール
「Seeeduino XIAO」ボードをインストール

❷ ボードとポートの選択

まず、Arduino IDEのToolsBoard: で「Seeeduino XIAO」ボードを選択します。

Seeeduino XIAOボードの選択
Seeeduino XIAOボードの選択

次に、Seeeduino XIAOをMacへつないだ状態で、Arduino IDEのToolsPortでSeeeduino XIAOが接続されているポートを選びます。

Seeeduino XIAOが接続されているポートの選択
Seeeduino XIAOが接続されているポートの選択

以上で、Arduino IDEの設定は終わりです。これで、Arduino IDEでSeeeduino XIAOを開発できる状態になっています。

Seeeduino XIAOをうごかしてみよう

それでは、Seeeduino XIAOをうごかしてみましょう。

Lチカ(ビルトインLEDの点滅)

次のようにして、Seeeduino XIAOの内蔵LEDを点滅さsてみます。

/*
  Created by Toshihiko Arai.
  https://101010.fun/iot/seeeduino-first-step.html
*/

void setup() {
  pinMode(LED_BUILTIN, OUTPUT);
}

void loop() {
  digitalWrite(LED_BUILTIN, HIGH);
  delay(500);                     
  digitalWrite(LED_BUILTIN, LOW);
  delay(500);                    
}

スケッチをアップロードすると、このようにオレンジ色のLEDが点滅します。

Seeeduino XIAOのビルトインLEDの点滅
Seeeduino XIAOのビルトインLEDの点滅

Seeeduino XIAOのリセット方法

ところで、何らかの原因でSeeeduino XIAOへスケッチをアップロードできなくなる場合があります。そのときは、こちらの動画のように、RST(リセット端子)を2回連続でショートさせるとリセットされ、スケッチのアップロードエラーが解消されると思いますのでお試しください。

Seeeduino XIAOのリセット方法
Seeeduino XIAOのリセット方法

以上で、Arduino IDEでSeeeduino XIAO開発をおこなうまでの説明を終わります。

他にもSeeeduino XIAOを使って遊んだりモノづくりをやってますので、ご参考になさってみてください。

記事に関するご質問などがあればTwitterへお返事ください。
この記事で紹介した商品
人気のArduino互換機
Arduinoで人気の周辺パーツ
Arduinoのオススメ参考書

▼ Arduino初心者向きの内容となっています。ほかのArduino書籍と比べて図や説明がとてもていねいで、読みやすかったです。Arduinoで一通りのセンサーが扱えるようになります。

▼ 外国人が書いた本を翻訳したものです。この手の書籍は、目からうろこな発見をすることが多いです。

▼ Arduinoの入門書を既に読んでいる方で、次のステップを目指したい人向きの本です。C言語のプログラミングの内容が中心です。ESP32だけでなく、ふつうのArduinoにも役立つ内容でした。

関連記事