Seeeduino XIAOでArduino開発

この記事では、Seeeduino XIAOをArduino IDEで動かすまでの設定方法を紹介する。Seeeduino XIAOは、Arduino IDEで開発できるArduino互換機のマイコンだ。WiFiは装備していないが、その代わり省エネで超小型のためウェアラブル製品やスタンドアローンな用途に向いている。


画像の拡大

XIAOのサイズは500円玉より小さく、1個あたり500円ちょっとで購入できる。USB-TYPE Cのシリアルインタフェースがついて、パソコンと繋いでArduino IDEで開発することができる。

Seeed Studio Seeeduino XIAO-Arduino IDE 互換ボード SAMD21 Cortex M0+搭載 ブレッドボード互換 USB Type-C(3pcs)
Seeed Studio Seeeduino XIAO-Arduino IDE 互換ボード SAMD21 Cortex M0+搭載 ブレッドボード互換 USB Type-C(3pcs)

Seeeduino XIAO開発ボードは、ARMCortex-M0+ 32ビット48MHzマイクロコントローラー(SAMD21G18)を搭載し、低消費電力です。クロック周波数は48MHzと、Arduino Uno、Arduino Nanoの3倍です。 又、このArduino IDE互換ボードには256KBのフラッシュメモリ、32KBのSRAMも搭載されています。

Amazon

開発環境

今回、作業を行った開発環境はこちら。

項目バージョン
SeeeduinoXIAO
Arduino IDE1.8.10
PCmacOS Big Sur 11.0.1

Seeeduino XIAOの特徴

Seeeduino XIAOのGPIO
Seeeduino XIAOのGPIO

項目スペック
CPUARM Cortex-M0+ CPU(SAMD21G18) 48MHz
フラッシュメモリ256KB
SRAM32KB
Digital I/Oピン11個
Analog I/Oピン11個
I2Cインタフェース1個
SPIインタフェース1個
UARTインタフェース1個
USBインタフェースType-C
電源DC3.3Vまたは5V
サイズ20×17.5×3.5mm

D0ピンではDACによるアナログ電圧を出力できる。I/Oピンは3.3V基準。

Seeeduino XIAOの日本語サイトもあるので参考に。

Arduino IDEの設定

それではArduino IDEで、Seeeduino XIAOを開発できるようにしていこう。IDEの設定作業は、次のたったの2つのステップだけ。

  1. SeeeduinoをArduino IDEに追加する
  2. ボードとポートの選択

❶ SeeeduinoをArduino IDEに追加

Arduino IDEPreferencesAdditional Boards Manager URLsに下記URLを追加する。

https://files.seeedstudio.com/arduino/package_seeeduino_boards_index.json


画像の拡大

次に、ToolsBoard:Boards ManagerSeeeduino XIAOで検索し、ボードをインストールする。


画像の拡大

❷ ボードとポートの選択

ToolsBoard: で「Seeeduino XIAO」を選択する。


画像の拡大

また、ToolsPortから「MacとSeeeduinoをUSB-Cで繋ぐと表示されるポート」を選ぶ。


画像の拡大

これでSeeeduino XIAOを開発できる状態になった。

ビルトインLEDを点滅させてみよう

Seeeduino XIAOのビルトインLEDを点滅
Seeeduino XIAOのビルトインLEDを点滅

それではプログラムを書き込めるかどうか確かめるために、簡単なプログラムをXIAOにアップロードしてみよう。書き込むことができれば、XIAOにビルトインされているオレンジ色のLEDが点滅する。

/*
  Created by Toshihiko Arai.
  https://101010.fun/iot/seeeduino-first-step.html
*/

void setup() {
  pinMode(LED_BUILTIN, OUTPUT);
}

void loop() {
  digitalWrite(LED_BUILTIN, HIGH);
  delay(500);                     
  digitalWrite(LED_BUILTIN, LOW);
  delay(500);                    
}

リセットのやり方

Seeeduino XIAOでプログラムを書き込めなくなった場合は、リセット作業を行う。画像のようにRSTを2回連続でショートさせるとリセットされる。

Seeeduino XIAOのリセット
Seeeduino XIAOのリセット

その他のSeeeduino Xiaoを使った記事はこちら

この記事で扱った製品はこちら

Seeed Studio Seeeduino XIAO-Arduino IDE 互換ボード SAMD21 Cortex M0+搭載 ブレッドボード互換 USB Type-C(3pcs)
Seeed Studio Seeeduino XIAO-Arduino IDE 互換ボード SAMD21 Cortex M0+搭載 ブレッドボード互換 USB Type-C(3pcs)

Seeeduino XIAO開発ボードは、ARMCortex-M0+ 32ビット48MHzマイクロコントローラー(SAMD21G18)を搭載し、低消費電力です。クロック周波数は48MHzと、Arduino Uno、Arduino Nanoの3倍です。 又、このArduino IDE互換ボードには256KBのフラッシュメモリ、32KBのSRAMも搭載されています。

Amazon

Arduinoの参考書

電子部品ごとの制御を学べる! Arduino 電子工作実践講座 改訂第2版
電子部品ごとの制御を学べる! Arduino 電子工作実践講座 改訂第2版

電子パーツを自由自在に組み合わせて電子工作ができるように、Arduinoによる電子部品ごとの制御方法を詳しく解説。初心者や電子工作に躓いた人でも安心して取り組めるよう、豊富な図・写真で徹底解説。2018年発刊の「Arduino 電子工作 実践講座」の改訂版です。

KindleAmazon
Arduinoをはじめよう 第3版 (Make:PROJECTS)
Arduinoをはじめよう 第3版 (Make:PROJECTS)

本書では、開発者自らが、Arduinoの哲学、ハードウェア、ソフトウェアの基礎を解説、誰にでもできる簡単なチュートリアルを行います。

Amazon

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「この記事が参考になったよ」という方は、ぜひ記事をシェアをしていただけるととても嬉しいです。

今後も有益な記事を書くモチベーションにつながりますので、どうかよろしくお願いいたします。↓↓↓↓↓↓↓

あなたにおすすめ