ラズパイでOLEDに文字表示


画像の拡大

この記事では、Raspberry Piと0.91インチのOLEDディスプレイを使って、文字を表示するまでのやり方を説明していく。Adafruit CircuitPythonドライバーを使ってI2C通信で表示する。また、OLEDディスプレイは「DSD TECH/OLED 0.91インチディスプレイ」を使った。

開発環境

今回の開発環境はこちら。

項目バージョン
ラズパイRaspberry Pi zero WH
OLEDディスプレイDSP TECH 0.91インチディスプレイ
Pythonバージョン3.7.3

ラズパイとOLEDディスプレイとの通信はI2Cになるので、ラズパイでI2Cを使用できるように初期設定を済ましておこう。

I2Cの初期設定はこちらを参考に

ラズパイとOLEDディスプレイの配線

ラズパイとOLEDディスプレイの配線はこちら。OLEDディスプレイの電源は5Vとなっているが、3.3Vでも動作する。ラズパイのGPIOが3.3V入出力なので、OLEDディスプレイも3.3Vにした。

OLEDディスプレイRaspberry Pi
GNDGND
VCC3.3V
SCLSCL(GPIO3)
SDASDA(GPIO2)

アドレスの確認

ラズパイとOLEDディスプレイの配線ができたら、次のコマンドを実行してI2Cデバイスのアドレスを確認しよう。3cがOLEDデバイスのアドレスとなっている。

$ sudo i2cdetect -y 1
     0  1  2  3  4  5  6  7  8  9  a  b  c  d  e  f
00:          -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
10: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
20: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
30: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 3c -- -- -- 
40: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
50: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
60: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
70: -- -- -- -- -- -- -- -- 

ライブラリのインストール

Adafruit CircuitPython SSD1306のインストール

「DSP TECH 0.91インチディスプレイ」ではメインチップにSSD1306が使われている。「Adafruit Python SSD1306」ライブラリが公開されいてるが、こちらはdeprecatedとなっており、開発が止まっているようだ。今後は、CircuitPythonのライブラリを推奨のようなのでそちらを使う。次のコマンドを実行して「Adafruit CircuitPython SSD1306」をインストールする。

$ sudo pip3 install adafruit-circuitpython-ssd1306

Adafruit CircuitPython SSD1306

DSD TECH/OLEDディスプレイの仕様はこちら

必要なライブラリのインストール

また、それ以外の必要なライブラリもインストールしておく。

$ sudo pip3 install adafruit-blinka
$ sudo pip3 install pillow

このままだと、pillow関係のエラーが出てしまったので、次のモジュールもインストールした。

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install libopenjp2-7
$ sudo apt install libtiff5

フォントのインストール

OLEDディスプレイに文字を表示させるには、ラズパイにフォントをインストールする必要がある。今回は定評のある「Noto Fonts」の日本語版をインストールした。ちなみに「Noto Fonts」とは、GoogleがAdobeと協力して作成したフォントファミリーだ。

$ sudo apt-get install fonts-noto-cjk

インストールしたフォントは/usr/share/fonts/ディレクトリ下に置かれている。

 $ ls /usr/share/fonts/opentype/noto/
NotoSansCJK-Black.ttc      NotoSansCJK-Light.ttc    NotoSansCJK-Thin.ttc    NotoSerifCJK-ExtraLight.ttc  NotoSerifCJK-Regular.ttc
NotoSansCJK-Bold.ttc       NotoSansCJK-Medium.ttc   NotoSerifCJK-Black.ttc  NotoSerifCJK-Light.ttc       NotoSerifCJK-SemiBold.ttc
NotoSansCJK-DemiLight.ttc  NotoSansCJK-Regular.ttc  NotoSerifCJK-Bold.ttc   NotoSerifCJK-Medium.ttc

Noto Fonts

OLEDディスプレイに文字表示

それではラズパイで、OLEDディスプレイに文字を表示させてみよう。Adafruitのサンプルプログラムを元にプログラミングした。OLEDディスプレイの解像度は128x32

import board
from PIL import Image, ImageDraw, ImageFont
import adafruit_ssd1306


i2c = board.I2C()
oled = adafruit_ssd1306.SSD1306_I2C(128, 32, i2c, addr=0x3c)

# Clear display.
oled.fill(0)
oled.show()

# Create blank image for drawing.
image = Image.new("1", (oled.width, oled.height))
draw = ImageDraw.Draw(image)


font = ImageFont.truetype("/usr/share/fonts/opentype/noto/NotoSansCJK-DemiLight.ttc", 13)
font2 = ImageFont.truetype("/usr/share/fonts/opentype/noto/NotoSansCJK-DemiLight.ttc", 10)

# Draw the text
draw.text((0, 0), "こんにちは、世界!", font=font, fill=255)
draw.text((0, 17), "This is OLED test.", font=font2, fill=255)

# Display image
oled.image(image)
oled.show()

OLEDディスプレイでHello world!表示
OLEDディスプレイでHello world!表示

OLEDディスプレイにいろいろ表示するサンプルプログラムが、GitHubで公開されているので参考に。

Adafruit CircuitPython SSD1306サンプルプログラム

記事に関するご質問などがあればTwitterへお返事ください。
この記事で紹介した商品
人気のラズパイ
人気のラズパイ周辺機器
Raspberry Piのオススメ入門書
関連記事