ラズパイでADコンバータMCP3425の使い方


画像の拡大

この記事では、Raspberry PiとADコンバータMCP3425を使ってアナログ電圧を読み取る方法を解説していく。MCP3425はI2C通信となるので、Raspberry PiでI2C通信を使える設定を済ませておこう。

I2Cの設定がまだの方はこちらの記事を参考に

ほかのADコンバータでもI2C接続ならそれほど大きく違わないと思うので、この記事が参考になるかと思う。

ラズパイとMCP3425の配線

アナログ電圧の用意

今回はMCP3425の動作確認のみなので、センサーは使わず、図のように分圧抵抗で作ったアナログ電圧を使ってみた。3.3Vはラズパイから供給する。

分圧抵抗で作ったアナログ電圧
分圧抵抗で作ったアナログ電圧

MCP3425は作動入力だが話を簡単にするため、VinマイナスをGNDに落とし、Vinプラスのみを使った。上の回路図では3.3Vを10kΩで2等分しているので、Vinプラスは1.65Vの電圧となる。

なお、本記事ではRaspberry Pi zero WHを使用したが、もちろん他のRaspberry Piでも構わない。

ラズパイとMCP3425の配線

次にラズパイとMCP3425の配線図を示す。

ラズパイとMCP3425の配線
ラズパイとMCP3425の配線

MCP3425役割ラズパイ接続先ラズパイ物理ピン
1Vin+分圧抵抗へ--
2VssGND6番
3SCLGPIO35番
4SDAGPIO23番
5Vdd+3.3V1番
6Vin-GND--

MCP3425各ピンの役割
MCP3425各ピンの役割

ラズパイではSDAとSCLが、それぞれGPIO2とGPIO3に割り当てられているので注意しよう。

ラズパイGPIO役割図
ラズパイGPIO役割図

MCP3425が認識されているか確認する

ここまでの設定で、ラズパイとMCP3425が正しく接続されていれば、$ sudo i2cdetect -y 1を実行することでMCP3425のアドレスが表示される。

$ sudo i2cdetect -y 1
     0  1  2  3  4  5  6  7  8  9  a  b  c  d  e  f
00:          -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
10: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
20: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
30: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
40: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
50: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- 
60: -- -- -- -- -- -- -- -- 68 -- -- -- -- -- -- -- 
70: -- -- -- -- -- -- -- --      

【注意】アドレスが表示されない場合

Raspberry Piを再起動してみよう。また、MCP3425ではVin+とVin-が未接続状態だとアドレスが表示されないので注意。

ADコンバータMCP3425の使い方

次にMCP3425の使い方を説明する。今回はポイントのみ理解できればよいので、必要最低限の説明をする。

差動入力

MCP3425は差動入力となっているので、アナログ電圧は下の式で計算される。ただしVin+とVin-の入力範囲はGNDを基準にプラスマイナス約2Vまで。今回、Vin-はGNDに接地しているので0Vとして計算する。

$$ V_{IN} = V_{IN+} - V_{IN-} $$

MCP3425内部構造
MCP3425内部構造

コンフィギュレーションレジスタ

MCP3425は、ゲインやサンプルレートを設定できるようになっている。設定方法はコンフィギュレーションレジスタに、8bitのデータを書き込むことで可能となる。

MCP3425のコンフィギュレーションレジスタ
MCP3425のコンフィギュレーションレジスタ

下の表が、コンフィギュレーションレジスタにおける各ビットの役割。

ビット役割
0/1PGA
2/3サンプルレート
4変換モード
5/6未使用
7RDY

【bit0/1】入力ゲイン (PGA)

bit0とbit1では、入力ゲインの倍率を設定できる。アナログ電圧が小さい場合などに便利な機能だ。今回入力ゲインは1倍で使うので00を書き込む。

bit0/1 ゲイン
00 1倍
01 2倍
10 4倍
11 8倍

【bit2/3】ビットレートとサンプリングレート

bit2、bit3では、ビットレートとサンプリングレートの設定を行う。ビットレートが高ければ解像度は上がるが、1秒間にサンプリングできる回数が減ってしまう。逆に、サンプリング回数を増やしたい場合は、ビットレートが犠牲となる。今回は、サンプリングレート16bit、サンプリングレート15SPSを設定する。だから10を書き込む。

bit2/3 ビットレート サンプリングレート
10 16bit 15 SPS
01 14bit 60 SPS
00 12bit 240 SPS

【bit4】変換モード

今回は連続変換モードを選択するので1を書き込む。

bit4動作
1連続変換モード。このビットが選択されると、デバイスはデータ変換を継続的に実行する。
0ワンショット変換モード。デバイスは単一の変換を実行し、別の書き込み/読み取りコマンドを受信するまで低電力スタンバイモードに入る。

【bit6/5】チャネルセレクション

チャネルの選択ができるビットのようだが、MCP3425は1チャネルしかないので使用されない。00を書き込む。

【bit7】データレディフラグ

ワンショット変換モードの時に使うようだ。今回は連続変換モードなので1を書き込む。

  • 以上を合わせると、コンフィギュレーションレジスタに書き込む値は「10011000」となる。

MCP3425についてもっと詳しく知りたい方はデータシートを参考に。

MCP3425で電圧を読み取ってみよう!

MCP3425から電圧を読み取るPythonプログラムがこちら。データの上位と下位バイトが逆に収納されているので、swap16関数で入れ替えている。またデータが2の補数(2進数の0と1を入れ替え、1を足したもの)であるため、sign16関数で符号付き16ビットを10進数に変換している。

import smbus
import time
i2c = smbus.SMBus(1)
addr=0x68
config = 0b10011000
Vref=2.048
 
i2c.write_byte(addr, config) #16bit
time.sleep(0.2)
 
def swap16(x):
    return (((x << 8) & 0xFF00) | ((x >> 8) & 0x00FF))

def sign16(x):
    return ( -(x & 0b1000000000000000) | (x & 0b0111111111111111) )
  
while True:
    data = i2c.read_word_data(addr, config)
    raw = swap16(int(hex(data), 16))
    raw_s = sign16(raw)
    volts = round((Vref * raw_s / 32767), 4)
    print(volts)
    time.sleep(1)
プログラムを実行すると「1.6055V」と表示された。テスターでの実測値が「1.657V」だったので「0.05V」の誤差があるが良しとしよう。

参考サイト

記事に関するご質問などがあればTwitterへお返事ください。
この記事で紹介した商品
人気のラズパイ
人気のラズパイ周辺機器
Raspberry Piのオススメ入門書
関連記事