Pro MicroでArduinoをはじめよう!

 

Pro Micro

この記事では、「Pro Micro」を使ってLEDを点滅(Lチカ)するまでの手順を解説していきます。プログラミング的にはまったく難しくありませんのでArduino初心者の方でもついていける内容となっています。

Pro MicroはArduino互換機のひとつで、Arduino IDEを使ってArduinoと同様なプログラミングで動作させることが出来る製品です。WiFiやBluetoothなどの無線機能は内蔵されていませんが、その代わりとても小型で省エネです。またPro Microは、HID(ヒューマンインターフェースデバイス)にすることが出来ますので、オリジナルのマウスやキーボードを作ることが可能です。

Pro MicroでArduinoをはじめよう!

Pro Microとは?

Pro Microとは、SparkFun社が製造しているAtmega32U4を搭載したArduino互換機 です。Pro Micoroには「5V/16MHz」と「3.3/8MHz」の2つのバージョンが存在します。また、ADコンバータは9ピンあり10bitの解像度となります。デジタルIOは12ピンあり、そのうち5ピンがPWMに対応しています。

Pro Microの魅力のひとつに、パソコンにキーボードやマウスとして認識させられるHID(ヒューマンインターフェースデバイス)が挙げられます。実際にこちらの記事でHIDを試しています。ライブラリを使って驚くほどカンタンに実現出来ますので良かったらご参考になさってみてください。

さて、この記事ではKKHMF社が製造しているPro Microを使用しました。Amazonで「Pro Micro」を検索すれば他にも「KeeYees」や「HiLetgo」といった会社の製品がヒットするのでお好きなものをどうぞ。

KKHMF Leonardo Pro Micro ATmega32U4 5V/16MHz Arduinoに対応
KKHMF Leonardo Pro Micro ATmega32U4 5V/16MHz Arduinoに対応
Amazon

Pro Microピン役割

Pro Microのピン役割図
Pro Microのピン役割図

Pro Microのピン役割図を描いてみました。配線に困ったときの参考にしてみてください。

Pro Microの詳細はSparkFunのサイトでチェックしよう

ボードとピンの半田付け

ボードとピンの半田付け作業
ボードとピンの半田付け作業

ところで、ピン端子の半田付けはピン端子をブレッドボードに挿し、その上にマイコンボードをのせるとカンタンにできます。最初に四隅を半田付けし、全体のズレがないか確認します。その後、残りのピンを半田付けしていくと失敗がないです。

Pro MicroでLチカしてみよう

それでは、実際にPro MicroでLチカしてみましょう。

開発環境

こちらの開発環境は次のとおりです。

項目バージョン
Arduino互換機KKHMF Leonardo Pro Micro(5V/16MHz)
Arduino IDE1.8.10
パソコンmacOS Big Sur 11.0.1

Arduino IDEの設定

Pro Microにスケッチを書き込む前にArduino IDEの設定を行っておきましょう。

❶ Boardの選択

Arduino IDEを開き「Arduino Leonardo」のボードを選択します。

「Arduino Leonardo」ボードを選択する
「Arduino Leonardo」ボードを選択する

❷ Portの選択

Pro MicroとパソコンをUSBケーブルで繋ぎ「Arduino Leonard」が表示されているポートを選択します。

ポートの選択
ポートの選択

Pro MicroとLEDの配線

Pro MicroとLEDの配線図
Pro MicroとLEDの配線図

LEDのアノードをArduinoの10番(A10)へ繋ぎました。また、LEDのカソードを220Ω〜1kΩの抵抗を通してGNDへ落とします。

Lチカプログラム

こちらのプログラムはLEDを1秒間に1回点滅させる内容となっています。

/*
  Created by Toshihiko Arai.
  https://101010.fun/iot/pro-micro-blink-led.html
*/

const int  LED_PIN = 10;

void setup() {
  pinMode(LED_PIN, OUTPUT);
}

void loop() {
  digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
  delay(1000);
  digitalWrite(LED_PIN, LOW);
  delay(1000);
}

スケッチをPro Microへアップロードすると、LEDが点滅するはずです。

Pro MicroでLチカ
Pro MicroでLチカ

Arduinoの豆知識

オープンソースハードウェア

Arduinoはオープンソースハードウェアです。つまり設計図などが公開されているため、Arduinoに使われる電子部品さえあれば誰でもArduinoと互換性のあるマイコンボードを作る事ができます。ただし、「Arduino」の名称を使用するには許可が必要です。

すでに多くの会社がArduino互換機を製造しAmazonなどで販売されています。また、値段も本家のArduinoよりずいぶん安かったりして手に入りやすいです。今回使用したPro MicroもArduino互換機のひとつです。

KKHMF Leonardo Pro Micro ATmega32U4 5V/16MHz Arduinoに対応
KKHMF Leonardo Pro Micro ATmega32U4 5V/16MHz Arduinoに対応
Amazon

ArduinoとLeonardoの違い

Arduinoの場合、FT232RLのマイコンをUSBインタフェースで使用しており、それとは別のマイコンをスケッチの実行に使用しています。一方、Leonardoの場合は、USB通信とスケッチの実行を1つのマイコンで実現してます。 そのため、Leonardoの方が製造コストを下げられ値段もArduinoより安く提供できます。

また、Leonardoはマイコンに 「ATmega32U4」 を使っており、このマイコンはHIDデバイスとして振る舞うことができます。HIDとは 「Human Interface Device」 の略で、キーボードやマウスなどの人間が操作できるデバイスのことを指す。つまり、ATmega32U4を搭載している製品であればオリジナルのキーボードやマウスなどを開発することが可能となってます。今回使用したPro MicroもATmega32U4が搭載されています。

人気のArduino互換機

ELEGOO Arduino用 Nanoボード V3.0 CH340/ATmega328P
ELEGOO Arduino用 Nanoボード V3.0 CH340/ATmega328P
Amazon
HiLetgo ESP32ワイヤレススティックLora + WiFi + BLE開発ボード LoRaWAN 868 / 915MHz、0.49インチOLEDディスプレイ
HiLetgo ESP32ワイヤレススティックLora + WiFi + BLE開発ボード LoRaWAN 868 / 915MHz、0.49インチOLEDディスプレイ
Amazon
M5Stack M5StickC Plus ESP32-PICO
M5Stack M5StickC Plus ESP32-PICO
Amazon
M5Stack Core2 開発キットデュアルコア32ビット240Mhz LX6プロセッサー
M5Stack Core2 開発キットデュアルコア32ビット240Mhz LX6プロセッサー
Amazon

Arduinoで人気の周辺パーツ

サインスマート(SainSmart) 8チャンネル 5V リレーモジュール for Arduino DSP AVR PIC ARM
サインスマート(SainSmart) 8チャンネル 5V リレーモジュール for Arduino DSP AVR PIC ARM
Amazon
KKHMF 10個 TTP223 静電容量式 タッチ スイッチ ボタン セルフロック モジュール 「国内配送」
KKHMF 10個 TTP223 静電容量式 タッチ スイッチ ボタン セルフロック モジュール 「国内配送」
Amazon
DSD TECH 2 PCS OLED 0.91インチディスプレイ  I2C
DSD TECH 2 PCS OLED 0.91インチディスプレイ I2C
Amazon
OSOYOO(オソヨー) DIY センサーモジュール キット
OSOYOO(オソヨー) DIY センサーモジュール キット
Amazon

Arduinoのオススメ参考書

電子部品ごとの制御を学べる! Arduino 電子工作実践講座 改訂第2版
電子部品ごとの制御を学べる! Arduino 電子工作実践講座 改訂第2版
KindleAmazon
Arduinoをはじめよう 第3版 (Make:PROJECTS)
Arduinoをはじめよう 第3版 (Make:PROJECTS)
Amazon
ESP32&Arduino 電子工作 プログラミング入門
ESP32&Arduino 電子工作 プログラミング入門
KindleAmazon
記事に関するご質問などがあれば、ぜひTwitterへお返事ください。