Pro MicroでArduinoをはじめよう!

Pro MicroでArduinoをはじめよう!

この記事では、Arduino互換機の「Pro Micro」を使ってLEDを点滅するまでの手順を説明していく。

Pro MicroでArduinoをはじめよう!

Pro Microとは?

Pro Microとは、SparkFun社が製造しているAtmega32U4を搭載したArduino互換機である。「5V/16MHz」と「3.3/8MHz」の2つのバージョンが存在する。ADコンバータは9ピンあり10bitの解像度である。また、デジタルIOは12ピンあり、そのうち5ピンがPWMに対応している。

今回はKKHMF社が製造しているPro Microを使用した。Amazonで「Pro Micro」を検索すれば他にも「KeeYees」や「HiLetgo」といった会社の製品がヒットする。

KKHMF Leonardo Pro Micro ATmega32U4 5V/16MHz ブートローダ マイクロ USB Pro Mini 開発ボード Arduinoに対応
KKHMF Leonardo Pro Micro ATmega32U4 5V/16MHz ブートローダ マイクロ USB Pro Mini 開発ボード Arduinoに対応

16MHzの水晶付き 電源ジャンパは、外部5Vを接続します。 彼のUSBポートは、他のデバイスを接続するためのUSBケーブル(ホスト)を接続することも、単一の行ピンストリップで利用可能です。 モジュールサイズ:3.4cm x 1.8cm/1.33"X0.7" ArduinoのIDE v1.0.5デベロッパーの下でサポートされています。

Amazon

Pro Microピン役割

Pro Microのピン役割図
Pro Microのピン役割図

Pro Microの詳細はSparkFunのサイトでチェックしてみよう

ボードとピンの半田付け

ボードとピンの半田付け作業
ボードとピンの半田付け作業

ピン端子をブレッドボードに挿し、その上にマイコンボードを載せる。最初に四隅を半田付けし、全体のズレがないかどうかを確認する。その後、残りのピンを半田付けしていく。

Pro MicroでLチカしてみよう!

それでは、実際にPro MicroでLEDをチカチカ点滅さてみよう。

開発環境

今回使用した開発環境は下記のとおり。

項目バージョン
Arduino互換機KKHMF Leonardo Pro Micro(5V/16MHz)
Arduino IDE1.8.10
パソコンmacOS Big Sur 11.0.1

Arduino IDEの設定

Boardの選択

Arduino IDEを開き「Arduino Leonardo」のボードを選択する。

「Arduino Leonardo」ボードを選択する
「Arduino Leonardo」ボードを選択する

Portの選択

Pro MicroとパソコンをUSBケーブルで繋ぎ「Arduino Leonard」が表示されているポートを選択する。

ポートの選択
ポートの選択

Pro MicroとLEDの配線

Pro MicroとLEDの配線図
Pro MicroとLEDの配線図

LEDのアノードをArduinoの10番(A10)へ繋ぐ。そして、LEDのカソードを220Ω〜1kΩの抵抗を通してGNDへつなぐ。

Lチカプログラム

Pro MicroでLチカ
Pro MicroでLチカ

1秒間に1回LEDを点滅させるプログラムがこちら。

/*
  Created by Toshihiko Arai.
  https://101010.fun/iot/pro-micro-blink-led.html
*/

const int  LED_PIN = 10;

void setup() {
  pinMode(LED_PIN, OUTPUT);
}

void loop() {
  digitalWrite(LED_PIN, HIGH);
  delay(1000);
  digitalWrite(LED_PIN, LOW);
  delay(1000);
}

Arduinoの雑学

オープンソースハードウェア

Arduinoはオープンソースハードウェアである。つまり設計図などが公開されているため、Arduinoに使われる電子部品さえあれば誰でもArduinoと互換性のあるマイコンボードを作る事ができる。ただし、「Arduino」の名称を使用するには許可が必要。

すでに多くの会社がArduino互換機を製造している。また、値段も本家のArduinoよりずいぶん安くなっている。

ArduinoとLeonardoの違い

Arduinoの場合、FT232RLのマイコンをUSBインタフェースで使用しており、それとは別のマイコンをスケッチの実行に使用している。一方でLeonardoの場合は、USB通信とスケッチの実行を1つのマイコンで実現している。そのため、Leonardoの方が製造コストを下げられ値段もArduinoより安い。

また、Leonardoはマイコンに「ATmega32U4」を使っていて、このマイコンはHIDデバイスとして振る舞うことができる。HIDとは「Human Interface Device」の略で、キーボードやマウスなどの人間が操作できるデバイスのことを指す。つまり、ATmega32U4を搭載している製品であればオリジナルのキーボードやマウスなどを開発することも可能である。

今回使用した関連製品はこちら

KKHMF Leonardo Pro Micro ATmega32U4 5V/16MHz ブートローダ マイクロ USB Pro Mini 開発ボード Arduinoに対応
KKHMF Leonardo Pro Micro ATmega32U4 5V/16MHz ブートローダ マイクロ USB Pro Mini 開発ボード Arduinoに対応

16MHzの水晶付き 電源ジャンパは、外部5Vを接続します。 彼のUSBポートは、他のデバイスを接続するためのUSBケーブル(ホスト)を接続することも、単一の行ピンストリップで利用可能です。 モジュールサイズ:3.4cm x 1.8cm/1.33"X0.7" ArduinoのIDE v1.0.5デベロッパーの下でサポートされています。

Amazon
Arduino Micro
Arduino Micro

ATmega32u4搭載 / SRAM:2.5KB / EEPROM:1KB / Clock Speed:16MHz 動作電圧:5V デジタル入出力ピン:20本 / PWMチャンネル:7本 / アナログ入力チャンネル:12本 直流電流(1ピン当り最大):40mA / 直流電流(3.3Vピン、1ピン当り最大):50 mA Flashメモリ:32KB (ATmega32u4) 内4KBはブートローダーで使用

Amazon

Arduinoの参考書

電子部品ごとの制御を学べる! Arduino 電子工作実践講座 改訂第2版
電子部品ごとの制御を学べる! Arduino 電子工作実践講座 改訂第2版

電子パーツを自由自在に組み合わせて電子工作ができるように、Arduinoによる電子部品ごとの制御方法を詳しく解説。初心者や電子工作に躓いた人でも安心して取り組めるよう、豊富な図・写真で徹底解説。2018年発刊の「Arduino 電子工作 実践講座」の改訂版です。

KindleAmazon
Arduinoをはじめよう 第3版 (Make:PROJECTS)
Arduinoをはじめよう 第3版 (Make:PROJECTS)

本書では、開発者自らが、Arduinoの哲学、ハードウェア、ソフトウェアの基礎を解説、誰にでもできる簡単なチュートリアルを行います。

Amazon

Amazonでお得に購入するなら、Amazonギフト券がオススメ!

コンビニ・ATM・ネットバンキングで¥5,000以上チャージすると、プライム会員は最大2.5%ポイント、通常会員は最大2%ポイントがもらえます!
Amazonギフト券

あなたにおすすめ