5532プリアンプ【モジュラーエフェクタ制作】

5532プリアンプ【モジュラーエフェクタ制作】
5532プリアンプ【モジュラーエフェクタ制作】

モジュラーエフェクタで使える可変ゲインのプリアンプを制作してみた。オペアンプには高負荷をドライブできる5532を使った。デュアルオペアンプなので、2チャンネルのプリアンプを作り、片チャンネルをハイインピーダンス入力に対応させた。ゲインは1〜11倍に設定した。

5532 Preamp Schematic
5532 Preamp Schematic

こちらがその回路図。非反転の増幅回路。片方のチャンネルはギターなどのハイインピーダンス楽器を直接受けれるようにするため、FETバッファを設けた。入力インピーダンスは500kΩとなる。もう片方の入力インピーダンスは50kΩに設定。

2チャンネルあるので、それぞれを直列に繋げば11x11で最大121倍のゲインが得られる。と言っても、電源電圧が9V動作なので出力の振幅はそこから上下を1Vずつ引いた7V程度に制限される。つまり、3.5Vppの出力信号になると歪む。計算すると、121倍のゲインにすると歪むのは入力信号が29mV以上になった時。数mV出力のマイク入力ならゲインを最大にしても歪むことはないはず。

7.6Vまで降下した9V型の充電池では、写真のように5.7Vの振幅までしか出せていない。

増幅の上限は電源電圧に依存する
増幅の上限は電源電圧に依存する

400kHzの正弦波を入力
400kHzの正弦波を入力

こちらは、400kHzほどの正弦波をCh1に入力した時の波形。ゲインは1倍。ちょっとでも増幅させると歪む。FETバッファのないCh2だと最初から歪んでしまう。高周波用のアンプではないから別に良いのだけど、何かの参考に。

色々な信号を入力して観察して分かったことだけど、Ch1に信号を入力すると、わずかだがCh2にもその信号が乗ってしまう。特に数百キロヘルツの高周波だとそれが大きくなる。オペアンプのクロストークによるもなのか、または回路の配線(アートワーク)の問題なのかは不明。どちらにせよ、1つのオペアンプで2チャンネル分作るのはリスクがあることを覚えた。ミキサーで1chづつモジュラー化されているのも、クロストークなどの影響をできるだけ避ける仕掛けなのだろう。

記事に関するご質問などがあればTwitterへお返事ください。
この記事で紹介した商品
エフェクタ製作オススメ商品

エフェクタ製作に必要なオススメの工具をご紹介します。

▼ こちらのはんだごては、温度調節ができるので幅広い用途で使えます。はんだごての台や、ハンダ吸い取り器もセットでお買い得です。

▼ 自作エフェクタ定番のアルミダイキャストケースです。加工しやすく、頑丈で安心。サイズもいろいろ選べます。

▼ 穴あけされてるエフェクタケースです。焼付塗装で完成度を高くできます。

▼ ジャック端子はある程度しっかりしたものを買いましょう。安ものはすぐヘタります。

▼ フットスイッチは一番負荷がかかる部品です。少し高くても、長く使いたいなら頑丈なものを選びましょう。

▼ ギターシールドなどに使うケーブルは、CANAREがオススメです。耐久性が良く、長持ちします。値段もお手頃価格です。

オススメの自作エフェクタ本

エフェクターの電子工作でオススメな書籍を紹介します。どちらの書籍も大塚明先生が書いたもので大変良書だと思います。残念ながら現在廃盤になってしまい品切れまたは高価格になっている可能性が高いですが、もし安く手に入るようなら買っておいて損はないです!

  • 専門的知識がない方でも、文章が読みやすくおもしろい
  • エレキギターとエフェクターの歴史に詳しくなれる
  • 疑問だった電子部品の役割がわかってスッキリする

こちらは別の方が書いた本ですが、写真や図が多く初心者の方でも安心して自作エフェクターが作れる内容となってます。実際に製作する時の、ちょっとした工夫もたくさん詰まっているので大変参考になりました。

関連記事