3Dプリンタで造形物の剥がれをなくす方法〜もじゃもじゃで印刷失敗しないための対策

3Dプリンタで造形物の剥がれをなくす方法〜もじゃもじゃで印刷失敗しないための対策
3Dプリンタで造形物の剥がれをなくす方法〜もじゃもじゃで印刷失敗しないための対策

この記事では、私が3Dプリンタで体験した「造形物が剥がれる」という失敗談と解決策を解説します。

いわゆる「やきそば」ってやつですねー。

やきそば?
やきそば?

この記事で紹介する解決方法を、お役立ていただければと思います。

3Dプリンタで造形物が剥がれる (T_T)

3Dプリント失敗映像
3Dプリント失敗映像

外出中に3Dプリントを稼働させていたら、帰宅後、髪の毛のような、やきそばのようなモジャモジャ状態になっていました。

▼ ちなみに、私が使用している3DプリンタはCrealityの「Ender3 V2」になります。

造形物が「やきそば」になる原因

なんで焼きそば!?
なんで焼きそば!?

実は、造形物がプラットフォームから剥がれてしまうために起こる失敗で、3Dプリントあるあるトラブルのようです。

もちろん、ノズルとプラットフォームとの距離も調整しましたし、プラットフォームの汚れもアルコールでフキフキしました。それでも、造形物が剥がれてしまい、このように失敗してしまいます。この現象は、ある時から突然起こるようになりました。

そこで、実際に私が試した「2つの対策&解決方法」をお伝えしたいと思います。

【解決策1】ラフトを使用する

造形物の剥がれの解決策1としまして、スライサソフトでラフト(Raft)の設定が挙げられます。ラフトを使用すると、造形物の周りのに薄い膜を広げてくれます。これにより、造形物がプラットフォームにしっかり吸着し、剥がれを防いでくれます。また、ラフトを使ったほうがプラットフォームシートの交換頻度を低減させられるようです。

私はCrealityのスライサを使ってますので、「Print settings」の「Build Plate Adhesion」で「Raft」を選択しました。ちなみに「Brim」でも造形物を剥がれにくくできますが、底面が汚くなりますのであまりオススメしません。

ラフトの設定
ラフトの設定

ラフトを使用したら、剥がれの問題が一気に解決し、印刷の失敗がなくなりました!

ラフトを使って印刷
ラフトを使って印刷

このように、ラフトはカンタンに剥がせます。ただし表面が若干汚くなります。また、ラフトを作る分の時間とフィラメントが消費されます。

ラフトを剥がす
ラフトを剥がす

ちなみに作ったものは、リュックのショルダーにカメラの雲台を固定できるようにするためのショルダーマウントです。

ラフト分のフィラメントがもったいないようでしたら、ラフトのマージンを小さくすることで節約できます。「Raft Extra Margin」という項目で、3mm程度に設定しています。

ラフトの詳細設定
ラフトの詳細設定

【解決策2】プラットフォームをアップグレードする

造形物の剥がれを解決するもうひとつの方法は、プラットフォームをアップグレードすることです。デフォルトのガラスベッドをやめて、磁気でビルドプレートを脱着できる商品を購入しました。

磁気ビルドプレートの購入

Crealityから出ているこちらの磁気ビルドプレート(ヒートベッド)を購入してみました。

さっそくAmazonからビルドプレートが届きました。

配達いつもご苦労さまです!
配達いつもご苦労さまです!

ドドン!

ビルドプレート
ビルドプレート

中身はこんな感じです。

ビルドプレート
ビルドプレート

写真のようにプラットフォームシートはマグネット式になっていて、脱着が可能です。

ビルドプレート
ビルドプレート

磁石側の台座の裏は、粘着テープが施されてます。こちらを3Dプリンタのプラットフォームに貼り付けます。

ビルドプレートの交換方法

それでは先ほどのビルドプレートの交換方法をご説明します。

下の写真は、Ender3に標準装備されていたガラス製のビルドプレートです。わずか数週間足らずの使用ですが、ご覧のとおり沢山の焼け跡がついてしまってます。プラットフォームとノズルの隙間調整をせずに印刷してしまったためです。このとき、フィラメントを押し出すE軸モータが「カタンカタン」と巻き戻すような動作をしますので注意しましょう。

Ender3 V2純正のプラットフォーム
Ender3 V2純正のプラットフォーム

さて、デフォルトのガラス製ビルドプレートを外します。両側についている2つのクリップを外せばカンタンに外すことが可能です。

ビルドプレートを外す
ビルドプレートを外す

粘着テープを貼るので、台座をアルコールで掃除しておきます。

台座を掃除する
台座を掃除する

マグネットシートを置き、端の方だけ両面テープのシールを剥がします。

マグネットシートを貼り付ける
マグネットシートを貼り付ける

空気が入らないように、そして位置がズレないようにゆっくりゆっくりシールを剥がして張り合わせます。

マグネットシートを貼り付ける
マグネットシートを貼り付ける

こんな感じで、マグネットプレートをキレイに貼ることができました。

マグネットシートを貼り付ける
マグネットシートを貼り付ける

そして、ビルドプレートを乗せればプラットフォームのアップグレードは完了です。

プラットフォームのアップグレード完了!
プラットフォームのアップグレード完了!

アップグレードおめでとうございます!
アップグレードおめでとうございます!

新しいプラットフォームで印刷

さっそく、新しいプラットフォームで印刷してみました。

ドキドキ...
ドキドキ...

小さな部品でも、Raftなしでも剥がれることなく、キレイにプリントできるようになりました!

Raftなしでも剥がれない
Raftなしでも剥がれない

大きな部品だとヘラで剥がすのはたいへんでしたが、ビルドプレートを取り外して曲げられるので、造形物をカンタンに剥がすことができます!

▼ これ、ホント非常にラクです!!

ビルドプレートを取り外して曲げられる
ビルドプレートを取り外して曲げられる

ちなみに、上の写真はラズパイケースです。こちらの記事で紹介しています。

私の場合、黒色のフィラメントで造形する事が多く、今まではプラットフォームが黒かったため、写真映えに悩んでました。しかし、新しいプラットフォームは明るい色なので、造形物が黒でも映えます。プラットフォームを一新して、一石二鳥どころか三鳥ぐらいのメリットがありました!

まとめ

ということで、3Dプリンタで造形物が印刷途中で剥がれてしまい「やきそば」状態でお悩みの方は、ラフトを使用するか、プラットフォームをアップデートをご検討してみては如何でしょうか?個人的には、プラットフォームのアップデートが俄然オススメです!

プラットフォームのアップデートは、少し初期コストがかかります。ですが、印刷に失敗する確率が低くなりますし、ラフトなしでもいける場合が多いので、長い目で見ればフィラメント代が浮くはずです。なにより、完成した造形物をカンタンに剥がすことがとってもラクになります。プラットフォーム面もキレイに仕上がりますよ!

記事に関するご質問などがあれば、
Twitter または お問い合わせ までご連絡ください。
関連記事