Fritzingでフットプリント制作〜GIMPで実寸サイズのPDFを書き出す

こんなこと、やります。

  • Fritzingでフットプリント制作
  • FritzingでSVGの書き出し、GIMPへ渡す
  • GIMPで実寸サイズのPDFを書き出す

Fritzingでフットプリント制作〜GIMPでサイズ調整、PDF化するまで

この記事は自作プリント基板〜アセトンを使ってトナー転写に挑戦!で作ったフットプリントの忘備録的なメモになります。

Fritzingでフットプリント作成

今回はギターで使うバッファ回路を制作しました。

ブレッドーボードに部品を配置

まずはFritzingで電子部品をブレッドボードに配置します。

ブレッドボードで配線
ブレッドボードで配線

JST-XHコネクタはFritzingに標準インストールされてませんでしたので、こちらからファイルをダウンロードして追加しました。

▼ 普段はこちらのXHコネクタを使っています。

PCB画面で基板パターンを作成

PCBタブへ移動してフットプリントを作成します。

パーツを配置しながら、ワイヤーをダブルクリックしてパターンを作成します。この作業がけっこう大変でして、慣れていないとスパゲッティ状態になってしまいます。何度も修正しながら、合理的なパターンを見つけていくしかなさそうです。

フットプリントの作成
フットプリントの作成

配線の太さを変えたい

線の太さを変えるには、線を選択した状態で右下のInspectorの「width」で変更できます。

線の太さを変える
線の太さを変える

ジャンプワイヤーを作成したい

下図のように、どうしても線同士が交差しなければならない場合は、ジャンプワイヤーを通します。この状態で、下メニューの「Autoroute」を実行してください。

ジャンプワイヤーの作成
ジャンプワイヤーの作成

青い線が作成されます。ジャンプワイヤーを適当な位置へ移動して完成です。

ジャンプワイヤーの作成
ジャンプワイヤーの作成

隙間をベタで埋めたい

余った周囲をベタで埋めたい場合は、部品の端子の上で右クリックを押し、「Set Ground Fill Seed」にチェックを入れます。

Set Ground Fill Seedにチェック
Set Ground Fill Seedにチェック

ベタをGNDにしたい場合は、GNDのある端子の上で「Set Ground Fill Seed」にチェックを入れます。

上メニューの「Routing」から「Ground Fill」→「Ground (top and bottom)」を実行します。

Ground Fillの実行
Ground Fillの実行

このようにベタで埋めることができました。不要なベタは削除可能です。ベタと配線のマージンの設定方法は分かりません。

ベタの完成
ベタの完成

今回は、フットプリントをいくつか並べてコンビニのA4用紙で印刷したいので、SVGファイルで書き出してGIMPで編集します。下部にある「Export for PCB」から「Etchable(SVG)...」で書き出します。

GIMPで実寸サイズのPDFを書き出す

ここからは、GIMPで実寸サイズに調整し、PDFファイルを作ります。

A4(300ppi)でファイルを作成

GIMPのメニューで「File」→「New」から「A4(300ppi)」を選択して新規作成します。

A4(300ppi)で新規作成する
A4(300ppi)で新規作成する

SVGファイルのインポート

書き出したSVGを画面にドラック&ドロップします。するとダイアログが表示されますので、「Resolution」を「11.8110(pixels/mm)」に設定してください。これは、300ppiをpixels/mmの単位に変換した値です。正しい値でないと、印刷した時に寸法がズレてしまいますので注意しましょう。

Resolutionを合わせてSVGファイルを読み込む
Resolutionを合わせてSVGファイルを読み込む

あとは、好きなだけフットプリントをコピペして配置します。画像編集ソフトなら、フットプリントに文字やイラストを入れることも可能です。

フットプリントの複製
フットプリントの複製

PDFへ書き出し

最後にPDFへ書き出します。

「File」→「Print」を開き「Image Setting」タブへ移動します。「Ignore Page Margins」にチェックを入れて「Width」を最大にし、A4サイズに合わせます。

プリント設定でA4サイズに合わせる
プリント設定でA4サイズに合わせる

「Print Preview」ボタンを押して、macOSのプレビューアプリで開きます。その画面でcommand + Sを押して、PDFを保存します。

以上で、フットプリントのPDFファイルの完成です。

フットプリントPDFの完成
フットプリントPDFの完成

トナー印刷での転写のやり方は、こちらの記事をご覧ください。

「キッチンノート.fun」という料理サイトを立ち上げました!このサイトで紹介していた料理記事は、そちらへ移動しました。
記事に関するご質問などがあれば、
Twitter または お問い合わせ までご連絡ください。
関連記事