無安定マルチバイブレータでLチカ

マルチバイブレータでLチカ
マルチバイブレータでLチカ

無安定マルチバイブレーター(Astable Multivibrator)と呼ばれる発振回路でLEDの点灯を行ってみた。いわゆるLチカである。

ArduinoやRaspberry Piの動作確認のためにLチカをよくするが、ここではトランジスタ2つを使ってLEDを点滅させる。

Astable Multivibrator Schematic
Astable Multivibrator Schematic

こちらがその回路。2つのLEDが交互に点灯するというもの。トランジスタや電子回路の書籍でよく見かける回路である。

しかし、実際にこの回路を組んで実験してみたという人は意外と少ないのでは?私もその一人。回路図が交差していて何をやっているか分かりずらい回路だ。

しかし一度ブレッドボードで組んでみると、意外とシンプルな回路で面白かった。トランジスタのベース抵抗やコレクタ抵抗の感も身につくので、皆さんも一度実験してみることをオススメする。

無安定マルチバイブレータの流れ
無安定マルチバイブレータの流れ

回路の動作をざっと説明しよう。

この回路の電源をオンにした時、例えばLED2が点灯したとする。その時、右側のトランジスタはオンの状態になっているので、C2の右側の電位が下がり、R2の抵抗を介して電流が流れ、C2の充電が始まる。C2の左側の電位が高くなると、今度は左側のトランジスタがオンになる。その繰り返しにより、LEDが交互に点灯する仕組みとなっている。だから、コンデンサの容量や抵抗の値を変えると点滅の速度が変わる。

詳しい説明はこちらの書籍がわかりやすかったのでオススメしておく。

図解でわかる はじめての電子回路
図解でわかる はじめての電子回路

電子回路学習における安心のロングセラーが、最新改訂版に! 一通りの内容をていねいに細かく解説しているので、独習用途にも最適です。 【内容】 第0章 計算と回路の基本・ 第1章 ダイオード・ 第2章 トランジスタの基本・ 第3章 OP.Amp・ 第4章 2進数と16進数・ 第5章 論理回路・ 第6章 パルスと発振回路・ 第7章 モータ制御・ 第8章 変調と復調

Amazon

無安定マルチバイブレーターの発振発振周波数は次式で計算される。無安定と言っても周波数が不規則という意味ではない。

$$f=\frac{1}{0.69(C_1R_1+C_2R_2)}\tag{1}$$

ここで\(C_1=C_2=C、R_1=R_2=R\)とすれば、デューティ比50%の次式の周波数で発振する。

$$f=\frac{1}{1.38CR}\tag{2}$$

デューティ比を変えたLチカ
デューティ比を変えたLチカ

実際に、R2を100kΩの可変抵抗に変えて実験してみた。それぞれのLEDの点灯時間の比(デューティ比)が変わった。

ところで、回路図の4.7kΩの抵抗はLEDの電流を制御するものだ。9V電源なので高めの抵抗を選んだが、3V電源などで動かす場合は1kΩ程度にすれば良い。

シリコントランジスター 2SC1815-BL
シリコントランジスター 2SC1815-BL

正規品、NPNシリコントランジスター、パッケージ:TO-92、IC:150mA、VCEO:50V、PC:400mW、hFE:350-700

Amazon

一台あると便利!本格的な発振器

Kuman 信号発生器 DDS信号発生器 デジタル 周波数計 高精度 30MHz 250MSa/s 2チャンネル 任意波形 多機能 2.4インチTFTカラーLCD FY6600
Kuman 信号発生器 DDS信号発生器 デジタル 周波数計 高精度 30MHz 250MSa/s 2チャンネル 任意波形 多機能 2.4インチTFTカラーLCD FY6600

AmazonRakuten
KKmoon DDS機能 信号発生器 1HZ-500KHZ 正弦+ 方形+ 三角形+ 鋸歯波形
KKmoon DDS機能 信号発生器 1HZ-500KHZ 正弦+ 方形+ 三角形+ 鋸歯波形

★小さいですが、多くの機能を持ち、操作しやすくて持ち運びが便利です。 ★オシロスコープを使用して電子回路のテストとデバッグ、オーディオアンプの周波数応答とインパルス応答に使用できます。 ★方形波形は、オシロスコープ減衰器およびプローブインパルス応答の調整に適しています。 ★オシロスコープのスイープ時間係数を較正することもできます。 ★正弦波と脈 波の出力に合わせてフィルタを開閉できます。

AmazonRakuten
A&D オシレーター 電子計測機器 AD-8626
A&D オシレーター 電子計測機器 AD-8626

信号出力部 出力周波数レンジ:10Hz~1MHz (5レンジ) 信号出力部 出力波形:方形波、正弦波 信号出力部 出力振幅:正弦波 5Vrms以上(600Ω負荷時)、方形波 10Vpp以上(無負荷時) 信号出力部 出力周波数精度:ダイアル精度±(3%+1Hz)(ダイアル10および100の位置における精度) 信号出力部 出力インピーダンス: 約600Ω

AmazonRakuten

オススメの書籍

サウンド・クリエイターのための電気実用講座
サウンド・クリエイターのための電気実用講座

面白くないものはつまらない。 音や音楽に興味があるけど、電気の公式は見たくもない人、電気を「理科系」だと思っている人、勉強が嫌いな人、あなたのための本です。電気って、本当はすごく面白い。夢とロマンの世界なんです。それを知ってもらうために純粋文科系の私が書きました。読んでくれた人、ありがとう!これから読む人、よろしく!

AmazonRakuten
定本 トランジスタ回路の設計―増幅回路技術を実験を通してやさしく解析 (定本シリーズ)
定本 トランジスタ回路の設計―増幅回路技術を実験を通してやさしく解析 (定本シリーズ)

電子回路のブラックボックス化が進む中、現代のエレクトロニクス技術の原点といえるトランジスタ回路の設計技術を、基礎の基礎からやさしく解説しました。

Amazon
定本 OPアンプ回路の設計―再現性を重視した設計の基礎から応用まで (定本シリーズ)
定本 OPアンプ回路の設計―再現性を重視した設計の基礎から応用まで (定本シリーズ)

Amazon

Amazonでお得に購入するなら、Amazonギフト券がオススメ!

\Amazonギフトがお得/

コンビニ・ATM・ネットバンキングで¥5,000以上チャージすると、プライム会員は最大2.5%ポイント、通常会員は最大2%ポイントがもらえます!
Amazonギフト券

\この記事をシェアする/