生わかめうどんの作り方・レシピ【ぶっかけ冷】

生わかめうどんの作り方・レシピ【ぶっかけ冷】

この記事では、新鮮な生わかめを使った「生わかめうどん」のつくり方をご紹介します。春頃、生わかめを見つけたらぜひ試してみてください。生わかめの香りをおいしく楽しむためにも、シンプルな材料でつくるのがオススメです!

生わかめうどんの材料(1人分)

食材 分量
生わかめ ひとつかみ
うどん麺 1食分
めんつゆ 30cc
出汁 30cc
長ネギ 適量

うどんの麺は、手打ちうどん コシの強いうどんの作り方・レシピで作ったものを使いました。もちろん、市販の乾麺や生麺でもかまいません。その際は、各自でゆで時間を調整してください。

めんつゆや出汁の作り方は、こちらの記事もご参考になさってみてください。

▼ 市販の「うどんつゆ」でも美味しいです。

生わかめうどんの作り方

%%{init:{'theme':'base'}}%% graph TB classDef class1 fill:#ffd3e0 classDef class2 fill:#e3ffe3 classDef warn fill:#ffbda1 A[生わかめの茎と,
ひらひらの部分を切り分ける] --> B[わかめの茎を2分,
ひらひらの部分を30秒ほど茹で,
鮮やかな緑色に変える] B --> C[冷水で粗熱を取り,
わかめの水気をよく切って
食べやすい大きさにカット] C --> D[鍋にたっぷりの水を沸かし,
うどんの麺を15分茹でる]:::class1 D --> E[別の鍋にめんつゆと出汁を入れ,
ひと煮立ちさせる]:::class1 E --> F[つゆを器へ移し冷ます.
長ネギは小口切りにしておく]:::class1 F --> G[うどんが茹で上がったらザルに上げ,
冷水でぬめりを取り除き締める]:::class1 G --> H[麺を器へ移し,
ワカメ,長ネギをのせて完成]:::class1

はじめに、生わかめの下処理を行っていきます。

旬の生わかめを購入
旬の生わかめを購入

茎とひらひら部分を切り分ける
茎とひらひら部分を切り分ける

茹でると鮮やかな緑色に
茹でると鮮やかな緑色に

冷水で粗熱を取り、水気を切る
冷水で粗熱を取り、水気を切る

下処理した生ワカメは、冷蔵保存で3日、冷凍保存で1か月ほど持ちます。

わかめの旬は2月〜5月です。この頃、スーパーなどで生わかめを見かけたら、ぜひ試してみてください。生わかめならではの香りが立っていて、とてもおいしいです!シンプルなうどんとの相性はバツグンです!

生わかめの下処理ができましたら、生わかめうどんを作っていきましょう。

うどんを茹ではじめる
うどんを茹ではじめる

すぐに麺をほぐす
すぐに麺をほぐす

うどんが踊るように、たっぷりの水で茹でる
うどんが踊るように、たっぷりの水で茹でる

出汁とめんつゆを混ぜ合わせ、ひと煮立ちさせる
出汁とめんつゆを混ぜ合わせ、ひと煮立ちさせる

つゆを器に移し、冷ましておく
つゆを器に移し、冷ましておく

うどんを流水で洗い、締める
うどんを流水で洗い、締める

生わかめうどんの完成
生わかめうどんの完成

YouTubeで モノ作りチャンネル料理チャンネルベースチャンネル 始めました!
記事に関するご質問などがあれば、
Twitter または お問い合わせ までご連絡ください。
自宅でもカンタンに手打ちうどん!
パスタをより美味しくする!
関連記事