【ベランダ菜園】はじめての茎ブロッコリー栽培



2020年6月から、都内のベランダでいろいろな野菜を菜園しはじめた。
コロナの影響で今年から菜園をはじめた人も多いのではないだろうか。

ところで自宅のベランダは直射日光が当たる時間が1〜2時間程度。かなり日当たりが悪いほうだ。
それでもそれなりに野菜が育っていくので、日々たのしさを感じている。

私は菜園歴がほぼないような菜園初心者である。だからいろいろと書籍やネットを調べながら、見よう見まねで試行錯誤している。そんなわけで記事には間違いなどがあるかもしれない。

この記事は日々の菜園記録管理としてまた、次回の菜園に役に立てるつもりで記すことにしている。
もしこの記事が私以外の誰かにも役立つようならば幸いだ。



ブロッコリー

項目内容
学名Brassica oleracea var. italica
分類アブラナ科アブラナ属
原産地地中海東部
英名broccoli
来歴明治時代に導入され、戦後の食の欧米化で普及した
栄養β-カロテン、ルテイン、スルフォラファンが含まれる
保存法茹でて冷蔵保存
料理蒸し茹で
タネまき7月中旬〜8月中旬
収穫日数約120日
肥料20日おきに12月中旬まで追肥
水やり冬でも忘れずに水やりをする
その他15世紀にキャベツをイタリアで改良したものが広がった。プランターが大きいほど多収となる。

上記は普通のブロッコリーのデータだが、茎ブロッコリーも同じ仲間なので栽培方法などは同じで問題ないと思われる。



0日目タネまき (6/26)


ダイソーで購入した茎ブロッコリーのタネを小さなプランターに3点まいた。



15日目本葉 (7/11)


発芽し本葉も出てきた。


雨の泥はね対策として、藁でマルチングした。またこうすることで、クロバネキノコバエの発生をだいぶ抑えられる。



22日目植え替え (7/18)


プランターが小さすぎたので、三本の中からいちばん状態が良いものを一つ選んで8号プランターに植え替えることにした。



28日目またまた植え替え (7/24)


植え替えてから数日、葉が大きく育ってきた。


この日、もうひと苗育てようと思いポリポットにタネまきを行った。
そしていっそのこと大きなプランターでふたつの苗を育てようと思い、再度植え替えることにした。


移動ばかりで苗には申し訳ないが、今度こそ定植ということで。


41日目(8/6)


支柱を立ててから、まっすぐ育つようになった。
根っこもしっかり根付いたようだ。


ポリポット苗の方は、少し徒長気味のようだが本葉まで育ってきたのでそろそろ移動させる予定。



43日目定植、追肥 (8/8)




ポリポットで育てていた苗を定植した。


定植後は水やりをたっぷりとやった。またプランターの端を掘り追肥をした。



47日目(8/12)


とくに虫に食べられることなく丈夫に育っている様子。



51日目病害虫発生 (8/16)


一見丈夫そうなブロッコリー。


良く観察してみると、このように枯れ始めていた。


茎ブロッコリーの葉は肉厚で、病気など無縁だと思っていただけにショックだ。
枯れている部分を拡大レンズで確認するとこのようになっている。


なにかのカビだろうか。
ここのところミニトマトはじめ、チンゲンサイや空芯菜も病害虫がちらほら発生している。
最高気温が40℃近くにもなる猛暑の中、野菜にとってもこの暑さは辛いのかもしれない。



57日目追肥 (8/22)


この日、一緒に植えているニンジンとともに追肥をした。


62日目(8/27)


その後、枯れた部分は広がることなく成長している。少しほっとした。


夏の暑さもピークを過ぎ、これから徐々に涼しくなっていくのでブロッコリーもほっとしていることだろう。
後から植えたもう一株のブロッコリーもだんだん成長してきた。



90日目頂花蕾の摘芯 (9/24)


立派に成長した茎ブロッコリー。


ようやく頂花蕾がなったので摘芯した。


この頂花蕾を摘芯することで、脇芽から側枝が伸びて側花蕾がなっていくらしい。




今後の予定


9月10日、追肥予定

野菜の成長があれば追記していく予定。


参考


大判 プランター菜園コツのコツ: 上岡流 写真図解でわかる逸品づくり
ベランダ寄せ植え菜園: 自然の力を借りるから失敗しない
もっとおいしく、もっと知りたい やさい





あなたにおすすめ