世界26カ国のiPhoneとAndroidのシェア率を比較してみた【2018年版】



最新のデータはこちらの記事へ

【2020年】iOS vs Android、どっちのOSがシェア率が大きい?世界でシェア率を比較してみた


アプリ開発者ならば誰もが自分のアプリを世界にも広めたいと思い、気合いを入れてローカライズや翻訳にお金をかけるこたことがあるのではないだろうか。しかし、もしもその国でAndroidが圧倒的なシェアなのに、iPhoneアプリに力を入れて売り出そうとしても無駄な努力となってしまうだろう。そこで自戒の念も込めてだが、世界各国でiOSとAndroidがどのくらいの割合でシェアされているのか調べてみることにした。

グラフのデータはStatCounterから拾ってきたものだ。2017年6月から2018年6月までを、フィルタリングしたデータである。円グラフおよび表に書き出した値は2018年6月時点での値である。見やすくするために表の数字は四捨五入して表記した。また、最後にまとめたデータを記しておいたのでご参考に。

データ参照元

» StatCounter







🇺🇸 アメリカ








まずはアメリカ。
AndroidもiPhoneもアメリカで生まれた。
ほぼ互角と言って良い感じだが、若干iPhoneの方が人気があるようだ。

  • iOS 54%
  • Android 46%




🇬🇧 イギリス








イギリスは年間を通すとほぼ互角といった感じ。

  • iOS 46%
  • Android 52%





🇮🇪 アイルランド








もともと半々の感じだったが、最近になってAndroidが勢いをましている。

  • iOS 40%
  • Android 59%




🇮🇳 インド








気持ちが良いほどAndroid一強!
インドへのローカライズ対応では、iOSは捨てといても良いだろう。


  • iOS 3%
  • Android 89%




🇨🇦 カナダ








若干iOSに軍配があがるかな?

  • iOS 54%
  • Android 45%



🇩🇪 ドイツ








意外にもAndroidユーザーがかなり多いドイツ。
EU最大の経済圏なので、ローカライズ対応は見逃せない。

  • iOS 28%
  • Android 71%



🇨🇳 中国








人口の多い中国で一儲けしたい!と誰もが思うかもしれない。
しかし中国へむけて売り出すためには、ICPライセンスという問題があるためなかなかハードルが高い。

  • iOS 22%
  • Android 75%



🇹🇼 台湾








  • iOS 40%
  • Android 60%



🇰🇷 韓国








Samsungの国。圧倒的なAndroidシェア率だが、最近はiOSが徐々に盛り返している。
余談だが、日本語の文法ともかなり似ているためGoogle翻訳の精度が高い。
なのでローカライズにはGoogle翻訳がかなり使えそう。

  • iOS 27%
  • Android 73%





🇷🇺 ロシア








固有名詞も文節によって語形変化するためハードルが高そうだ。

  • iOS 24%
  • Android 74%



🇫🇷 フランス








  • iOS 28%
  • Android 71%



🇮🇹 イタリア








  • iOS 23%
  • Android 75%



🇪🇸 スペイン








  • iOS 19%
  • Android 80%



🇧🇷 ブラジル








  • iOS 12%
  • Android 85%



🇹🇭 タイ








  • iOS 17%
  • Android 82%



🇲🇾 マレーシア








  • iOS 14%
  • Android 84%



🇫🇮 フィンランド








ノキアの国。いまでは懐かしい。

  • iOS 27%
  • Android 70%



🇸🇪 スウェーデン








ABBAの国スウェーデン!なかなかいい感じにiOSが使われている。

  • iOS 51%
  • Android 48%




🇳🇴 ノルウェー








同じく北欧のノルウェー。スウェーデンと似た感じで、しかもグラフの推移の形までもが似ている。
iOSとAndroidはほぼ互角かな?

  • iOS 51%
  • Android 48%




🇦🇺 オーストラリア








若干iOSユーザーが多い感じだ。
英語圏なのでローカライズ対応では見逃せない。

  • iOS 52%
  • Android 46%



🇭🇰 香港








  • iOS 44%
  • Android 56%





🇪🇬 エジプト








  • iOS 9%
  • Android 90%



🇳🇿 ニュージーランド






  • iOS 47%
  • Android 53%



🇦🇪 アラブ首長国連邦






  • iOS 18%
  • Android 66%



🇸🇬 シンガポール








いったい何があったのだろうか、2017年10月に?
iOS失墜。

  • iOS 8%
  • Android 86%



🇯🇵 日本








最後に日本はどうかというと、iOSシェア率が例を見ないほど高い。
みんな大好きiPhone!なのかな?

  • iOS 67%
  • Android 32%






まとめるとこうなる


国名 iOS Android
🇺🇸 アメリカ 54% 46%
🇬🇧 イギリス 46% 52%
🇮🇪 アイルランド 40% 59%
🇮🇳 インド 3% 89%
🇨🇦 カナダ 54% 45%
🇩🇪 ドイツ 28% 71%
🇨🇳 中国 22% 75%
🇹🇼 台湾 40% 60%
🇰🇷 韓国 27% 73%
🇷🇺 ロシア 24% 74%
🇫🇷 フランス 28% 71%
🇮🇹 イタリア 23% 75%
🇪🇸 スペイン 19% 80%
🇧🇷 ブラジル 12% 85%
🇹🇭 タイ 17% 82%
🇲🇾 マレーシア 14% 84%
🇫🇮 フィンランド 27% 70%
🇸🇪 スウェーデン 51% 48%
🇳🇴 ノルウェー 51% 48%
🇦🇺 オーストラリア 52% 46%
🇭🇰 香港 44% 56%
🇪🇬 エジプト 9% 90%
🇳🇿 ニュージーランド 47% 53%
🇦🇪 アラブ首長国連邦 18% 66%
🇸🇬 シンガポール 8% 86%
🇯🇵 日本 67% 32%


最新のデータはこちらの記事へ

【2020年】iOS vs Android、どっちのOSがシェア率が大きい?世界でシェア率を比較してみた






最後に


気になった国を思いつきで調べてみたが、各国それぞれに違いがあり、世界と言ってもひとくくりには出来ない。それに、これらの値をそのまま使うのはいささか乱暴だろう。国によってスマートホンの普及率は違うだろうし、回線のインフラが十分でない国もまだまだある。年齢分布や通勤の仕方も違えばスマートフォンの使い方も違ってくるだろう。

国のことを調べるほどローカライズの深さを知ることとなり、難しくなっていきそうだ。

ローカライズをより深く学びたい人は、こちらの本をオススメする。
目から鱗が落ちるようなことが沢山書いてあり、この記事のデータを集めるためのStatCounterもこの本から知ることができたので。

グローバルWebサイト&アプリのススメ グローバルジェネラリストなWeb担当者を目指して

Webサイト・サービス、アプリのグローバライズのノウハウを多くの事例から導き出した書籍です。アクセシビリティ、表示パフォーマンスといったコンテンツの実装要件がほぼほぼ出そろったいま、あらゆるWebサイトが検討すべき事項はコンテンツそのものの質の向上で、その重要なテーマにグローバライセーションとローカライゼーションがあります。

Amazon



ローカライズ管理を便利にする方法!

スプレッドシートでアプリのローカライズを管理して効率を上げる方法【多言語/Swift/Xcode】






あなたにおすすめ