激うま!自家製「ラー油」と「汁なし担々麺」の作り方、レシピ



この記事では自家製「ラー油」の作り方をお伝えする。
またそのラー油を使って「汁なし担々麺」を作ってみたところ、激うまだったのでそのレシピも紹介する。





激うま!自家製「ラー油」の作り方(200ml)


材料

食材分量
サラダ油200ml
生姜1片
にんにく1片
長ネギ(玉ねぎでもOK)1/3本
花椒(ホアジャオ)大さじ2
ピーナッツ一握り
唐辛子(粉状)一握り
唐辛子(輪切り)小さじ2


手順

  • ① 生姜、ニンニク、長ねぎをみじん切りにしておく。
  • ② フライパンにサラダ油を半量(100ml)入れ、①の材料と花椒を弱火で焦がさないようにじっくり炒め揚げする。(香りを油に移す)
  • ③ きつね色になったら、具材を取り出し、残りのサラダ油を入れ180度の温度まで熱する。
  • ④ ガラスの保存容器に唐辛子とピーナッツを入れておき、そこへ③の油を熱い状態でそそぐ。
  • ⑤ 油が冷めてから、③で取り出した具材を入れればラー油の完成。


絶対焦がさないように弱火でじっくり炒める。


パスタ用のアルミパンは他のフライパンに比べて火力調整がしやすく、低温をキープできてテンパリング(油へ香りを移す作業)には欠かせない。


アカオアルミ DON アルミフライパン 27cm アルミニウム合金、ハンドル(アルミダイキャスト) 日本製 AHL24027

普通アルミ材に対し耐食性・耐摩耗性にすぐれている。プロの酷使に耐久性を発揮。伝導アルミは鉄やステンレスに比べ熱伝導がよい。熱ムラがないので料理の仕上がりがよく、煮る、蒸す、わかす、焼く道具として適している。

Amazon



ガラス製の保存容器に唐辛子(粉と輪切り)とピーナッツを入れておく。


180度に熱した油をそそぐと、写真のようにしゅわしゅわ泡立ち、ラー油の良い香りがしてくる。


具材を戻し入れれば、「激うま!自家製ラー油」の完成!






「汁なし担々麺」の作り方


さきほどのラー油を使って「汁なし担々麺」を作ったので、その作り方をご紹介。

タレ作り方(1食分)

食材分量
ゴマペースト大さじ1
鶏ガラ小さじ1
大さじ1
甜麺醤小さじ1
オイスターソース大さじ1
激うま!自家製ラー油大さじ1
お湯少々


タレの材料をすべて器に入れ、少しのお湯で溶かし混ぜ合わせておく。

オイスターソースの代わりに醤油でも代用可能だが、しょっぱくなりすぎないように注意。
お湯を少しだけ入れ、ソースを混ぜ合わせる。


肉味噌の作り方(2食分)



食材分量
豚ひき肉200g
ニンニク1片
生姜1片
オイスターソース大さじ1
花椒(ホアジャオ)大さじ1
青山椒(ホール)大さじ1
甜麺醤大さじ1
豆板醤大さじ1
大さじ1


  • ① ニンニクと生姜をみじん切りにする。
  • ② フライパンに油をひいて①と花椒、青山椒、豆板醤を入れ弱火で炒める。
  • ③ 油に香りが移ったところで、豚ひき肉を②へ投入し、色が変わるまで弱火で炒める。
  • ④ 最後に甜麺醤を入れ、よく混ぜ、軽く炒めたら完成。




麺とトッピング



最後に中華麺を茹でたら、タレの器に入れ、肉味噌と好きなトッピングを添えて完成。

トッピングには、ゆで卵や、アーモンド、チンゲンサイ、もやし、白髪ネギなどお好みで。
アーモンドが入ると、グッとお店の坦々麺な感じになるのでオススメしておく。




あなたにおすすめ