長期保存・大量消費!大葉の塩漬けの作り方

大葉の塩漬
大葉の塩漬

大葉の塩漬けの作り方をご紹介します。大葉の塩漬けは1年もの長期保存が可能な保存食です。家庭菜園などで大葉を消費しきれない場合は、大葉の塩漬けを作ってみてはいかがでしょうか?

ちなみに、私もベランダ菜園で育ていた大葉の成長がとてもはやく、大葉の消費が追いつかなかったので大葉の塩漬けを作りました。

大葉の塩漬けのつくり方

  1. 大葉を洗って水気をきる。
  2. 保存容器に塩少々を敷き、大葉、ひとつまみの塩の順に重ねていく。
  3. 最後にラップを大葉に重ねて冷蔵庫で保存。1週間くらいから食べごろとなる。

大葉は洗ってよく乾かす
大葉は洗ってよく乾かす

大葉と塩を交互に重ねる
大葉と塩を交互に重ねる

塩漬けにした大葉は、冷蔵庫で半年以上保存が可能なようです。

大葉の塩漬け数週間後

大葉と塩漬け3週間後
大葉と塩漬け3週間後

約3週間後の大葉の塩漬けをさっと水洗いし、ごはんの上にのせて初めて食べてみました。シソの香りが引き立っており、丁度よい塩梅の塩味とパリッとした歯ごたえに舌鼓を打ちました!香りは違えど、柏餅や桜餅の葉っぱのようなイメージです。

腐ったりカビが生える様子はまったくなく、非常に手軽に作れる保存食で良いアイデアだと思いました。大葉の消費に困ったときは「大葉の塩漬け」絶対オススメです!

他にも大葉味噌を作ってみましたので、大葉の大量消費レシピのご参考になさってみてください。

記事に関するご質問などがあればTwitterへお返事ください。
この記事で紹介した商品
漬物に便利な道具
保存食で生き抜く!オススメの本
関連記事