缶詰でつくるギターアンプ!(かんづめ386)

/




ブレッドボードで回路の実験をしている時に、モニターとしてヘッドホンを使っていたが耳へ装着したり脱着する作業が煩わしかった。かといってメインのAltecモニターで鳴らすのはちょっと怖い。

そこで100均スピーカーユニットとNJM386が余っていたので、これを元に回路を組み立てて実験用のモニタースピーカーとして使うことにしてみることに。

スピーカーと回路を詰め込む手頃な空き缶を考えている時、フタ付きのパイナップル缶を見つけた。これだ!
すぐさま購入。(中身のパイナップルは美味しくいただきました)

ドリルで小さな穴をいくつも空けて、ニッパーで切り取りスピーカーが入る大きな穴を作る。ニッパーは刃が悪くなってしまったので、今度からは空き缶用に用意した方が良い。
スピーカーと缶詰はすきまを作らないように万能ボンドで接着してある。

さて回路実験に取り掛かる。



NJM386は以前製作したヘッドホンアンプでも使ったオーディオアンプだ。なので回路設計は楽勝と思っていたが、なかなか手こずってしまった。というのもギター出力を鳴らそうとすると音割れがひどいのだ。音量を上げると歪んでしまう。できればクリーントーンで鳴らしたい。試行錯誤して次の回路で落ち着くことにした。



ギター入力も受けれる様にFETでバッファ回路を入れている。この回路の場合、1MΩが並列に2つ入っているので入力インピーダンスは500kΩとなる。バッファ以降は386データシートのサンプルとほぼ同じ。
ボリュームを上げすぎると歪む事があるが、実験モニターとしては十分な音量が出るのでこれで良した。

基盤に移し替えて半田付け。



汚いものにフタをするかの様に回路と電池を押し込んで行く。



ちょうど良い感じに収まった。
密閉型のスピーカーだが、裏のフタがパッシブラジエーターになっている!?

「かんづめ386」と名付けた。(Room 335と掛かっているとか掛かっていないとか)


そしてなんと!、スイッチとボリュームを足にしてスタンドモードになることも可能だ!



気になる音はというと、缶詰クサイ音がする...