長期保存・大量消費!カブの保存食のレシピ

カブを保存するための方法として、基本の冷蔵保存から冷凍保存、そしてぬか漬けや酢漬け、干し物といったカブの保存食の作り方をご紹介します。

「カブが安くて買ったは良いけど、使い切れそうにない。」

そんなときにぜひご参考になさってみてください。

カブを冷蔵保存する方法

まずは基本の冷蔵保存です。カブの保存に最適な温度は0度です。葉をつけたままですと、葉にどんどん栄養を奪われるので、カブを手に入れたらすぐに実と葉を切り分けます。新聞紙に包んでポリ袋に入れ、冷蔵保存します。3〜4日で使い切りましょう。

カブを冷凍保存する方法

カブの冷凍保存
カブの冷凍保存

次に定番の冷凍保存です。カブをよく洗い、カブの実を少しつけて茎を切ります。実は使い安い大きさにカットし、ジップロックに入れて冷凍保存します。冷凍するとカブの歯ごたえが出て、食感が良くなることに気づきました。味噌汁や煮物などに手軽に使うことができてオススメです。

カブのぬか漬けの作り方

カブのぬか漬け
カブのぬか漬け

  1. 茎に少し実をつけてカットします
  2. 実は皮を向き1/4にカットします。
  3. ❶と❷を塩でもみます。
  4. ぬか床に入れて丸1日で食べごろになります。

ただしぬか漬けですと、ぬかから取り出してからは2〜3日程度で余り日持ちしません。つけすぎてもしょっぱくなるだけですのでご注意ください。

カブの酢漬けの作り方

カブのぬか漬け
カブのぬか漬け

カブの酢漬け、いわゆるピクルスです。これなら長期保存が期待できそうですが、美味しいので普通に消費しちゃいそうですね。

カブの酢漬けのつくり方です。

  1. カブ大1個をいちょう切りにし、塩でもんで水気を切ります。
  2. 保存容器に酢100cc、砂糖大さじ1、唐辛子(輪切り)1本、昆布1切れを入れ、❶を入れて冷蔵保存します。

カブの干物の作り方

カブの干物
カブの干物

カブの皮も食べれますので、捨てるのはもったいないです。そこで、切り干し大根のように、カブの皮を干物(干し野菜)にしてみましょう。風通しの良い場所で干します。2〜3日干して水分が飛んで軽くなったら、乾燥剤とともにジップロックへ入れて保存します。しっかり水気が飛んでいれば常温でも長期保存できるはずです。

もちろん実を干しても良いです。旬のカブは1時間でも干すと、甘みが増して旨味が凝縮されるそうです。

記事に関するご質問などがあればTwitterへお返事ください。
漬物に便利な道具
保存食で生き抜く!オススメの本
関連記事