【ベランダ菜園】ミニトマトの栽培 2020年6月からの記録



ホームセンターで苗を買って、ミニトマトをベランダで育ててみることにした。
ミニトマトは小学生の時に育てた記憶がある。育てた記憶はあるのだが悲しいことに育て方は全く覚えていない。
ネットから情報を収集しつつ試行錯誤して育てた記録を残すことにする。



6月20日 植え付け


この時期、種から育てるには遅すぎるので苗を買って育てることにする。
近くのホームセンターでミニトマトの苗を一つ購入(200円)。他のプランターで育てていたバジルと一緒にAmazonで買ったフェルトのプランターに植え替えた。



フェルトプランターは程よく水はけしてくれるようで、なんと鉢底石がいらないらしい。軽くて折りたためるし見た目も可愛らしい。折り曲げれば大きさ容量も簡単に変えられる。捨てるときも燃えるゴミに出せるから大変おすすめ。


土も持ち運びが大変なのでAmazonの配送に頼ることにした。トマト用の土ではなく、普通の培養土25リットルを購入した。持ち帰る手間を考えるとなかなか安い値段ではないだろうか。


ところでプランターが大きいと25リットルの土でもあっという間になくなる。


6月29日 トマトとバジル



トマトがグングン育っていく。バジルも負けじど背を高くしていく。
大きいプランターに移すと根が張りやすくなるためか成長が速いようだ。


6月30日 花が咲く



花が初めて咲いた。苗を植え付けてからまだ10日しかたっていない。
もうなのか?もう実がついちゃうの?

大したことはやっていない。脇芽が出たら摘み取るくらい。
あまりにもトマト栽培が簡単なのでショックを受ける。


7月1日 支柱を立てる



そろそろ支柱がないと不安になってきたので、適当な長さの支柱を買ってきて立ててみた。どこまでデカくなるのやら。


7月7日 実を発見



小さな実らしきものを発見(逆光で見にくく申し訳ない)!花がしおれてその後に実が成長していく。他の場所も花が咲いているので実がいっぱい成りそう。楽しみだ。


7月12日 連なる実



なんだかキレイに仲良く並んでるじゃないか。梅雨まっただ中で天気は良くない日がつづくが頑張ってくれ。


7月19日 久々に天気が良い



不安定な天気が続く中、今日は久々に晴れた。ようやく夏らしい暑さを感じたのか、ミンミンゼミが地中から出てきて鳴き始めた。
さて、トマトの実が成ってからずいぶん日がたつが赤くならない。日照不足が影響しているのだろうか。


7月22日 窒素過多?


第四花房まで花が咲いた。

第一花房(かぼう)


第二花房


第三花房


第四花房


第三花房の実付きが悪いように思われる。
調べてみるとどうもこの状態は窒素過多の可能性がある。一番上の穂が緑濃く、内側に丸まっている。
肥料をやり過ぎたのかも。土もトマトの土ではなく培養土だ。その上、追肥したような記憶も、、

成長中の野菜を一緒に植えることで窒素過多を改善してくれるのではと思い、ルッコラを植えてみることにした。既にバジルを一緒に植えていたのだがどうも成長が遅いので抜き取ることに。

さらに下の葉がしげっているので、下に植えてる苗に火が当たるように第一花房の下の茎を少し切り落とした。


ルッコラは6月26日に種まきしてポリポットで育てていたものを植え付けた。


ルッコラが栄養を吸い取ってトマトプランターの窒素過多のバランスを整えてくれることを期待しよう。

ちなみにミニトマトはナス科でバジルはシソ科、ルッコラはアブラナ科。

7月29日 まだ赤くならない




最初の開花を確認したのが6月30日、最初の実がまだ赤くならない。不安になってきたのでネットで調べてみた。

するとトマトが赤くなるには積算温度の条件を満たすことが必要ということが分かった。
その条件とは、開花後から1日の平均気温を足していって1100℃〜1200℃必要とのこと。
平均気温のログは気象庁のサイトに掲載されているので、さっそく開花後からの積算温度を計算してみた。

6月28日から昨日までの平均温度の合計は755℃となった。
先ほどの1100℃に達していないのだから赤くならないのは当然だったのだ。

では、後どれくらい時間がたったら赤くなるのだろうか?
ここで予想をたててみよう。
1100℃ - 755℃ は、345℃となり、それを7月の平均気温の24.4℃で割ればおおよその日数が分かるはず。

計算してみると約14日、今日から2週間たったころに赤くなるようだ。(8月11日かぁ、待ち遠しい)
もちろん8月になればもっと気温が上がっていくだろうから、予想より早いかもしれない。

少し安心したので、気長に見守っていくことにしよう。


8月1日 うどん粉病発生!




トマトの葉のあちらこちらに白い粉のような物がついている。これはあのウワサのうどん粉病というやつではないだろうか?
1週間前には粉らしきものをすでに確認していたのだが、ベランダの壁の塗装がついたのかもなどと気楽に構えていた。しかし今日よく観察してみたところ症状は広がっているのでやはりなんらかの病気にかかっているのだろう。
ネットで調べてみるとやはりうどん粉病のようだ。
早速対処法を探ってみると、重曹を500倍から1000倍に薄めた液体を葉っぱに吹きかけると改善される可能性があるらしい。



さっそく作って吹きかけてみたので、これでしばらく様子をみてみよう。
また、第一花房より下の葉っぱは黄色くなりかけているし取り除くことにした。

ところで今日は東京でようやく梅雨明けしたようだ。
菜園を始めたせいか、時がたつのがとても長く感じた7月だった。

今後もトマトを栽培しながら、記事を追記していく。




参考


トマトが赤くならない理由【まずは積算温度の不足を疑おう】