はじめてのチンゲンサイ栽培【東京ベランダ菜園】

0日目 タネまき (7/30)

45cmプランターに、チンゲンサイのタネを条まきした。


画像の拡大

以前ラディッシュを植えていた古土をそのまま使う。チンゲンサイもラディッシュもアブラナ科なので連作は良くないのかもしれない。一応プランターの両端に肥料を埋め込んでおいた。苦土石灰も少し加えてスコップで土全体を軽く混ぜた。


画像の拡大

45cmの小さなプランターでも、チンゲンサイは大株にならないため育てることができるようだ。

今からだいたい1か月半後くらいに収穫できる予定。

3日目 発芽 (8/2)

ここ東京の梅雨明けは8月1日だった。

昨日からいくつかの発芽を確認して、今日タネがすべて発芽した。たった2、3日でここまで成長するとは驚きだ。競い合って元気なチンゲンサイができることを期待しよう。


画像の拡大

4日目 間引き (8/3)

1つの場所で二、三株残るように間引いた。間引きの基準は、徒長してるもの、曲がってるもの、形の悪いもの、色の悪いものとした。


画像の拡大

8日目 本葉 (8/7)

種まきから一週間、本葉が出てきた。


画像の拡大

11日目 本葉二枚 (8/10)

すぐに本葉二枚。


画像の拡大

14日目 本葉三枚、間引き (8/13)

本葉三枚まで育ってきたので、1本へ間引くことにした。


画像の拡大

45cmのプランターに六株を育てていく。

17日目 カビ発生 (8/16)

葉の1つにカビみたいな症状があらわれた。その部分はすぐに摘み取ったが、嫌な予感。

アブラナ科ではあるあるな症状とはいえ、この段階では早すぎる。

ラディッシュの古土を使ってしまったのは良くなかったのかも。たとえばカビの菌が土に混ざっていて、水やりの時などに土が跳ねて感染したなどあり得る話だ。

とりあえず泥はね対策として、藁マルチを敷いた。またカビが出た場合、葉水はNGなので注意する。


画像の拡大

19日目 洗濯ネットで虫除け (8/18)

洗濯ネットと鉄線、針金、麻紐などを駆使して防虫対策してみた。


画像の拡大


画像の拡大

都内のベランダ菜園とは言え、カメムシやアリ、コバエなど虫がよく来る。

虫が葉を食べたり、卵を産みつけたりするくらいならまだかわいいものだが、虫がウイルスやダニ、カビを運んでくる元凶だとしたらたいへん厄介である。野菜の状態が悪くなって原因を調べるときに、虫による要因だけでも取り除けるならとても負担がラクになる。

実際ここ最近いろいろな野菜がダニ、カビそしてウイルスらしきものに被害を受けていて、原因探しに疲弊していた。菜園におけるこの虫除け作業は、プログラミングで言うところのデバッグ(Debug)作業だ。De・bugのbugとはまさに虫の意なので、虫を取り除くことで今後の問題解決の糸口を見えやすくするであろう。

20日目 防虫ネット改 (8/19)

防虫ネットを変えてみた。


画像の拡大

防虫ネットで巾着袋を作ってプランターを包み込んでいる。縫うのは大変なのでホッチキスで作っている。


画像の拡大

洗濯ネットだと目が細かすぎて上から水やりが出来なかったが、この防虫ネットならいちいちネットを外さなくても水やりが可能だ。

また、光も洗濯ネットより通しやすい感じがする。防虫ネットをつけたまま野菜の状態も確認できるので、今後はこれで行こうと思う。

22日目 追肥 (8/21)

タネまきから約20日たったので、プランターのサイドに溝を掘って追肥(20g)をおこなった。追肥はこれで終わり。


画像の拡大

26日目 (8/25)

順調に育っている。


画像の拡大

28日目 (8/27)

この成長っぷりなら、予定通り9月中旬に収穫できそう。


画像の拡大

30日目 (8/29)

プランターからはみ出すほど成長してきた。できれば虫除けネットを取りたいが、ここまでキレイに育つと虫食いを付けたくない。


画像の拡大

37日目 (9/5)

だいぶもっさり育ってきた。虫除けネットがあるせいでちょいと苦しそう。


画像の拡大


画像の拡大

38日目 間引き (9/6)

チンゲンサイが密集してしまったので、6株から2株間引いて4株にした。

間引き前。


画像の拡大

間引き後。


画像の拡大

まだまだ密集状態だがとりあえずこれで様子みる。

間引いたチンゲンサイは炒め物にして美味しくいただいた。

57日目 追肥、土寄せ (9/25)

現在、3株のチンゲンサイが残っている。

9月中旬に収穫できる予定だったが、いまいちお尻が大きくならないので収穫を見送っている。

外葉が黄色くなるので肥料不足と判断し、追肥をすることにした。

長期戦を覚悟で、もう少し早めに追肥をするべきだったのかもしれない。


画像の拡大

葉の色が黄色くなって、萎れていく。


画像の拡大

また、チンゲンサイの根元が地面に出てきてしまい、自立できず倒れた状態のものもあった。

今まで、根元が見えても野菜の成長が原因でそうなっているのだと放置していたのだが、土寄せの必要が分かった。

そもそもプランターの土は、水やりや雨で少しずつ土が流れてしまい、土量が低くなり根元が現れるのは当然。だから、追肥などのタイミングで土寄せをやるのが一般的なようで、これを今までしてこなかった。


画像の拡大

62日目 土寄せその後 (9/30)

先日土寄せを行ったおかげで、しっかり立って育っている。


画像の拡大

そろそろ収穫しても良さそうだ。


画像の拡大

68日目 収穫 (10/6)

なかなかキレイにお尻が丸くならず、収穫を見送っていたが、とうとう覚悟を決めて手前の一株を収穫することにした。


画像の拡大

スーパーで売っているチンゲンサイほどキレイな形ではないが、十分満足な大きさに育ってくれたので良しとしよう。


画像の拡大

間引き後、あと二株残っているが、こちらも近いうちに収穫する。


画像の拡大

75日目 収穫 (10/13)

オクラとともにチンゲンサイの収穫をした。

安定のお浸しにする。


画像の拡大

タネまきから75日経っているので、だいぶ遅い収穫となる。

これで残り一株となった。


画像の拡大

78日目 最後の収穫 (10/16)

この日、最後の株を収穫した。


画像の拡大

7月下旬にタネまきしてから約80日間育ててきた。

本来は30日から60日で収穫するようなので少し育てすぎた。

スーパーのチンゲンサイのようにお尻がキレイに丸まらなかったが、味には問題なかった。

病気にかかる事なくとても育てやすかった。

初心者の菜園にオススメな野菜だ。

また来年、機会があれば育ててみたいと思う。

チンゲンサイ(青梗菜)の特徴


画像の拡大

項目内容
学名Brassica rapa var. chinensis
分類アブラナ科アブラナ属
原産地中国・華中地方
英名qing geng cai, pak choy, Chinese mustard green
来歴1970年代に中国との国交回復で普及した
栄養β-カロテン、ミネラルが豊富
保存法しめらせた新聞紙に包み、立てて冷蔵保存
料理炒め物、ごま和え
タネまき6月上旬〜9月下旬
収穫日数約40〜60日。背丈20〜25cmで間引きも兼ねながら収穫。
肥料元肥と20日後に1回の追肥のみ。
水やり夏場は1日2回
その他冷涼な気候を好むが、夏まきもできる。本葉3〜4枚までに一本に間引く。140gを目安として収穫する。

ゼッタイおすすめ!野菜づくりに役立つ本

大判 プランター菜園コツのコツ: 上岡流 写真図解でわかる逸品づくり
大判 プランター菜園コツのコツ: 上岡流 写真図解でわかる逸品づくり

畑に負けない立派な野菜ができる!著者考案の緩効性肥料の条溝施肥など成功の秘訣を、基礎から48種類のつくり方まで徹底解説。

Amazon
ベランダ寄せ植え菜園: 自然の力を借りるから失敗しない
ベランダ寄せ植え菜園: 自然の力を借りるから失敗しない

1つの鉢に1種類の野菜を植えて育てていませんか?自然の力をうまく使えば、ベランダでも少ない肥料、農薬不要で野菜づくりが楽しめる!

KindleAmazon
有機・無農薬コンパニオンプランツで無農薬の野菜づくり
有機・無農薬コンパニオンプランツで無農薬の野菜づくり

有機・無農薬での野菜づくりで病虫害対策は最大関心事。 野菜同士がいい影響を及ぼしあう共栄関係で病虫害を防ぐ、注目の栽培法を実例とともに よい組み合わせやコツを詳しく解説します。

KindleAmazon

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「この記事が参考になったよ」という方は、ぜひ記事をシェアをしていただけるととても嬉しいです。

今後も有益な記事を書くモチベーションにつながりますので、どうかよろしくお願いいたします。↓↓↓↓↓↓↓

あなたにおすすめ