茎ブロッコリー・スティックセニョール栽培記録【都内ベランダ菜園】

 

【都内ベランダ菜園】すくすく育つ茎ブロッコリー!栽培記録
【都内ベランダ菜園】すくすく育つ茎ブロッコリー!栽培記録

この記事は、2020年6月から都内ベランダで育てた茎ブロッコリーの栽培記録となります。決して日当たりの良い環境での栽培ではないですが、すくすくと成長して、茎ブロッコリーをたくさん収穫できました。

スーパーではじめて茎ブロッコリーと出会って以来、茎ブロッコリーのファンでございます。茎ブロッコリーは、ふつうのブロッコリーより調理がしやすく、色んな料理に使えて便利な野菜です。そんな茎ブロッコリーを、ぜひ自分でも育ててみたいと思い、挑戦しました!

ちなみに、茎ブロッコリーは、スティックセニョールとも呼ばれます。今回、はじめて茎ブロッコリーを育ててみました。病害虫にやられることもなく、とても丈夫にそだちます。家庭菜園初心者の方でも、茎ブロッコリーは育てやすい野菜に入るんじゃないでしょうか?ちなみに、私もだいぶ初心者です。(^_^;)

家庭菜園の書籍を読みあさり、ネット駆使しながら試行錯誤して、楽しく野菜を育てています。そんな私の茎ブロッコリー菜園記録ですが、みなさまのご参考になれば幸いでございます。

茎ブロッコリーの特徴と育て方

ブロッコリー
ブロッコリー

茎ブロッコリーのタネまきは、7月中旬〜8月中旬が適期で、タネまきから約120日後に次々と収穫できます。

▼ こちらはふつうのブロッコリーの詳細ですが、茎ブロッコリーの栽培も同じですので、ご参考になさってみてください。

項目内容
別名芽花野菜(メハナヤサイ)
学名Brassica oleracea var. italica
分類アブラナ科アブラナ属
原産地地中海東部
英名broccoli
来歴明治時代に導入され、戦後の食の欧米化で普及した。
栄養β-カロテン、ルテイン、スルフォラファンが含まれる。
保存法茹でて冷蔵保存。
料理蒸し茹で
タネまき7月中旬〜8月中旬
収穫日数約120日
肥料20日おきに12月中旬まで追肥
水やり冬でも忘れずに水やりを行う。
その他15世紀にキャベツをイタリアで改良したものが広がった。プランターが大きいほど多収となる。

野菜の育て方の本

0日目 タネまき、茎ブロッコリー栽培スタート (6/26)

茎ブロッコリーのタネまきは、7月〜8月で、少しはやめの秋まきになります。茎ブロッコリーのタネはダイソーで購入しました。

この日、小さなプランターを使って、3箇所にタネを撒きました。

ダイソーの茎ブロッコリーのタネ
ダイソーの茎ブロッコリーのタネ

15日目 発芽成功 (7/11)

無事に茎ブロッコリーは発芽して、本葉がでてきました。

茎ブロッコリーの本葉
茎ブロッコリーの本葉

雨の泥はね対策として、土を藁でマルチングすることにしました。こうすることで、よく湧いてくるクロバネキノコバエの発生を抑えられます。

茎ブロッコリーのプランターに藁マルチ
茎ブロッコリーのプランターに藁マルチ

22日目 移植 (7/18)

プランターが小さすぎたので、三本の中からいちばん状態が良いものを1つ選んで8号プランターに植え替えることにしました。

茎ブロッコリーの苗を移植
茎ブロッコリーの苗を移植

28日目 定植、第二株タネまき (7/24)

植え替えてから数日後、葉が大きく育ってきたました。

茎ブロッコリーの成長
茎ブロッコリーの成長

この日、もうひと苗を育てようと思い、ポリポットにタネまきを行いました。どうせなら大きなプランターでふたつの苗を育てたほうがラクなので、またまた植え替えることに。移動してばかりで茎ブロッコリーには申し訳ないです。(^_^;)これが最後で、定植とします。

茎ブロッコリーをフェルトプランターに定植
茎ブロッコリーをフェルトプランターに定植

▼ ちなみに、こちらのフェルトプランターを使いました。フェルトプランターは、鉢底石いらずで、フチを折り曲げれば大きさも自由に変えられるのでオススメです!

41日目 支柱 (8/6)

支柱を立て、まっすぐ育つようにしました。茎ブロッコリーの根も、しっかり根付いたようです。

茎ブロッコリーが倒れないように支柱を立てた
茎ブロッコリーが倒れないように支柱を立てた

ところで、ポリポット苗の方は少し徒長気味のようです。本葉まで育ってきたのでそろそろ移植します。

茎ブロッコリーの第2苗
茎ブロッコリーの第2苗

43日目 第二株の定植、追肥 (8/8)

ポリポットで育てていた苗を定植しました。定植後は水やりをたっぷりとあげました。また、プランターの端を掘って追肥をしました。

茎ブロッコリー、第二株の定植
茎ブロッコリー、第二株の定植

51日目 病害虫発生 (8/16)

▼ 写真では一見丈夫そうなブロッコリーです。

茎ブロッコリーのようす
茎ブロッコリーのようす

▼ 良く観察してみると葉が枯れ始めています。

茎ブロッコリーの葉が枯れ始めた
茎ブロッコリーの葉が枯れ始めた

茎ブロッコリーの葉は肉厚で丈夫そうなので、枯れることはないと思っていただけにショックでした。枯れている部分を拡大レンズで確認してみます。

茎ブロッコリー、枯れた葉の拡大画像
茎ブロッコリー、枯れた葉の拡大画像

なにかのカビでしょうか?ここのところミニトマトはじめ、チンゲンサイや空芯菜も病害虫がちらほら発生しています。最高気温が40℃近くにもなる猛暑の中、この暑さは辛いのかもしれません。

▼ 2020年7月15日〜8月15日までの気温グラフ

57日目 追肥 (8/22)

この日、一緒に植えているニンジンとともに追肥をしました。

62日目 順調に育つ (8/27)

先日の枯れた葉ですが、その後はとくに病状が広がることなく育っています。ほっとしました。

順調に育つ茎ブロッコリー
順調に育つ茎ブロッコリー

夏の暑さのピークが過ぎ、これからは徐々に涼しくなっていくので、ブロッコリーもほっとしているかもしれませんね。

▼ 後から植えたもう一株のブロッコリーも成長してきた。

もう一株の茎ブロッコリー
もう一株の茎ブロッコリー

90日目 頂花蕾の摘芯 (9/24)

茎ブロッコリー、だいぶ立派に成長しました。

茎ブロッコリーのようす
茎ブロッコリーのようす

ようやく頂花蕾が成りましたので、ここで摘芯します。頂花蕾を摘芯することで、脇芽から側枝が伸びて側花蕾がなっていくようです。

茎ブロッコリーの頂花蕾
茎ブロッコリーの頂花蕾

98日目 側花蕾の摘み取り収穫 (10/2)

先日の摘芯の後、脇芽から側花蕾が育ってきました。そろそろ食べられそうなので、初になる茎ブロッコリーの摘み取り収穫を行いました。

茎ブロッコリーの側花蕾
茎ブロッコリーの側花蕾

99日目 追肥 (10/3)

9月10日にやる予定だったはずの追肥をすっかり忘れていました。最後の追い肥は8月22日なので40日ほど空けてしまいました。それでもブロッコリーは病害虫にやられることなく、キレイに成長していたので追肥を忘れても問題なかったようです。追肥はプランターの側面の3ヵ所に、化成肥料を10gづつ埋め込みました。

茎ブロッコリーのようす
茎ブロッコリーのようす

後からタネまきした株も順調に育っています。

もう一株の茎ブロッコリーのようす
もう一株の茎ブロッコリーのようす

109日目 茎ブロッコリーの収穫 (10/13)

少しですが茎ブロッコリーをまとめて収穫することができました。

茎ブロッコリーの収穫
茎ブロッコリーの収穫

ペペロンチーノと一緒に炒めてみると、茎ブロッコリーの歯ごたえがいい感じで美味しかったです。

茎ブロッコリーのパスタ
茎ブロッコリーのパスタ

144日目 その後の様子 (11/17)

写真で比較すると分かりますが、まだまだ大きく成長しています。側花蕾を摘み取ると、脇目から次々と茎ブロッコリーが生えてきます。

茎ブロッコリーのようす
茎ブロッコリーのようす

146日目 第2株の頂花蕾 (11/19)

こちらの茎ブロッコリーは7月24日種まきした第2株です。頂花蕾が成長し始めたのでもうすぐで摘芯できそうです。

第2株の茎ブロッコリーのようす
第2株の茎ブロッコリーのようす

第一株は90日で頂花蕾を敵芯できたのに対して、第二株は現在118日目ですからちょっと成長が遅い感じです。種まきが遅かったので、秋の寒さや日照不足が影響したのでしょうか?

記事に関するご質問などがあればTwitterへお返事ください。
この記事で紹介した商品
参考になった野菜づくりの本
関連記事