簡単!いりこと昆布の本格お出汁の作り方

いりこと昆布の本格お出汁
いりこと昆布の本格お出汁

この記事では、煮干し(いりこ)と昆布を使った「本格的なお出汁」の作り方を紹介する。

顆粒状のだしととは違った、豊かな風味を楽しめるのが手作り出汁の魅力!

いりこと昆布の本格お出汁の作り方

材料(2000ml)

食材分量
煮干(いりこ)50g
昆布40g
2000ml

作り方

  1. 2000mlの容器にいりこと昆布を入れ、水に浸す。少なくとも30分以上、一晩冷蔵庫に入れておくとなお良い。
  2. ❶を鍋に入れ、2000mlの出汁が取れるように少し水を足して火にかける。
  3. 沸騰直前に昆布を取り出し、沸騰したら弱火で3分置いていりこを取り出す。

業務用スーパーなどで大量に買っておくとお買い得。


画像の拡大

一度は分量をちゃんと計って作ってみよう。昆布なんかは意外とたくさん使う。


画像の拡大

出し殻は佃煮などに利用しよう。すぐに使わない場合は冷凍保存しておけばOK。


画像の拡大

なぜ昆布は沸騰させてはいけないの?

昆布を沸騰させてしまうと、昆布のぬめり成分が出汁にでてきてしまうため。

出汁に余計な粘りを出さないためにも、沸騰前に昆布を取りだそう。

昆布の佃煮の作り方

材料

食材分量
昆布(だし殻)170g
300ml
椎茸1枚
⭐︎醤油大さじ3
⭐︎みりん大さじ3
⭐︎酒大さじ3
⭐︎さとう大さじ1

作り方

  1. 昆布を食べやすい大きさに、2〜3cm四方にカットする。椎茸は薄切りにカットしておく。
  2. 鍋に❶と水を入れ、中火〜弱火で25分ほど煮る。
  3. ⭐︎を鍋に加え、椎茸を入れて、汁気がなくなるまで30〜40分ほど煮詰める。
  4. 火を止めたらそのまま鍋で冷まし、保存容器に移して完成。

たまに昆布をかき混ぜて、まんべんなく火が通るようにしよう。


画像の拡大

記事に関するご質問などがあればTwitterへお返事ください。
関連記事