濃厚!クラムチャウダーの作り方

この記事では、濃厚なクラムチャウダーの作り方をご紹介!からだの芯から温まるクラムチャウダーで、寒い冬を乗り越えよう!

レシピはこちらを元に、日本で作りやすいようアレンジしてみました!

濃厚!クラムチャウダーの作り方

材料(3人分)

食材分量
スライスベーコン3枚
バター大さじ1
ニンニクみじん1片分
タマネギみじん1/2玉
タイム小さじ1/4
小麦粉大さじ1.5
牛乳150ml
150ml
コンソメ1個
ベイリーフ1枚
アサリの剥き身30〜40g
ジャガイモさいの目切り1個分
生クリーム(ハーフ&ハーフ)100ml
少々
ブラックペッパー少々
パセリ少々

作り方

  1. ベーコンチップを作るため、ベーコンスライスを1cm角に切り、こんがりと焼き、ペーパータオルの上に置いておく。
  2. 鍋を温めバターを入れ、ニンニクとタマネギを、タマネギが透き通るまで炒める。その後タイムを入れ1分さらに炒める。
  3. ❷に小麦粉を入れ、薄茶色になるまで2分ほど炒めたら、牛乳、水、コンソメ、ベイリーフ、ジャガイモを入れる。
  4. ジャガイモが柔らかくなるまで12分ほど煮たら、生クリームとアサリを加え、さらに2分ほど火にかけ、塩とブラックペッパーで味を調整する。
  5. 器にクラムチャウダーを注いだら、ベーコンチップとパセリを振りかけて完成。

作り方のコツ

タイムは入れすぎると泥臭くなるので要注意!少しだけ入れると、ほのかな外国感が出てオシャレ!タイムが無くても全然OK。

アサリ以外の貝でも、もちろんOK。クラムチャウダーのクラム(Clam)は、二枚貝の意味。そして、チャウダー(Chowder)は魚介類、じゃがいも、ベーコン、クリームなどを入れて煮込んだアメリカのスープの意味。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「この記事が参考になったよ」という方は、ぜひ記事をシェアをしていただけるととても嬉しいです。

今後も有益な記事を書くモチベーションにつながりますので、どうかよろしくお願いいたします。↓↓↓↓↓↓↓

あなたにおすすめ