温玉うどんの作り方・レシピ【ぶっかけ冷】

温玉うどんの作り方・レシピ【ぶっかけ冷】

この記事では、ぶっかけ冷の温玉うどんの作り方をご紹介いたします。めんつゆと、卵とうどんの麺の黄金比がたまりません(笑)具材が最小限のシンプルな料理ゆえ、うどんのコシと、出汁の効いたつゆの香りを楽しめます。ぜひご参考ください!

温玉うどんの材料

食材 分量
A 卵 2個
A 水 800ml
A 冷ます水 100ml
うどん麺 1食分
めんつゆ 30cc
出汁 30cc
長ネギ 適量

材料Aが温玉を作るためのものです。

▼ うどんの麺は、自分で作ってみても美味しいですよ!

▼ めんつゆや出汁の作り方は、こちらの記事もご参考になさってみてください。

温玉うどんの作り方

%%{init:{'theme':'base'}}%% graph TB classDef class1 fill:#ffd3e0 classDef class2 fill:#e3ffe3 classDef warn fill:#ffbda1 A[鍋に800リットルの水を入れ,
沸騰させる] --> B[沸騰したら火を止め
100mlの冷たい水を注ぐ] B --> C[卵をそっと入れ
フタをして12分放置する] C --> D[3分間冷たい流水で
冷やして温玉の完成] D --> E[鍋にたっぷりの水を沸かし,
うどんの麺を15分茹でる]:::class1 E --> F[その間にめんつゆと出汁を器に入れ,
混ぜ合わせる.
長ネギも小口切りにしておく]:::class1 F --> G[麺をザルに上げ,
冷水でぬめりを取り除き締める]:::class1 G --> H[麺を器に移し,温玉,
長ネギをのせて完成]:::class1

鍋によっては、卵の固まり具合が異なります。放置時間を変えて調整してください。

卵が固まる温度に注意しましょう。卵黄の凝固温度が約70℃、卵白の凝固温度が約80℃です。沸騰したてのお湯に卵を入れてしまうと固まり過ぎてしまうので、水を入れて温度を下げます。
記事に関するご質問などがあれば、
Twitter または お問い合わせ までご連絡ください。
関連記事