ホワイト・ピンクノイズジェネレータ回路【モジュラーエフェクタ制作】

ノイズジェネレータのモジュラーエフェクタ
ノイズジェネレータのモジュラーエフェクタ

ホワイトノイズとピンクノイズを発生させるノイズジェネレータを作ってみた。モジュラーシンセではRandom Signal Generatorなどとも呼ばれる。

写真は、モジュラーシンセに触発されて作ったノイズジェネレータのモジュラーエフェクタである。独自規格のラックにマウントできるようにしてみた。

モジュラーエフェクタの詳細はこちら

ホワイト・ピンクノイズジェネレータ回路【モジュラーエフェクタ制作】

ノイズジェネレータの制作にあたって、ホワイトノイズとピンクノイズは以前こちらの記事で制作したモジュールを使用している。

これらのモジュールにバッファ回路と、増幅回路を付け足して音量バランスを整えたものがこちらの回路だ。

ノイズジェネレータのモジュラーエフェクタ回路図
ノイズジェネレータのモジュラーエフェクタ回路図

聴覚上、ホワイトノイズとピンクノイズは同じような音量に聴こえるよう調整している。

回路図の一番左のトランジスタがノイズ発振源。つまりホワイトノイズを発生させる回路である。

ノイズジェネレータモジュラーエフェクタ
ノイズジェネレータモジュラーエフェクタ

トランジスタは2SC1815を使用。ただし、電源電圧が9Vだと、ギリギリノイズが発生するかしないかの境目。電池が消耗して電圧降下すると、多分ノイズが発生しなくなる。それもあって、12V電池を使用している。これなら間違いなくノイズを発振してくれる。

また、電源をスタンドアロンにすることで他のモジュラーエフェクタへの影響を少なくする意図もある。

ノイズ発振回路の後は、もう1つのトランジスタで信号を増幅させ、オペアンプのバッファ回路に繋いだ。非反転入力のところを見ると、バイアス抵抗も何もなく直で繋いでいるので「アレ?」っと思われるかもしれないが、バイアス抵抗があってもなくても出力に影響がなかったので取ってしまった。詳しい理由はわからないが、信号源がノイズだからこそなし得るワザなのかもしれない。

ノイズジェネレータモジュラーエフェクタ
ノイズジェネレータモジュラーエフェクタ

バッファ回路を通った後は、信号の一部を取り出してピンクノイズを作り出すフィルター回路に入る。10kΩの抵抗を介して、2つのラグリードフィルタ回路でフィルタリングされる。これにより、-3dB/octの擬似ピンクノイズが作れるのだ。

フィルタルングによって、ホワイトノイズに比べて聴覚上の音量がグンと下がってしまう。だから、オペアンプで7倍ほど増幅させてホワイトノイズとの音量バランスを整えた。

オペアンプには、TL072を使用した。

電子モジュール DIYホワイトノイズ信号発生器キット双方向信号出力の5pcs
電子モジュール DIYホワイトノイズ信号発生器キット双方向信号出力の5pcs

ホワイトノイズ信号は、一般的に無線機のノイズフロアと同様ノイズとして知ら。使用は、そのようなので、上のテストや不眠症の治療として、非常に広いです! DC 12V電源。 双方向信号出力: J1出力1VはPRE入力に適した非調整可能なノイズ信号、大きな内部抵抗を、固定されました。 JK1出力1V連続的に調整可能な白色雑音信号、小さな内部抵抗は、直接ヘッドホンを駆動することができます! 二つの信号がお互いに影響を与えることはありません!

Amazon
AudioWind ピンクノイズ発生器モジュール組み立て
AudioWind ピンクノイズ発生器モジュール組み立て

ピンクノイズ発生器モジュール。 動作電圧:11〜15VDC、または12VAC〜9。 動作電流:<(12VDCで)10ミリアンペア。 出力レベル:150ミリアンペアRMS。 (クロック周波数40kHzの時)。 PCBサイズ:73ミリメートルX 38ミリメートル/ 2 9" ×1。5" 。

Amazon

一台あると便利!本格的な発振器

Kuman 信号発生器 DDS信号発生器 デジタル 周波数計 高精度 30MHz 250MSa/s 2チャンネル 任意波形 多機能 2.4インチTFTカラーLCD FY6600
Kuman 信号発生器 DDS信号発生器 デジタル 周波数計 高精度 30MHz 250MSa/s 2チャンネル 任意波形 多機能 2.4インチTFTカラーLCD FY6600

AmazonRakuten
KKmoon DDS機能 信号発生器 1HZ-500KHZ 正弦+ 方形+ 三角形+ 鋸歯波形
KKmoon DDS機能 信号発生器 1HZ-500KHZ 正弦+ 方形+ 三角形+ 鋸歯波形

★小さいですが、多くの機能を持ち、操作しやすくて持ち運びが便利です。 ★オシロスコープを使用して電子回路のテストとデバッグ、オーディオアンプの周波数応答とインパルス応答に使用できます。 ★方形波形は、オシロスコープ減衰器およびプローブインパルス応答の調整に適しています。 ★オシロスコープのスイープ時間係数を較正することもできます。 ★正弦波と脈 波の出力に合わせてフィルタを開閉できます。

AmazonRakuten
A&D オシレーター 電子計測機器 AD-8626
A&D オシレーター 電子計測機器 AD-8626

信号出力部 出力周波数レンジ:10Hz~1MHz (5レンジ) 信号出力部 出力波形:方形波、正弦波 信号出力部 出力振幅:正弦波 5Vrms以上(600Ω負荷時)、方形波 10Vpp以上(無負荷時) 信号出力部 出力周波数精度:ダイアル精度±(3%+1Hz)(ダイアル10および100の位置における精度) 信号出力部 出力インピーダンス: 約600Ω

AmazonRakuten

エフェクター製作にオススメの書籍

最後にエフェクターの電子工作でオススメな書籍を紹介しておく。どちらの書籍も大塚明先生が書いたもので大変良書だ。しかし、残念ながら現在廃盤になっている。品切れまたは高価格になっているので、もし安く手に入るようなら買って損はないだろう。

  • 専門的知識がない方でも、文章が読みやすくおもしろい
  • エレキギターとエフェクターの歴史に詳しくなれる
  • 疑問だった電子部品の役割がわかってスッキリする
サウンド・クリエーターのためのエフェクタ製作講座
サウンド・クリエーターのためのエフェクタ製作講座

パーツとハンダゴテとやる気があれば、あなたは必ずエフェクタ、音響機材を自作できる。全26機種の製作記事を一挙掲載。

AmazonRakuten
サウンド・クリエイターのための電気実用講座
サウンド・クリエイターのための電気実用講座

面白くないものはつまらない。 音や音楽に興味があるけど、電気の公式は見たくもない人、電気を「理科系」だと思っている人、勉強が嫌いな人、あなたのための本です。電気って、本当はすごく面白い。夢とロマンの世界なんです。それを知ってもらうために純粋文科系の私が書きました。読んでくれた人、ありがとう!これから読む人、よろしく!

AmazonRakuten

また、こちらは別の方が書いた本だが写真や図が多く、初心者の方でも安心して自作エフェクターが作れると思う。実際に製作する時の、ちょっとした工夫もたくさん詰まっているので大変参考になった。

ド素人のためのオリジナル・エフェクター製作【増補改訂版】 (シンコー・ミュージックMOOK)
ド素人のためのオリジナル・エフェクター製作【増補改訂版】 (シンコー・ミュージックMOOK)

大好評だった「ド素人のためのオリジナル・エフェクター製作」が、増補改訂版としてパワー・アップ!本書は、電気の知識が少ない人でも簡単にエフェクターを作れるようになるという超初心者向けの指南書で、今まで自作を諦めていた人でも必ず作れるよう分かりやすく解説しています!

AmazonRakuten

Amazonでお得に購入するなら、Amazonギフト券がオススメ!

\Amazonギフトがお得/

コンビニ・ATM・ネットバンキングで¥5,000以上チャージすると、プライム会員は最大2.5%ポイント、通常会員は最大2%ポイントがもらえます!
Amazonギフト券

\この記事をシェアする/