差動回路でオクターバー【エフェクタ製作】

差動回路でオクターバー【エフェクタ製作】
差動回路でオクターバー【エフェクタ製作】

前回作ったPhase Splitterと組み合わせて、今回はトランジスタの差動増幅回路を使ったオクターバーを作ってみた。

Phase Splitterの詳細はこちら。

Differential Amplifier Octaver Schematic
Differential Amplifier Octaver Schematic

こちらがその回路。2つのトランジスタを向き合わせて差動増幅回路の形にし、エミッタフォロワで出力を取り出している。エミッタフォロワは電圧ではなく電流増幅回路なので信号の増幅率は約1倍となる。

IN1とIN2はそれぞれ逆相になるような信号を入力する。本来、差動増幅回路はそれぞれ逆相の信号を入れると足し合わされて元の信号の2倍の信号が出力されるはずだが、この回路の場合は全波整流の波形となって出力される。なぜそうなるのか、その仕組みはよくわからない。

実際にPhase Splitterと組み合わせてベースやギターを入力すると、ピッキングハーモニックスのような1オクターブ上の音が発生する。2倍音を多く含んだ信号といった方が良いかもしれない。正弦波に近い信号を入力すれば、アッパーオクターバーのような効果が得られる。

ただし音は歪んでしまう。元の入力波形を全波整流の形にしているため歪んでしまうのは仕方ないのかもしれない。どうせ歪み系エフェクタに使われるのだからこれで良いのだと納得しよう。

回路図のCとRは音を聞きながら決定した。Cは回路を安定させると同時にローパスフィルタの役割になる。ベースの音色に最適化したのでギター向きではない。ギターで使う場合は、Cの容量をもう少し小さくすると良いだろう。

ここら辺のローパスフィルタが作用しているためか、オペアンプの絶対値回路で作ったオクターバーとは随分違う結果となった。

オペアンプの絶対値回路を使ったオクターバーはこちら。

さて、今回もまた差動増幅回路をモジュール化してみた。

Phase SplitterとDifferential Amplifier Octaverのモジュール化
Phase SplitterとDifferential Amplifier Octaverのモジュール化

記事に関するご質問などがあればTwitterへお返事ください。
この記事で紹介した商品
エフェクタ製作オススメ商品

エフェクタ製作に必要なオススメの工具をご紹介します。

▼ こちらのはんだごては、温度調節ができるので幅広い用途で使えます。はんだごての台や、ハンダ吸い取り器もセットでお買い得です。

▼ 自作エフェクタ定番のアルミダイキャストケースです。加工しやすく、頑丈で安心。サイズもいろいろ選べます。

▼ 穴あけされてるエフェクタケースです。焼付塗装で完成度を高くできます。

▼ ジャック端子はある程度しっかりしたものを買いましょう。安ものはすぐヘタります。

▼ フットスイッチは一番負荷がかかる部品です。少し高くても、長く使いたいなら頑丈なものを選びましょう。

▼ ギターシールドなどに使うケーブルは、CANAREがオススメです。耐久性が良く、長持ちします。値段もお手頃価格です。

オススメの自作エフェクタ本

エフェクターの電子工作でオススメな書籍を紹介します。どちらの書籍も大塚明先生が書いたもので大変良書だと思います。残念ながら現在廃盤になってしまい品切れまたは高価格になっている可能性が高いですが、もし安く手に入るようなら買っておいて損はないです!

  • 専門的知識がない方でも、文章が読みやすくおもしろい
  • エレキギターとエフェクターの歴史に詳しくなれる
  • 疑問だった電子部品の役割がわかってスッキリする

こちらは別の方が書いた本ですが、写真や図が多く初心者の方でも安心して自作エフェクターが作れる内容となってます。実際に製作する時の、ちょっとした工夫もたくさん詰まっているので大変参考になりました。

関連記事