ギターで使えるハイパスフィルタ回路【エフェクタ製作】

Active HPF and LPF Modular Effector
Active HPF and LPF Modular Effector

Active High-pass Filter
Active High-pass Filter

以前にアクティブのローパスフィルタ回路を紹介したが、今回はそのハイパスフィルタ版を紹介する。こちらがその回路図。2次のハイパスフィルタで、-12dB/0ctで減衰するバターワース特性を持つ。

前段のオペアンプは、ハイインピーダンスの楽器を受けるためのバッファ回路。そして、後段がメインのハイパスフィルタ回路となる。

ローパスフィルタ版はこちら

カットオフ周波数は次式で計算できる。

$$f_c=\frac{1}{2πCR}\tag{1}$$

ただし、次の条件を満たすこと。

$$R=R1=R2,~~ C1\simeq 1.4C ,~~ C2 \simeq \frac{C}{2}$$

要するに、R1とR2を同じ値にして、C1とC2の半分の値をCとして式1に当てはめて計算すれば良い。回路図の定数では\(R=10kΩ〜110kΩ、C\simeq0.022u\)となるので、カットオフ周波数の範囲は66Hzあたりから723Hzまでとなる。

ギターで使いやすそうな周波数帯域に設定してある。また、カットオフ周波数をかなり低くできるようにしたので、マイクのローカットにも使える筈。

Active High-pass Filter Module
Active High-pass Filter Module

Rの可変抵抗は、2連の可変抵抗を使うと便利だ。直列に挟まっている10kΩは可変抵抗を絞った時にRが0Ωにならないようにするため。

また、オペアンプはTL072を使用。ローパスフィルタの場合は高域がカットされるので4558で良かったが、ハイパスフィルタの場合はきらびやかさが売り。なので、高域の伸びの良いTL072がオススメ。

Active HPF and LPF Modular Effector
Active HPF and LPF Modular Effector

その後、このハイパスフィルタとローパスフィルタをまとめてモジュラーエフェクタにした。モジュラーエフェクタの詳しい内容はこちらの記事へ。

記事に関するご質問などがあればTwitterへお返事ください。
この記事で紹介した商品
エフェクタ製作オススメ商品

エフェクタ製作に必要なオススメの工具をご紹介します。

▼ こちらのはんだごては、温度調節ができるので幅広い用途で使えます。はんだごての台や、ハンダ吸い取り器もセットでお買い得です。

▼ 自作エフェクタ定番のアルミダイキャストケースです。加工しやすく、頑丈で安心。サイズもいろいろ選べます。

▼ 穴あけされてるエフェクタケースです。焼付塗装で完成度を高くできます。

▼ ジャック端子はある程度しっかりしたものを買いましょう。安ものはすぐヘタります。

▼ フットスイッチは一番負荷がかかる部品です。少し高くても、長く使いたいなら頑丈なものを選びましょう。

▼ ギターシールドなどに使うケーブルは、CANAREがオススメです。耐久性が良く、長持ちします。値段もお手頃価格です。

オススメの自作エフェクタ本

エフェクターの電子工作でオススメな書籍を紹介します。どちらの書籍も大塚明先生が書いたもので大変良書だと思います。残念ながら現在廃盤になってしまい品切れまたは高価格になっている可能性が高いですが、もし安く手に入るようなら買っておいて損はないです!

  • 専門的知識がない方でも、文章が読みやすくおもしろい
  • エレキギターとエフェクターの歴史に詳しくなれる
  • 疑問だった電子部品の役割がわかってスッキリする

こちらは別の方が書いた本ですが、写真や図が多く初心者の方でも安心して自作エフェクターが作れる内容となってます。実際に製作する時の、ちょっとした工夫もたくさん詰まっているので大変参考になりました。

関連記事