【3Dプリンター作品】おおぐちじょうご〜大口径の漏斗つくってみたらめちゃ便利!

【3Dプリンター作品】おおぐちじょうご〜大口径の漏斗つくってみたらめちゃ便利!

この記事では、私が制作した3Dプリンター作品のひとつをご紹介いたします。今回は、保存食などの瓶づめに便利な「おおぐちじょうご」です。

制作したSTLファイルは、Thingiverseで無料公開していますので、ご活用なさってみてください。

概要

普通のサイズのじょうごの口ですと、液体しか通せません。保存食をよく作るので、野菜などを瓶詰めするときにいつもこぼしていました。

おおぐちじょうごの使用感

そこで、大ぐちのじょうごをつくってみたらどうかと思いつきました。発想は至って平凡ですが、実際つくって使ってみると、これがめちゃ便利でした!

ザワークラウト の瓶詰め作業ですが、写真のようにあふれてもこぼれ落ちることはありません。(大ぐちですので、このまますりこ木でキャベツを圧縮して詰め込めます)

野菜もこぼれません
野菜もこぼれません

漬物に便利な道具

保存食レシピのオススメ本

おおぐちじょうごのサイズ

保存瓶はキャンドゥで購入したものです。じょうごの下部が瓶の口にピッタリあうように設計してみました。

上が124mm、下が56mmの口径です
上が124mm、下が56mmの口径です

印刷設定

ラフトもサポートも必要ありません。一般的なPLAフィラメントで印刷できます。キッチン周りなので、清潔感のある白色を選んでみました。

▼ ちなみに私はこちらのTINMORRYのPLAフィラメントを使用しています。Amazonの中では低価格帯のフィラメントですが、保存状態は良く、安心してお使いになれます。

また、3DプリンタはCrealityの「Ender3 V2」を使ってます。2〜3万円で買えちゃいます。低価格ではありますが、モノはしっかりしています。Ender3の利用者は多いので、トラブルや困ったときにも情報が手に入りやすく、問題解決しやすいなどのメリットがありますのでオススメです!

▼ 他にもいろいろな作品を3Dプリンターでつくってます!

「キッチンノート.fun」という料理サイトを立ち上げました!このサイトで紹介していた料理記事は、そちらへ移動しました。
記事に関するご質問などがあれば、
Twitter または お問い合わせ までご連絡ください。
関連記事