【3Dプリント作品】ノートブックにブレッドボードをマウントできるホルダーつくってみた

ノートブックにブレッドボードをマウントできるホルダー

この記事では3Dプリンターで制作した作品をご紹介いたします。今回は写真のように、ノートパソコンにブレッドボードをマウントできるホルダーを作ってみました!

今までは机の上でしか開発できなかった電子工作でしたが、チェアに座って膝の上にノートパソコンを起きながら開発テストできるようになりました\(^o^)/

自分で作っておいてアレですが、これめちゃ便利ですw

▼ thingiverseで無料公開中ですので、興味ある方はぜひご活用ください!

概要

私は普段、Macbook proのノートパソコンを使って実機開発しています。椅子に座って膝の上でタイピングしたり、スタンドテーブルで立ちながら作業したりと、いろいろ移動や姿勢を変えることが多いのです。今までですと、机の上でArduinoやESP32のマイコンボードをつなげて作業するしかなかったのです。

電子工作は机の上っしょ
電子工作は机の上っしょ

そこで思いついたのが今回の作品です。

「画面の上にブレッドボードを引っ掛けられるようなホルダーを作ればエエやん!」

と。

Macbookの上にブレッドボードをマウント
Macbookの上にブレッドボードをマウント

ブレッドボードとゴムシートを貼る
ブレッドボードとゴムシートを貼る

裏側
裏側

STLファイルのダウンロード

▼ この作品は、ThingiverseにてCCライセンスで公開中です。ぜひご活用ください!

3Dモデリング

STLファイルをご覧いただければ分かりますが、構造はいたって単純シンプルです。

ノギスで画面の厚さやブレッドボードサイズを測って、モデリングソフトで10分程度でSTLファイルの制作完了です。

あとはスライサーでGコードへ変換、OctoPrintへアップロードして印刷開始です。ものの3時間で出力できました。

Cureでスライスしているようす
Cureでスライスしているようす

OctoPrintで3Dプリンタを快適に

OctoPrintご存じない方は、ちょっと面白いのでこちらの記事をご参考ください。WiFi経由でGコードファイルをお使いの3Dプリンタへアップロードできるという、画期的なシステムです。ラズパイを使ってカンタンに実現できます。

印刷の設定

印刷の設定は次のとおりです。

設定項目
ラフト なし
インフィル 20%
サポート あり
フィラメント PLA
ノズル温度 200℃
プレート温度 60℃
印刷速度 50mm/s

ラフトの必要はありませんが、サポートは必要になりますのでご注意ください。

出来上がったホルダーは、写真のようにゴムシートを貼ると横滑りしなくなります。

ゴムシートを貼り付ける
ゴムシートを貼り付ける

USBケーブル(Type-B micro → Type-C)

最短距離のUSBケーブルを使えば、配線もスッキリできます。

こちらのケーブル、ESP32へ問題なくプログラムをアップロードできました。Type-CとType-B microですので、ESP32をMacbookに直接つなげられます。30cmの長さなので配線もスッキリできますね。充電もデータ転送も問題なく、ケーブルノイズや耐久性も大丈夫そうです。

ESP32で便利なブレッドボード

ちなみに、ブレッドボードはこちらのサンハヤトのSAD-101を使っています。ESP32を使うのに便利なサイズのブレッドボードでオススメです!

これからはビーチでだってマイコン開発できちゃうもんねー
これからはビーチでだってマイコン開発できちゃうもんねー

3Dプリンタ

さいごに、私が使っている3DプリンタはCrealityの「Ender3 V2」です。ビルドプレートを磁気プレートへアップグレードしてます。造形物の取り外しがとてもラクになるのでオススメですよ!

今回ご紹介した3Dプリント作品以外にも、たくさんモノづくりしてます!ご興味ある方は、下にあります「関連記事」も合わせてご覧ください。

「キッチンノート.fun」という料理サイトを立ち上げました!このサイトで紹介していた料理記事は、そちらへ移動しました。
記事に関するご質問などがあれば、
Twitter または お問い合わせ までご連絡ください。
関連記事